犬を飼うということ

いつまでも君と……

【膵炎】【胆管閉塞】胆管閉塞の併発 ~奇跡の正体、強運の正体(2/4)~

f:id:masami_takasu:20180303231826j:plain撮影&文:高栖 匡躬 

4つの幸運を得て、膵炎から回復したピーチーですが、実はその後の方が闘病の本番でした。

ここで、5つ目の幸運が訪れます。

退院から2、3日後の夕方。
僕は仕事で家におらず、たまたまその日だけは、いつも仕事で外に出ているはずの、うちの奥さんが家にいました。そしてピーチーが元気がなさそうなので、観察してみると、お腹周りが黄色いことに気が付きました。明らかに汚れではありません。

時計を見ると、幸いにも主治医の診療時間ぎりぎり。すぐに電話をして待機してもらい、時間外に診てもらうことができました。

やはり黄色かったのは病的なもの。つまり黄疸でした。膵炎のときのデータがあるので、病名の確定は通常よりも迅速です。主治医の診断は、膵炎に端を発する胆管閉塞。
すぐにバイタルを上げる点滴が始まりました。1日違っていたら大変なことになっていました。これが5つ目の幸運です。

しかし、その後がよろしくありません。主治医の元にある治療用の薬剤にピーチーの体は反応せず、病状は悪化の一途です。主治医からは、危険な状態であることを告げられ、自然に見送ってやるのも一つの選択だと言われました。そして安楽死の提案も。

主治医からはこの時、もしもこれ以上に手を尽くそうとするならば、設備の整った大きな病院に移るしかないと告げられました。

実はこれが6つめの幸運です。

 

f:id:masami_takasu:20171104231621g:plain

当時は、街の動物病院が大病院と連携する二次診療を、積極的に勧める獣医があまりいなかった頃です。そんな中で最も順位の低い選択肢ながらも、主治医からそれが示されたことで、ピーチーの運命が変わります。

僕と奥さんは、自然な看取りも安楽死も選択せず、大病院への転院を希望しました。
うちの近くで大病院といえば『DVMs動物診療センター横浜』、『JARMEC動物高度医療センター』、『麻布獣医大学』がそれにあたります。
どの病院も、主治医からの紹介状による、二次診療しか受け付けていません。

すぐに主治医に当たってもらいましたが、どこも予約が一杯で、最短でも2週間待ちでした。しかしそんなに待てません。どんなに待ったとしても、数日。1週間はとても待てない状態です。

こんな困った状態の時、僕には持論がありました。『いよいよ困ったら、とにかくお願い』という手段です。状況がどうにもならなくても、お願いだけはできます。

仕事を休んで、色々なことをしました。
最初にピーチーを診てくれた、近所の動物病院の院長先生の出身校が、麻布獣医大学であるという事を調べ、お菓子をもって押し掛けました。
「先生の担当だった教授にお願いして、なんとか診てらえないか」
という無謀なものでした。

主治医のところには、入院中のピーチーに毎日面会に行って、その都度空いている病院を探してほしいとお願いをしました。もちろん、お菓子を持参です。
そうしながらも、我が家からはちょっと遠い、日本大学や東海大学などにも可能性を広げていきます。

そんなさ中に、また幸運が舞い込みます。7つ目です。

一番待ち時間の長かった『JARMEC、動物高度医療センター』に、突如空きが出たのです。『JARMEC』の待ち時間は、確か1か月以上、恐らく2か月近くはあったはずです。それは恐らく、その日受診する予定だったどこかの家庭の愛犬に、受診ができない何か(恐らく良くないこと)が起きてしまった事を意味しています。

実はこの時、ピーチーのキャンセル待ちの順位は1番になっていました。主治医が毎日何度も、キャンセルの状態を確認してくれていたおかげです。

僕は、この日に受診することができなかった、一度も会ったこともないワンちゃんに手を合わせて、主治医が運転する車で、ピーチーを連れて『JARMEC』に飛び込みました。

余談ですが、その時僕は『JARMEC』の待ち時間が1か月以上もある理由がわかりました。駐車場に駐まっている車のナンバープレートは、長野、山梨、群馬、静岡などの県外ナンバーが大半です。最後の望みに掛けて、近県中から患者が集まっているのです。

一通りの検査後、ピーチーはすぐに集中治療室に入りました。
もう胆嚢破裂の一歩手前だったのです。

 

――奇跡の正体、強運の正体(2/4)・つづく――

ライター:高栖 匡躬 

 

――次話はこちらです――

――前話はこちらです――

――関連記事です――

 

ブログランキングに参加しています。投票にご協力ください。

f:id:masami_takasu:20171025025037g:plain

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ