犬を飼うということ

いつまでも君と……

犬と猫の食べ物を語ろう まとめ読み(Complete)を公開しました

f:id:masami_takasu:20180218033824j:plain

本まとめ読みは、1018年2月21日から3つのシリーズで連載した、犬と猫の食べ物、および食べ物の記事に関する考察記事です。

1.闘病中は、大好物を守らなきゃ (全3話)
2.言葉の意味にもムラがある ~あらためて食を考える~ (全1話)
3.今の"食"が将来の幸せをつくる (全4話)

数回で終わるはずの企画でしたが、思わぬ反響もあって、なんと8回にも渡る連載となりました。

Review
カテゴリー:コラム
作者:高栖匡躬 
愛犬・愛猫の食事に悩む方は多いと思います。それは、この種の記事やブログがネット上に数えきれないほどあることからも明らかです。
しかしそれらの記事は、信用できるものなのでしょうか?
【食べムラ】【食欲不振】【拒食】【偏食】【小食】【老犬(シニア犬)の食欲減退】は、本来ならば、分けて語られてしかるべきなのに、それらが曖昧な【食べムラ】に一括りにされていることはとても問題と思います。
そして愛犬猫の食べ物を選ぶ視点が、あまりにも近視眼的であるように思いました。
毎日食べる大切なものなのだから、広い視野で、愛犬猫の一生をプランするように選んであげよう。
そして、「食べる」ばかりが良い事ではない。
そんな新しい視点を示すべくかいた連載記事、まとめ読みです。

f:id:masami_takasu:20180227173849j:plain

――まとめ読みはここから――

参 考(この連載記事が生まれた経緯)
下記は、筆者が【食べムラ】の意味について読者の方々に質問をした際、いただいたコメントやDMを解釈した上で、行った回答です。

この回答に従って、本連載記事は生まれました。

食べムラと食欲不振-1
一昨日は、【食べムラ】と【食欲不振】の疑問に対して、沢山のコメントをありがとうございました。何となく、頭の中で整理が出来てきました。

【食べムラ】は最後に現れる現象の1つで、【食欲不振】がその前にあって、それには【原因】があるのだと今は理解しています。

食べムラと食欲不振-2
分かりやすく書くと、【原因】→【食欲不振】→【食べムラ】ということ。
で、【食欲不振】の無い【食べムラ】は、ただのワガママになるのだと思います。
だから、【食べムラ】があったら、まずはその理由が【食欲不振】であるかどうかを見極める。

食べムラと食欲不振-3
【食欲不振】が理由ならば、【原因】を探して解決(時には治療)をする。
【食欲不振】が理由でなければ、躾をするという流れですね。
ごちゃごちゃと分かりにくいですよね。きっと。
でも、記事を書くには整理しないと書けないもので、ゴメンナサイ。

食べムラと食欲不振-4
意見を聞いていた、信頼する獣医さんからも、ご返事がありました。
犬猫の健康に問題が無い場合は、食べなかったとしても2~3日は様子を見ると言うか、我慢比べをするように、飼い主さんにはアドバイスをするそうです。
これ、詳しくは記事の方に書きます。

食べムラと食欲不振-5
ネット上の情報は、食べること、食べさせることにばかり注目をしていますね。
何故か、食べないメリットが置き去りです。
人間も動物も、具合が悪くなると食欲がなくなりますね。
それには理由があります。
記事を読んでいただくと、無理に食べさせようと思わなくなるはずです。

食べムラと食欲不振-6
まずは闘病中の食事と、投薬の話を記事にしました。
明日から3回に分けて公開しようと思います。
実際に、我が家で実践した事で、愛犬ピーチーの闘病記に書いたことを抜き出しています。
間違ったやり方も、ネット上に公開されているので、少しは参考になればと。
おしまい

食べムラと食欲不振-追記
【食べムラ】【食欲不振】【食欲減退】【拒食】【偏食】
これらは、似て非なる言葉ですね。
幼犬、成犬、老犬、病気の時と、対応も随分と違います。
食事の記事は、言葉を使い分けないと、間違ったメッセージになります。
だから、記事全体を書くのは少し時間を下さいね。

――他のまとめ読み――

――おすすめの記事です――

 

ブログランキングに参加しています。投票にご協力ください。

f:id:masami_takasu:20171025025037g:plain

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ