犬を飼うということ

いつまでも君と……

【決めた、もう一度犬を飼おう!】もう次の子は飼えない! そんなことないよ ~アンジュがうちの子になったのは(前編)~

f:id:masami_takasu:20171031105304j:plain撮影&文:角田鶴瓶

~もう一度、うちの子がうちにくるまで No.1-1~

”もう一度、うちの子がうちにくるまで”とは
愛犬を失った飼い主が、さまざまな葛藤を乗り越えて、もう一度犬を迎えようとするまでを、自分の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。

 ●

2015年4月14日。先代犬のバーディがお空に旅立って行きました。

私はバーディが、お空に旅立つくらいに体調が悪かった事に、なぜ気づいてあげられなかったのだろうかと――、そしてそれに気づいてすぐに病院に連れて行っていれば、まだまだ元気だったんじゃないかと――、自分の親としての責任と資質の無さを悔やんでいました。

そして、小さな箱に入って家に帰ってきたバーディに向かって毎日毎日、「お父さんが、ちゃんと異変に気づいてあげていたら」と涙してました。

そんなある日、バーディの血統書を出してきて見ているうちに、ふと考えたことがありました。

バーディは2005年に静岡掛川市の犬舎、鈴木農園で生まれましたが、バーディの兄弟はまだみんな元気にしているんだろうか? もしかしたらバーディは、兄弟の中で、1番早く逝ってしまったんじゃないだろうか? などと……

 

f:id:masami_takasu:20171031105321j:plain

それからの私は、バーディのお父さん犬やお母さん犬はまだいるのか? 兄弟犬はどこかにいるんじゃないか? と考えるようになりました。

そして、あちらこちらのピレ(グレート・ピレニーズ)の飼い主さんをのブログにアクセスしては、どこかにバーディと繋がりのある情報がないかと探し始めました。

それと、鈴木農園のこと。
どこにあるのか――、どんなところなのか――

その頃、ブログを通じてコメントをくださったのが、ブロ友さんのネージュママさん、ロッシーママさん、ブランママさん、なみのママさん、幸蒔ママさん、スカイ母さん、mari7ngoさん達。

見ず知らずの私に、皆さんは心優しい言葉を掛けてくださいました。悲しみのどん底にいた私にとって、この励ましはどんなに救いだったことでしょう。

 

f:id:masami_takasu:20171031105344j:plain

後にこの恩人の方々の愛犬たち、ネージュ、ロッシー、ブラン、蒔菜と桃が、バーディと血の繋がったピレだとわかった時には、命の繋がりの奇跡に、思わず鳥肌が立ったことを覚えています。

そしてブログを通じて、らすまむさん、ネージュママさん、茶々丸ママさん、鈴ママさん、モココママさんたちが、私と同じように先住犬を失い悲しみの中から新しい子達を迎えた事を知りました。

新しく我が子を迎えたママさん達の子育ての大変さや、楽しさ、一喜一憂するブログの記事を見ながら羨ましくもあり、沈んでいた私にとっては本当に心が温まる楽しい記事でした。

 

f:id:masami_takasu:20171031105402j:plain

私はそのブログが更新されるのが待ち遠しく、まるで一緒に子育をしているような気持で、「バーディもこうだった」とか、「これはあるある」と、過ぎし日を思い出しながら読んだものです。

愛犬たちが里帰りする、心温かくなる記事もありました。私はそれを読んで、「バーディも一回くらいは里帰りさせてあげたかったなあ」と思ったものです。色々な出来事の記事を見ては、バーディに重ねていました。

こんなこともあって、気持ちは少しずつやわらいできてはいたのですが、それでもまだまだ私の悲しみは深く、ペットロスの状態を抜け出すことができません。時々ボーッとしていたり、急に涙がでてきたりの酷い有り様でした。

 

f:id:masami_takasu:20171031105446j:plain

その頃はロッシーママさんから、「お里でピレのパピーが生まれましたよ!」との温かいメッセージを受けても、「今はバーディを忘れる事はできないので無理です」と返信しました。ぱんママさんから、「ピレの里親募集がありますよ」と教えていただいても、「まだバーディを忘れる事ができない」と固辞しました。

この頃の私は、もう2度とピレとの暮らしはできないと思い込んでいたんです。

そんなさ中のことです。

6月に入ってうちの妻が突然に、「またピレをわが家に迎えるよ」と私に言ってきました。

 

f:id:masami_takasu:20171031105510j:plain

なんと、バーディがいなくなってすっかり落ち込んでいる私を見かねて、バーディの出身犬舎である鈴木農園さんに、妻はこっそり連絡をしていたんです。

そして事情を組んでくださった鈴木農園さんが、優先的に5月25日生まれのパピーを譲ってくださる事になっていたのです。

実は私はこの時も、「こんな悲しい思いをするのは、もうむりだよ!」と言ったのですが、妻はそんな私に、「ピレちゃんがいなくて、ぼんやりしている姿は見たくないと」言ってくれました。

また、「赤ちゃんが来るんだからボケてられないよ!」とも……

妻からのこの言葉で、私たちは次の月に一緒に、その新しい赤ちゃんを、飛行機で迎えに行くことになりました。

 

―― アンジュがうちの子になったのは(前編)・つづく ――

~もう一度、うちの子がうちにくるまで No.1-1~
犬の名前:アンジュ
犬種:グレート・ピレニーズ
飼主:角田鶴瓶

~犬や猫と暮らすあなたへ~

『うちで飼えるかな?』
『きちんと面倒を見られるかな?』

犬や猫を、”はじめて”飼う時、ほとんどの方はこう思ったことでしょう。平均年齢でいえば15年も生きる小さな命を預かるのだから当然ですね。その葛藤を乗り越えて、我々は犬や猫と暮らします。

毎日が楽しいですか?
――きっと楽しいですよね。
だって、犬を飼うこと、猫を飼うことは、喜びに満ちていることだから。

どうか忘れないでほしいのです。その楽しさを手に入れる前に、我々はものすごく大きな決心をしたのだということを。

そして、どうか自信を持ってほしいのです。
その決心が、ずっと我々を支え続けてくれるのだと。
いつか、その子を送るときが来たとしても。

【飼えるかなより

――もう一度、うちの子がうちにくるまで・次話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。

――Withdog『犬を飼うということ』は、犬と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817100156g:plain

――Withcat『猫の話をしようか』は、猫と飼い主の絆を考えるサイトです――

f:id:masami_takasu:20180817101041g:plain