犬を飼うということ

いつまでも君と……

【口腔内腫瘍】飼い主さんでないと、気づけない病気があります。~例えば口の中~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。

今日はワンちゃんの、口の中の病気、口腔内腫瘍についてのお話です。
(注:手術の写真が含まれます)

f:id:masami_takasu:20171105145158g:plain

撮影&文:ハナちゃんママ

動物病院での診察で、時々遭遇する口腔内の腫瘍です。
よだれや口臭・出血・口腔粘膜の潰瘍などで気付くことがあります。
扁桃や舌根部にあるとなかなか発見されないこともあります。

先日、口の中からかなりの出血があったと、柴犬のAくんがやってきました。

もともと体を触られるのが苦手で、ワクチン接種がなんとかできる程度のワンちゃんです。
飼い主さんの希望で麻酔をかけての診察となりました。

歯槽膿漏で奥歯が抜けたのかなぁ~と、麻酔下のAくんの口の中をみたところ、顎の一番奥の臼歯を包みこむように歯肉部に腫瘍がありました。

f:id:masami_takasu:20171105145751j:plain

以下、患部の写真と、手術の写真が載っています。苦手な方は、閲覧にご注意を。

 

f:id:masami_takasu:20171105145806j:plain

f:id:masami_takasu:20171105145829j:plain

ちょっと傷がつくと出血しますので、電気メスで切除することにしました。

下の写真では腫瘍が取れて、先端しかみえなかった奥歯が見えています。

 

f:id:masami_takasu:20171105145858j:plain

赤く腫れている部分は粘膜が炎症を起こしているようですが触ると硬く盛り上がっていますので、転移もあるのかもしれません。

口腔内腫瘍は悪性のものが多く、転移も高頻度で起こります。

数日後検査の結果が届きました。
悪性でした。

f:id:masami_takasu:20171105145928j:plain

Aくんは、高齢なので、抗がん剤や放射線治療はせずに様子をみていくことになりました。

口の中は、なかなか確認できないかもしれませんが、あくびをした時とかに、できるだけ覗きこんでみて下さい

ペットの異常を見付けてあげられるのは、飼い主さんなのですから。

 

■ 読者からの質問1:
うちの子はエプーリスで2度程切除したことがあり、獣医師さんに月1お口の中も診てもらっています。
今は腫れもなく安定してますよ。
簡単でも毎日の歯磨きでチェックしてますがエプーリスとメラノーマは別物と認識して大丈夫ですか?
痛いのは可哀想ですね(>人<;)

■ハナちゃんママからの回答:
コメントありがとうございます。
エプリスは、歯肉炎などが原因でおきる過形成ですが、メラノーマは、悪性の腫瘍です。
見ただけで判別できないものもあります。
定期的にみてもらっているなら、安心ですね。

■ 読者からの質問2:
ありがとうございます!
口腔内、意識しないと見ないですもんね(>人<;)
気をつけるようにします!

■ハナちゃんママからの回答:
コメントありがとうございます。
腫瘍は、少しでも早く見つけるのが原則ですが、悪性度や転移性が強いものは、どうすることもできない場合もあります。
外科手術・抗がん剤・放射線療法・免疫療法など組み合わせてどうするかになります。
一番は、ならないようにできればいいですね。

 

ハナちゃんママからアドバイス

口内腫瘍は、外部から確認できる部分なら早期に見つかりますが、奥の方だったりするとなかなか発見ができません。

食事が食べずらそうだったり、飲み込みにくそうだったり、よだれや出血・口臭がみられたら要注意です。

口内腫瘍は悪性のものが多いですが、歯肉炎から起こる良性の過形成もあります。心配な症状があれば早めに診察を受けて下さいね。 

――編集部より――
ここでご紹介したものは、病気を疑ってみる初歩的な知識です。もしもご家庭のワンちゃん、ネコちゃんに該当する症状があったら、すぐに動物病院を受診なさってください。

皆様の愛犬、愛猫の健康を祈って
――いつもやさしい、ハナちゃんママの動物病院はこちら――
f:id:masami_takasu:20171105145302j:plain
日光どうぶつ病院

――次話――

――前話――

まとめ読み|【犬版】ハナちゃんの動物病院 ①
この記事は、まとめ読みでも読むことが出来ます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――関連記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。