犬を飼うということ

いつまでも君と……

それは、まるで一生を駆け抜けるように ~数字が語る犬の闘病(1/3)~

f:id:masami_takasu:20171024180720j:plain

文:高栖匡躬 

愛犬が病気になった時、飼い主は戸惑います。重い病気なら尚更です。動物病院に駆けこんで、一生懸命に病気のことを調べて、それでますます不安になってしまって。

病気の子を抱えた飼い主は、多くの場合が孤独なものです。だから、やがてこう考えるようにかります。

「こんな不幸は、私だけなのじゃないか?」

今回から3話連続で、闘病を数字で考えてみようと思います。

あなたは、本当に孤独なのでしょうか?

私たちの周りには

f:id:masami_takasu:20171024180816j:plain

私たちの周りには、沢山の犬が暮らしています。朝早く、或いは夕方に、沢山の散歩中の犬とすれ違いうことからも、それを実感することができます。では、いったいどれだけの犬が私たちの身の回りに暮らしているのでしょうか。

一般社団法人 ジャパン ケンネル クラブによると、2016年度の犬の新規登録数は、なんと300,470頭にもなるそうです。

(2016年度は306,438頭、2015年度は301,605 頭)

また東京都福祉保健局の資料によれば、平成25年度の犬の登録数は6,737,992頭だそうです。総務省発表による日本の世帯数5,595万2,365世帯から計算すると、実に約8.3世帯につき1頭の犬が飼われている計算になります。

 

――各種データの出典元は下記です――

www.jkc.or.jp

www.jkc.or.jp

www.jkc.or.jp

【全国及び東京都犬の登録頭数等(昭和60年度から平成25年度まで) 東京都福祉保健局】

【総務省|住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成26年1月1日現在)】

 

 犬との暮らし

f:id:masami_takasu:20171024181011j:plain

愛犬と過ごす毎日。それはとても素晴らしいものです。
世話の焼ける仔犬の頃、運動量の増える成犬、落ち着きを見せ始めるシニア犬。
その時々で、飼い主とその家族の心に、違う色の暖かい風が吹くことでしょう。

何しろ今や、8.3世帯に1世帯が、そんな幸せな日々を手に入れています。
我々の周囲には、犬との楽しい暮らしが、当然のように溢れていることになるのです。

ですが――

残念ながら犬の寿命は人間ほどに長くはありません。
犬の平均寿命は近年飛躍的に伸び、諸説はあるものの、いまや平均14歳を越えているそうです。

しかし人間と比べれば、遥かに短い一生です。

この短い時間を犬たちは全力で駆け抜けていくのです。

 

 避けられない運命

f:id:masami_takasu:20171024180933j:plain

犬は人間と比べれば、一般的に抵抗力も回復力も高いので、動物病院のお世話になったとしても、大概が原因不明の下痢や嘔吐、食欲不振などが理由。対処的な薬剤の投与だけで、自然に回復していきます。

犬は体温が高い分、免疫力が強いのです。そしてその免疫力と引き換えに、命を早く燃やしていきます。言い方はおかしいかもしれませんが、犬と言うのは、元々が太く短く生きる動物なのです。

その犬の14年の一生――

飼い主にとっては、最後に必ず辛い別れが待ち受けており、その別れの手前には、多くの場合、終末期における、愛犬と病魔の戦いがあります。
犬を飼うと決めた瞬間から、それは飼い主にとって避けられない運命なのです。

さて、勇敢に病に立ち向かう愛犬に、私たち飼い主は、一体、何をしてあげられるのでしょうか?

 

―― 数字から見た闘病・つづく(1/3) ――

(ライター)高栖匡躬

※本コラムは、以下の自筆記事を加筆、および再構成したものです。

 ――本記事は、下記の連載記事の一部です――

(1/3)本記事です

――下記は関連記事です――

 

ブログランキングに参加しています。投票にご協力ください。

f:id:masami_takasu:20171025025037g:plain

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ