犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

車椅子犬からのお願い ~どうか皆さん、気遣ってあげて~【察して欲しい、飼い主の気持ち】

車椅子を使っている犬を見たことがありますか?
車椅子を使っている犬を見たことがありますか?

撮影&文|らぶプー

 はじめに - 我が家の愛犬は車椅子犬

皆さんは、車椅子を使っている犬を見たことはありますか?
この記事は、車椅子犬からのお願いです。

わが家のチョコラッは、車椅子犬です。
別々の理由で、2度車椅子犬になりました。

1度めは椎間板ヘルニアで歩けなくなった時。
――この時に車椅子を初めて使いました。
2度めは鼠径ヘルニアになったとき。
――手術をしたのですが、別の病気(免疫介在性貧血)があってリハビリができず、車椅子を使いました。
今は、体力が戻って来たので、幸いにも2度目の車椅子犬を卒業をしたばかりです。

 

 興味本位の質問責めには参ってしまう

f:id:masami_takasu:20180619220046j:plain

さてその車椅子ですが、外を歩くと、とても困ったことがあります。
それは何かと言うと、必ず注目の的になって、興味本意で色々と話しかけられることです。

「高齢なの?」
「え?!病気?!」
「ワンちゃんもそんなのあるのね〜」
「それ、特注なの?」

 

f:id:masami_takasu:20180619220136j:plain

こんな風に質問攻めにされるのは日常茶飯事。
ナーバスにならないようにしようと思うのですが、どうしてもイラッときてしまうのです。

これ、人間だと思って考えてみてください。
街中で義足の方が歩いてたとして――
面識もないその人にいきなり
「なんで義足なの?」
「病気?」
「それ、どこで作ったの?」

なんて聞きませんよね?

 

 人には礼儀があるのに、ワンコにはないの?

f:id:masami_takasu:20180619220208j:plain

以前、私のパート先で、片目が潰れてしまった方がいたけど、誰もそのことには触れないし、その方もいちいち説明しないし、それが礼儀だと思うんです。

なんで犬になると、途端に礼儀を失うのかなあ?
こういうことがあると、散歩行くがブルーになってしまいます。

あからさまに指差してくる人とかも多い。
「あの子見て!ほら!車椅子だよ!」
ってね。それ、聞こえてますけどo(`ω´ )o

 

 心に残った言葉があります

f:id:masami_takasu:20180619220237j:plain

ちょっと前のお話なんですが、いつもの公園をお散歩してたら、車椅子のコーギーちゃんがいました。

車椅子のわんちゃんを、チョコラッ以外に見かけるのは初めてでした。

私の経験上、車椅子だからってもの珍しく見られたり、話しかけられたりするのはすごくイヤだったので、黙って通り過ぎることにしたんです。
でも、行く方向が同じで、コーギーちゃんより、チョコラッの歩くスピードの方が速くて。追い越す感じになってしまって――

それで「この子も車椅子だったんです」、と思い切って声をかけてみたんです。
そうしたら、車椅子のわんちゃんの飼い主同士、思うことが同じ。

話が弾んでしまいました。

その飼い主さんの、すごく心に残った言葉があります。
「この子は可哀想な子じゃないんです。車椅子でのお散歩をとても楽しんでるのに、皆んなから哀れんだ目で見られて辛いんです」
って。

分かるなぁ。
私もずっとずっと、周りからの哀れんだ視線が辛かったから。

その方は少し遠くに住んでいて、たまたまその公園に来ただけだったから、あれ以来お会いしないけど、思い切ってお話してみて良かったと思います。

 

 もし話しかけるならば

f:id:masami_takasu:20180619220306j:plain

車椅子のわんちゃん、ヘルニアのわんちゃんの飼い主同士なら、誰でも仲良くなれるわけじゃありません。同じ病気でも、回復具合とか違うから、比べられるとむしろ悲しくなる時もあるし。

車椅子のわんちゃん見かけて、もし話しかけるならば、
「可哀想。どうしたんですか?」じゃなくて、「頑張って歩いて偉いですね」って言ってあげると良いかも。

それと、車椅子犬だけでなく様々な障害を抱えた人や犬、動物達を、そっと見守って下さいな。

皆んな、頑張ってるんだからさ。

 

――おしまい――

文:らぶプー
  ▶らぶプー:他の作品一覧

まとめ読み|チョコラッの闘病記 ①
この記事は、下記のまとめ読みでもご覧になれます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

同じ作者の記事です - うちの子がうちにくるまで

”ペットの飼育不可”
それで犬や猫を飼うことを断念する方は、きっと多いでしょう。
しかし、運命の子と出会ったから、引っ越しをしたという幸運な方もいます。

多頭飼いの2匹目を勧めて来たのは、はじめは犬嫌いだったはずのご主人。
飼うことを反対をしていた家族が、一番の犬好きになるのは良く聞く”あるある”です。犬は人の心を豊かにしますね。

 

 出典

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。

© 2017 Peachy All rights reserved.