犬を飼うということ

いつまでも君と……

セカンドオピニオンと二次診療の重要性 ~愛犬の闘病、基礎的な認識(2/3)~

f:id:masami_takasu:20171029082611j:plain

撮影&文:高栖匡躬 

犬の闘病で、とりわけ知っていただきたいことは、愛犬が病気と闘う方法が、決して一つだけでないということです。飼い主が選択肢を増やすことによって、愛犬の闘病は、随分とその様相が変わっていくのです。

通常の場合、愛犬に示される闘病の方法は、主治医の診立てから示される2つか3つがせいぜいでしょう。多くの飼い主はそこから、乏しい知識の中で選択をすることになります。

筆者の考えとしては、飼い主はここで一度立ち止まるべきだと思います。
獣医というのは、いつもお世話になっている主治医だけではないのです。

人間の場合を考えてみてください。人間には病気に応じて内科が有り、外科が有ります。更にその中も消化器系と循環器系に分かれ、ついには臓器ごとに枝分かれをします。

犬の場合はどうでしょう? お腹をこわして下痢をした子も、心臓に先天的な障害を持った子も、どちらも動物病院というごく限られた枠に閉じ込められてしまいがちです。

筆者は決して、動物のための専門病院をお薦めしているわけではありません。一般的な動物病院の獣医師の中にだって、内科的処方が上手い医師と、手術が上手い医師は絶対にいるはずです。それと、人間同様に獣医師の経験とスキルには、幅があって当たり前です。

愛犬に重大な病変が発見された場合には、ぜひとも別の獣医を受診され、セカンドオピニオン、サードオピニオンを取られることをお薦めします。たったそれだけで、愛犬と飼い主の選択肢は何倍にも広がるはずです。

人間の場合でもそうですが、患者が主治医以外の医師に意見を求めることは、今も患者側が二の足を踏む行為です。主治医との信頼関係を壊すことを恐れるからです。
しかしながら、その信頼関係と天秤に掛かっているのが、大切な愛犬の命であることを忘れないでください。

人間の場合に照らせば、主治医に他院でのセカンドオピニオンを願い出た場合、それに難色を示す主治医は、今や患者に配慮が欠ける医師と目されています。動物の場合も早晩、同じように考えられる時代が来るに違いありません。

セカンドオピニオンと同様に重要なのが、二次診療です。
二次診療とは、主治医が診ている犬の病状が、最早自分の手には負えないと判断した場合に、大学病院や先端医療センターのような、先進医療を備えた病院を紹介することです。

二次診療に自院の患者(犬)を送ってしまうことは、主治医にとっては大きな利益機会の損失でもあります。重大な疾患は高額な医療を提供できる、チャンスでもあるからです。にもかかわらず、積極的に二次診療対応を行う獣医師は、恐らくは自身の利益よりも、犬の命を救う事の方に力点を置いていると考える事が出来ます。

愛犬が重大な病気に罹る前から、何かのついでに、現在の主治医に対して二次診療をどう思っているのか? 積極的に進めているのか? 既に提携済の二次診療センターがあるのかなの質問を投げてみると良いかもしれません。

案外とそれは、良い医師を選ぶための指針になるのではないかと思います。

筆者も最初から、このような考えを持っていたわけではありません。このような考えに至ったのは、愛犬ピーチーの闘病に際し主治医自身から、二次診療の進言があったことがきっかけでした。

その話は、具体的な闘病記に書こうと思っています。

 

――愛犬の闘病、基礎的な認識(2/3)・つづく――

ライター:高栖匡躬 

――次話はこちらです――

――前話はこちらです――

――おすすめの記事です――

 

ブログランキングに参加しています。投票にご協力ください。

f:id:masami_takasu:20171025025037g:plain

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ