犬を飼うということ

いつまでも君と……

【決めた、犬を飼おう!】せーので同じ名前 ~ティアラがうちの子になったのは~

f:id:masami_takasu:20171101121339j:plain

撮影&文:らぶプー

~うちの子がうちにくるまで No.15~

”うちの子がうちにくるまで”とは
愛犬を家に迎えるまでの葛藤を、飼い主自身が、自分の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。

 ●

次女のティアラがうちに来るまでを、書こうと思います。

長女のチョコラッが2才半になり、自然と「そろそろ2番目の子を」という思いが、私達夫婦の中でありました。

うちではチョコラッが実娘のつもりだったから、2才半くらい下の子を兄弟にって、普通に思ったんだと思います。

メチャメチャ探していたわけでもなく、良い子との出会いがあれば、といった感じで、ペットショップから保護犬まで、なんとなく見ている毎日でした。

f:id:masami_takasu:20171101121356j:plain

そんなある日、突然に主人から言われたんです。
「明日、一緒にペットショップに来て欲しい。実は3日間仕事帰りにペットショップで見つめてる子がいるんだ。」
「はい?!」 ( ? _ ? )

翌日ペットショップに行くと、なんともチョコラッの小さい頃に瓜二つのカニンヘンダックスのパピーちゃんが、元気に遊んでました。

f:id:masami_takasu:20171101121421j:plain

「似てるだろ。もう3日見たし。連れて帰るぞ」と主人。
もちろん、異論なし。

唯一、うちの母が反対しましたけどね。
「2匹なんて預からないわよ!!」って。
でも、ティアラを見たらコロリでした(笑)
孫のいない母にとっては、ワンズは孫同様に可愛い様です(笑)

f:id:masami_takasu:20171101121435j:plain

「名前決めてあるんだ」
主人が言いました。
「え?!私ももう決めたよ!」
譲れない2人。

「同時に名前言って良い方ね」

――せーの!――

「ティアラ!」
「ティアラ!」

なんとビックリ。2人共ティアラと決めていたのです。
パピーちゃんのお顔見てたら、なんかティアラって思ったの。

家に帰ったら、チョコラッは大興奮!
元々ワンちゃんと遊ぶの大好きチョコラッ。大喜びしてくれました。

 

f:id:masami_takasu:20171101121452j:plain

この頃の、チョコラッが母性本能丸出しのお写真がいっぱいあります。^ - ^
何故かやることなすこと、性格が全てチョコラッと正反対。
違う性格だからこそ、また育てる楽しさを教えてくれました。

チョコラッとケンカもするけど、それも姉妹ならではだね。
我が家に来てくれてありがとう。これからも健康優良児ちゃんでいてね。

ティアラ、童顔だけど、もう6才です。^ - ^

 

~うちの子がうちにくるまで No.15~
犬の名前:ティアラ
犬種:カニンヘンダックス
飼主:らぶプー

~犬や猫と暮らすあなたへ~

『うちで飼えるかな?』
『きちんと面倒を見られるかな?』

犬や猫を、”はじめて”飼う時、ほとんどの方はこう思ったことでしょう。平均年齢でいえば15年も生きる小さな命を預かるのだから当然ですね。その葛藤を乗り越えて、我々は犬や猫と暮らします。

毎日が楽しいですか?
――きっと楽しいですよね。
だって、犬を飼うこと、猫を飼うことは、喜びに満ちていることだから。

どうか忘れないでほしいのです。その楽しさを手に入れる前に、我々はものすごく大きな決心をしたのだということを。

そして、どうか自信を持ってほしいのです。
その決心が、ずっと我々を支え続けてくれるのだと。
いつか、その子を送るときが来たとしても。

【飼えるかなより

――うちの子がうちにくるまで・次話――

――うちの子がうちにくるまで・前話――

まとめ読み|うちの子がうちにくるまで(犬)③
この記事は、下記のまとめ読みでも読むことが出来ます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――うちの子がうちにくるまで、第1話です――

――出典――
※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。