犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【偏食】愛犬がご飯を食べない 〜偏食・食べムラ ガイドブック ① 基礎・原因編〜

事例(体験)偏食・食べムラ ガイドブック ①
偏食ガイドブック1

文・編集|Rikka
 
はじめに

愛犬が急にご飯を食べなくなると、飼い主はとても心配になりますね。でも、その理由が何かすぐに皆さんは気づいてあげることができますか?
それは病気なのか、気分的な問題か…。犬が食事を摂らなくなるのには、様々な理由があります。
今回3回に渡ってお届けするのは、愛犬が『偏食』に陥った際の、食事を食べないことに関する経験談やコラムをまとめた記事です。このまとめには偏食に悩む飼い主さんへのヒントがたくさん隠れているかもしれません。

こんな方に:
食事の記事は言っていることがまちまち|偏食(食べムラ)が発生する理由は?|悪化させないためには?|経験者の話を参考にしたい

【まとめ】ラフと歩いた日々&ラフのいない日々:樫村慧・セルフコメンタリー 【看取り/安楽死/ペットロス】

ラフと歩いた日々、ラフのいない日々
ラフと歩いた日々_樫村慧_セルフコメンタリー

Review
カテゴリー:エッセイ
作者:樫村 慧

『ラフと歩いた日々』と『ラフのいない日々』は、『ラフと歩く日々』の続編で、3部作の構成になっています。

愛犬ラフが腎不全とわかり、余命2年と告げられてから、投薬と点滴の日々が始まりました。これだけを読むと悲劇的と思われるかもしれまでんが、そうではありません。戸惑いながらも、病気を受け入れてからの毎日はとても充実したものでした。
そこにラフが居てくれるだけで、私家族は満たされて幸せだったのです。

しかしラフとの別れは、少しずつ少しずつ近づいて来ていました。

『ラフと歩いた日々』は別れを見据えた、終末期の闘病の日々を。
『ラフのいない日々』はラフと分かれてからの日々を綴ったものです。

続きを読む

【癲癇/腎不全】5月25日 発作がないのは、手作り食のおかげかな? ~発作は続くよ(7/10)~

ろくすけの闘病記:癲癇/腎不全 17話
f:id:masami_takasu:20190312072521j:plain

撮影&文|きづ あすか
 
当時を振り返り
腎臓を守るためのごはんを試行錯誤。ポイントは頑張らないで作ることでした。
するとなぜかてんかん発作も起きなくなり、病と付き合う自信が芽生えてきました。でも足が立たなくなってきたろくすけを目の当たりにするとやはり切なくてたまりませんでした。
悲しい顔見せてしまったかな。

 

――2016年5月25日――

ろくすけが前回てんかん発作が出たのは3月20日。
なんと2か月発作なし――、が続いている。
発作間隔が少し長くなっただけかもしれないけれど、それはそれ。
今日もなかったバンザイ!

と私はついほくそ笑んでしまいがちなのだが、ちょっと待て。
笑ってしまったがゆえに、発作が起きたときのショックはいつも大きかったではないか。「笑わなければよかった」と悔やんだ日々を忘れたか?

だから今回は喜ばない。喜んでやるものか。
と強く念じるのであるが――、けど――、やはり――
2か月を超えると つい口に出してしまうよ。
「発作がない! 2か月もないよっ!」

続きを読む

【まとめ】侮れないペットの偏食:Rikkaセルフコメンタリー ~龍馬の闘病記:偏食編~

飼い主の体験談:偏食の闘病記録 まとめ 
偏食は【食べムラ/食い渋り/拒食】などと表現される場合もあります。

侮れない偏食_扉

Review
カテゴリー:闘病記
作者:Rikka

うちの愛犬の龍馬は14歳。今まで大病もなく年齢には見えないと言われる仔でした。そんな龍馬に様々な病気が見つかったのは2019年に入ってからのこと。
そして、食事は療法食になり、今まで安定していた食事が一気に偏食の道に転がり落ちていったのです――
悩み、不安になる日々。でも、今ではその問題も乗り越えました。当時の葛藤の日々の記録です。

 
こんな方に
愛犬が偏食・食べムラの状態|なにをやっても改善しない|どれからどうなるか不安|なかなか相談できる相手がいない|経験者の話を聞きたい
続きを読む

【まとめ】侮れないペットの偏食 ~まさかの時の準備のために~

事例で紹介:侮れない偏食 まとめ 
偏食は【食べムラ/食い渋り/拒食】などと表現される場合もあります。

侮れない偏食_まとめ

Review
カテゴリー:闘病記
作者:Rikka

―作品のご紹介―

我が家の愛犬・ピーチーは、小さなころから食欲旺盛でした。いつでも、どんな時でも沢山ご飯を食べてくれました。筆者の周囲には、愛犬の食欲不振、食べムラ、偏食で悩む飼い主さんが沢山いましたが、うちの子だけは無縁だと信じていました。

しかし、そのピーチーが大病をした途端に、ごはんを食べなくなりました。
そのとき筆者は、どんな犬にも、食欲不振は必ずやってくるのだと実感をしました。思えば食欲不振に陥る理由は沢山るのです。老犬になる(シニア期に入る)、病気になってからの闘病介護など……

本作は愛犬・龍馬の偏食に悩む作者が、心の内の葛藤をありのままに書いたものです。自分でも経験をしたので分かりますが、愛犬が食事を摂らないことは、飼い主にとっての一大事です。

もしも愛犬の食事で、出口の見えない迷路にはまりそうになったら、ぜひ本作を読んでみていただきたいです。特に、愛犬が食欲旺盛で、食事に関する心配が何もないという飼い主さんにお勧めです。まさかのときの準備のために。
 
こんな方に
愛犬が偏食・食べムラの状態|なにをやっても改善しない|どれからどうなるか不安|なかなか相談できる相手がいない|経験者の話を聞きたい
続きを読む

【まとめ】ラフと歩く日々:樫村慧セルフコメンタリー ~ひたむきに生きる君~【腎不全になった愛犬ラフ】

ラフと歩く日々 ~ひたむきに生きる君~
f:id:masami_takasu:20181229135928g:plain

Review

カテゴリー:エッセイ
作者:樫村 慧

3歳だった先住犬サンタを亡くしてから、我が家で犬の話題が出ることはなかった。意識していたわけではないが、なんとなく避けていたのかもしれない。

そんな我が家に、突然やってきた中途半端な大きさの貧弱なゴールデンレトリバーは、吠えることも暴れることもなく、すんなりとうちの家族に溶け込んだ。

ダンボールに入れられて、ホームセンターの端っこに置かれていたその子は、まるで、私達家族のために売れ残っていたのかもしれないなぁ――

今となっては、そんな風に思うのです。
 
こんな方に
愛犬の闘病で悩んでいる|余命の告知をされた|体験した方の話を聞きたい
続きを読む

【癲癇/腎不全】5月21日 ろくすけをおいて、ハイキングに行ってきた ~発作は続くよ(6/10)~

ろくすけの闘病記:癲癇/腎不全 16話
f:id:masami_takasu:20190311202142j:plain

撮影&文|きづ あすか
 
当時を振り返り
介護は介護者が元気でいることが一番大事!とは分かっていても目の前の愛おしい子を置いて外で楽しむなんて出来ないわっと思っていた私が楽しめた気分転換のお話です。
家族の余裕と笑顔は最高のサプリかもしれません。

 

――2016年5月21日――

今日も猛烈な暑さだ。5月は春ではないのか?
ろくすけの体調が崩れないか 心配で仕方がないのだが、ろくすけはそんな母ちゃんをよそに、今日も自分のごはんの時間、回数をすべて完璧に把握している。

腎不全が進行すると、ごはんや水の臭いをかいで止めてしまうのだそうだが、今のところはその気配もなし。
「あぁ、まだ大丈夫だ」
と、母ちゃんは毎度毎度、食欲の確認と安堵を繰り返している。

続きを読む

© 2017 Peachy All rights reserved.