犬を飼うということ

いつまでも君と……

寝相アートに込めた私の想い! ~いつだって気持ちは、あの頃のまま~

f:id:masami_takasu:20171105170931j:plain

撮影&文:奥村來未  (本記事は2017年9月に執筆されたものです)

「よし、Mack!はじめるよ~」
この自分の掛け声と共に、私は小道具をセットした場所へ愛犬のMackを寝かせる。

「撮影スタート!」
次に私は、自分に号令を掛ける。

皆さんは、寝相アートってご存知ですか? 赤ちゃんや犬の寝相を生かして、アート写真を撮るものです。

私が昨年の12月からその寝相アートを始めて、早くも9か月が経ちました。

今日は何故私が、寝相アートを始めようと思ったのか――、作品の紹介と共に、その経緯をお話したいと思います。

 

――寝たきりになってしまったからね――

私のMackは、脳の疾患のため、歩くことも立つこともできなくなってしまいました。
しかしMackは、それまでと何も変わらなくて、その姿は可愛いままで、私は毎日最低一枚は写真を撮っていました。

でも――、寝たきりのMackの写真は、いつも変わり映えがしません。右向きか左向きか、はたまた目が開いているか閉じているか、くらいの違いしかなく、スマートフォンのフォト一覧は、まるで連写のように見えてしまいます。

「なんだかつまんないなあ~」
ちょうどその当時は、Mackの介護が始まったばかりで、私は毎日困惑したり、イライラして過ごしていました。

 

f:id:masami_takasu:20171105171100j:plain

 

――そんな時に、思いついたんだっ!――

寝相アートをやってみようと、思いついたキッカケは、年賀状の写真です。
私は娘が生まれてからずっと、東日本大震災の年を除いて、必ずMackと娘に、その干支にちなんだ格好をさせて、年賀状を作っていました。

でも、もうMackは座ることができないし、娘はまだ小さいから、長くはMackを支えていられない。どうしたら良いだろうかと考えていた時のこと――
寝相アートの事が、ふと頭に浮かんだんです。

娘が赤ん坊の頃には、寝相アートという楽しい遊びは、まだありませんでした。しかし今のMackなら、その寝相アートができるかもしれない――

そう思いついた私は、すぐに行動しました。まずは百円ショップで素材を探す、無いものは画用紙や折り紙で作る!

そして出来たのが、上の写真です。

f:id:masami_takasu:20171105171112j:plain

――やってみたら嬉しい誤算!――

寝相アートを撮ろう!と思いついて、それを撮りおわるまでの数日間、私は「介護で悩むこと」や「介護でのイライラ」を忘れていた自分に気づきました。

そして他にも良い事が起きました。写真を撮り終えた後も、「次は何にしよう」「どの素材を探そう」と寝相アートのことで頭がいっぱいになり、介護で悩む時間が確実に減ったのです。

これは、とても嬉しい誤算でした。そして私は『限られた介護生活、どうせなら楽しくやっていこう』と考えるようになり、祝日やイベント時には必ず寝相アートを撮るようになりました。

介護生活は確かに大変だけれど、愛しいMackと過ごす時間は、なにものにも変えられないとても貴重なものなのだと、思えるようになったんです。

f:id:masami_takasu:20171105171126j:plain

――もちろんこだわりは、あります!――

寝相アートを撮るときには、私なりのこだわりがあります。
それは、『完璧には作らない』ということ。

私の寝相アートには、影があったり、ちょっと小道具がズレてしまっていたり、敷いているタオルにシワがあったりします。
もちろん、Mackを寝かせる前までは綺麗にセッティングしているつもりですが、Mackを寝かせる際に、Mackが首を動かしたりすることで、どうしてもズレてしまうのです。

ですが、私がMackの協力で完成させるこの寝相アートは、完璧な美しさを求めて撮っているのではありません。純粋にその時間を楽しみながら、協力してくれているMackにはあまり負担にならないよう、たとえズレても、光があまり差さなくても、とにかく撮影を手早く終わらせる事がとても大事なのです。

ほぼ毎回、小道具の調達や作成に、一か月近くかかりますが、撮影時間自体はわずか1分前後です。私にとって、そんな風に作り上げる完璧ではない作品たちを、「可愛いね!」といろんな方に褒めてもらえるのは、とても有り難く思います。

 

――だからねっ!――

私の撮る寝相アートの世界では、Mackは走ることもできるし、座ることもできます。
かつてMackがそうだったように、いつでも自由に動き回れる、本来の犬の姿を見せてくれます。

それが、嬉しくて――

私はきっと、もう寝相アートはやめられないだろうなあ。

 

文:奥村 來未

まとめ読み|老犬が私たちに運ぶ幸せ
この記事は、下記のまとめ読みでも読むことが出来ます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――同じ作者の記事です――