犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【肺がん|安楽死】3月28日、夜 今夜は一緒に寝ることにします ~うちの子が旅立つまでのこと(17/18)~

ピーチーの闘病記:肺がん・看取り編  f:id:masami_takasu:20180314205327j:plain

撮影&文|高栖 匡躬
 
当時を振り返り

ピーチーの苦しさは、側で見ていてよくわかりました。
しかし、文句も言わずにピーチーはそれに耐えていました。

いや、耐えていたのかどうかは分かりませんね。
受け入れていたのは確かです。

安楽死の選択は、ずっと頭の中にありました。
ピーチーに痙攣など、劇的な症状が現れたら、恐らくはそれを選択していたはずです。

時間は過ぎていきました――
決断のタイムリミットは、主治医の診療時間である18時です――

 当時のブログより

f:id:masami_takasu:20180314205435j:plain

区切りだと考えていた18時を過ぎました。
今日はピーチーと一緒に寝ようかと思います。

苦しそうではありますが、ピーチーはまだ、僕と奥さんと一緒にいたいようだと感じます。

今日はマンションの踊り場から、一緒に外の景色を見ました。
本当は、一緒に歩きたかったんですけどね。

あっちは、ときどき行ったドッグラン
f:id:masami_takasu:20180314203918j:plain
お前は、ドッグランは苦手だったよな

 ●
こっちは、いつもの散歩コース
f:id:masami_takasu:20180314204000j:plain
お前は、散歩が大好きだっだよな!
最後に行ったのはいつだっけ?

 ●

テラスからはどの方向を見ても、14年間の思い出で一杯です。

さっきまでリビングで寝ていたピーチーですが、何を思ったか、突然起き上がって、僕の部屋の方に歩き出しました。

 ●

f:id:masami_takasu:20180314204459j:plain
これはリビングにいたピーチー

 ●

僕は急いでピーチーと一緒に、酸素のジェネレーターを移動させました。

これまで書いていませんでしたが、実はこの移動は結構大変です。
酸素ジェネレーターのスイッチを切り、コンセントを抜いて、重い機材を移動させてそこでまだコンセントを差して、スイッチオン。
ピーチーを移動させて、ベンチュリーマスクを被せてやる。

ピーチーが苦しくないように、それを15秒ほどのうちにやるのです。
まるで自動車レースのピット作業みたいです。

 ●

移動を終えて、ピーチーをいつもの定位置である、僕の机の下に寝かせてやると、ピーチーは「ありがとう」と言うように、首を持ち上げました。

移動して、首だけピクリ
f:id:masami_takasu:20180314204858j:plain
お礼何ていらないぞ、ピーチー

 ●

ああ、もうちょっと大丈夫そうだな、ピーチー。

そうそう、ピーチーは歳をとってから、耳がだらりと寝るようになっていたんですが、ここ数日はピンと立っています。ブルテリアっぽいです。

明日も良い日になるといいな、ピーチー。

 

 ペットの肺がんをもっと知るには

こちらの記事に、肺がんの概要を解説しています。
はじめて読むのに最適です。

 

――うちの子が旅立つまでのこと(17/18)つづく――

文:高栖匡躬
 ▶プロフィール
 ▶ 作者の一言
 ▶ 高栖 匡躬:犬の記事 ご紹介
 ▶ 高栖 匡躬:猫の記事 ご紹介

――次話(最終話)――

――前話――

まとめ読み|ピーチーの闘病記:肺がん・看取り編 ③
この記事は、下記のまとめ読みでもご覧になれます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――本連載の1話目です――

関連の記事(テーマは闘病と闘病記)もご覧ください。

ピーチーの命を懸けた闘病記です――

闘病を前向きに考えよう――

猫の闘病記です――

肺がんの医療記事です 

© 2017 Peachy All rights reserved.