犬を飼うということ

いつまでも君と……

【非再生性免疫介在性貧血】11月13日 血液内科専門獣医は何処に?? ~最終検査結果まで(2/6)~

チョコラッの闘病記
f:id:masami_takasu:20180613130255j:plain撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです)

チョコラッはPCV(血球容積)22%辺りを行ったり来たりだったのですが、8日に受けた血液検査では19%。ついに20%を切りました。

PCV(血球容積)が19%
※通常の値は37〜

医師は「直ぐにでも骨髄でキチンと造血がされているか検査したい」とのこと。
全身麻酔が必要なため、後回しになっていた検査ですが、翌日の9日に検査しました。
でも、医師が見る限りでは問題なさそうとか。

来週検査結果が全て出揃いますが、原因不明と言われる可能性が高いと思います。
検査費用だけで10万もかかったんだが・・・。(・_・;

免疫性〜陽性だけど、それらしき症状ないし。
腹壁ヘルニアも要因とは考えられない。

そうなると、病院を変えてセカンドオピニオンを受ける必要があると思うんです。

専門で言うと血液内科になるらしいのですが、ネットで見る限り、血液内科に特化している、若しくは精通している獣医が見当たらない。

先進医療を駆使した大手術とかと違って、血液検査のデータを見て判断する作業だから、どこの獣医師でも出来ると言うことなんだろうか・・・。

 

f:id:masami_takasu:20180613130853j:plain

今通ってる病院は結構規模が大きくて、獣医が10人以上いる。
腫瘍科とか外科とかあるけど、血液内科はない。
チョコラッの担当医はリハビリ科。椎間板ヘルニア後、ずっとリハビリ含めてお世話になってきた。

リハビリ科の先生だけど、院長先生が判断出来なかったティアラの結晶を見抜いたし、
私が「歯が悪くて食欲ないみたい」と決めつけて話したのに、「歯じゃなくて貧血です」って直ぐに気付いたし、
かなり優秀な先生なんだろうと思う。

でも、やっぱり、あらゆる検査をして、結果、「分かりません」となると、セカンドオピニオンが必要だよね。

果たしてどこに行けばいいんだ・・・。
ネットで獣医師を探しまくる毎日。

貧血数値がもうこれ以上下がるとヤバイ。
早く見つけねば。新しい病院。

岡山に一件有名な病院があるらしいけど・・・貧血のチョコラッ抱えて新幹線無理だわな。

窮地に追い込まれている・・・(・_・;

 

f:id:masami_takasu:20180613130458j:plain
本人はまだまだ元気なのです^ - ^

 

――【非再生性免疫介在性貧血】最終検査結果まで(2/6)・つづく――

文:らぶプー

――次話です――

――前話です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。

 

ブログランキングに参加しています。投票にご協力ください。

f:id:masami_takasu:20171025025037g:plain

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ