犬を飼うということ

いつまでも君と……

【看取りの記録】3月15日 別れの時へのプロローグ ~うちの子が旅立つまでのこと・はじめに~

f:id:masami_takasu:20180304135305j:plain

撮影&文:高栖匡躬

3月は筆者にとって特別な月です。
なぜならば、2年前の2016年3月29日に、筆者の大切な愛犬、ピーチーが天国に旅だったからです。
今でも、そのときのことは、鮮明に覚えています。

幸いにもペットロスはありませんでした。
正確に言えば、大きなペットロスはなかったというべきかもしれません。

ピーチーがいたから、その後、色んなことが始まりました。
WithdogとWithcatだって、ピーチーとの暮らしがあったから、始めようと思いました。

 ●

記念の3月に、2年前に遡る企画を始めようと思います。
ピーチーの異変に気付いたのは、2年前の3月15日。つまり今日。
(扉の写真はその少し前の3月6日に撮影)

企画と言うのは当時のブログを元に、今日から29日まで、2年前の日付の通りに辿って、当時を振り返ろうと思います。
これから始まるのは、ピーチーが得た最後の病『肺がん』の記録であり、
看取りの記録でもあります。

 ●

本日はプロローグとして、異変の予兆について書きます。
明日と明後日は、看取りの記録を残す意義を。
そして更にその次からが、看取りの12日間の始まりです。

いつかの未来のために、どうかお読みいただければ幸いです。
予め申しておきますが、暗い話ではありません。

 

f:id:masami_takasu:20180304135823j:plain

――以下、当時のブログより――

ここ数日、ピーチーが調子よくありません。
ものすごく悪いわけではないのですが、1日中震えていて、いつもではありませんが、息が荒く、食欲が落ちています。
食べる量としては、いつもの半分くらい。

今日は散歩に行こうとしたら、気乗りしない顔で、20歩ほど歩いたところで散歩拒否。
なだめたり、すかしたりしても変わらず。

 ●

家には抱きかかえて帰りました。

f:id:masami_takasu:20180304140622j:plain
帰ったら、気持ちよさそうに寝ています。

 ●

f:id:masami_takasu:20180304140725j:plain
そして熟睡している間は、震えが止まります。

 ●

実は、ピーチーは甲状腺ホルモンの値がとても低いのです。

薬を飲み始めてからは震えが軽減していたのですが、また悪くなったのかな?

 

――うちの子が旅立つまでのこと・プロローグ――

――次回・前文につづく――

(ライター)高栖匡躬

――次話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――関連記事です――

――猫のおすすめ記事です――