犬を飼うということ

いつまでも君と……

【非再生性免疫介在性貧血】11月24日 随分と時間が掛かるものです ~最終検査結果まで(6/6)~

チョコラッの闘病記
f:id:masami_takasu:20180613144933j:plain撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです)

検査結果が出揃い、病名「非再生性免疫介在性貧血」が確定するまでに、実に1ヶ月近くかかりました。

その間、お薬を処方されてたとはいえ、チョコラッの貧血値は低いところで横這い。
下がらなかったことに感謝ですが、実はこれが、非再生性の特徴でもあるみたいなんです。

免疫介在性貧血の中でも、非再生性の症例はまだまだ少なく、あまり解明されていない分野でもあるらしい。

 ――と、これ、
ネット情報なので確実に正しいか分からないけど。

「落ち込むから調べるのを止める!」
って宣言しておきながら、結局、心配になって、ネット情報調べまくりな私(・_・;)

で、前回の血液検査結果なんですが、新しいお薬を試したら、若干回復してました。

貧血を表す数値

PCV(血球容積)が25%
※通常の値は37〜

PCVがずっと20前後だったのが、初の25!
そして、赤血球の赤ちゃん(RETIC)がやっと増えて来ました。

でも、「ぬか喜びはしたくない」と医師に言われました。
私もそう思う。良い数値が出たと思ったら、一気に悪化。命の危機が・・・という症例も少なくないらしい。

数値はあくまでデータ。
一喜一憂することなく、受け止めていきたいです。

 

f:id:masami_takasu:20180613145644j:plain

今のチョコラッはすごく元気なのですが、リハビリを全て中止しているので、早くも後ろ脚が衰えてきました。
前脚だけしか使えなくなる日も近いと思います。

でも、もういいの。

お散歩はバギー。お家は広くないから、前脚でスリスリ行きたい所に行けるし、障害物があって行けなかったら「ママー!」って呼ぶし。

薬の副作用で

○多飲多尿
○食欲増加なのに体重減少

が起こってます。体重キープするために、少しずつフード増やしてます。

多飲多尿は4時間で膀胱がぱつんぱつんになるので、最近の私は4時間睡眠を1日2回に分けて取ってます。(圧迫排尿するから)
昼2時〜と、朝2時〜4時間ずつ。
でも、そんな苦じゃないかな。
元々睡眠薬4時間しか効かないし。 

献血犬募集のビラ作りました。
f:id:masami_takasu:20180613150004j:plain
ご近所さんに少しずつ配布予定です。

 

――【非再生性免疫介在性貧血】最終検査結果まで(6/6)・つづく――
――(次回から、新しいシリーズです)――

文:らぶプー

――次話です――

――前話です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。