犬を飼うということ

いつまでも君と……

【凍結手術】【腫瘤】凍結手術をしてからの、その後 ~手軽な術式ではありますが~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。

今日は、以前に掲載した、ハナの腫瘤(しゅりゅう)の凍結手術の続報です。
しばらくたって、傷跡はどうなったかな?

f:id:masami_takasu:20171105145158g:plain

撮影&文:ハナちゃんママ

しばらく前にハナに行なった、凍結手術の結果をお知らせします。

この手術は、凍結療法ペンを使って、小さなイボや腫瘤を治療する術式です。

まずは簡単に前の記事について振り返ります。

記事はこちらです↓

低温のガスで、腫瘤を壊死させる治療法 ~老齢犬の治療に向いています~

● 

これがその機械
f:id:masami_takasu:20180215012426j:plain
-89度の亜酸化窒素のガスを使います

これが手術の様子です
f:id:masami_takasu:20180215015154j:plain

f:id:masami_takasu:20180215015159j:plain
麻酔がいらないのがメリット

そして、先日の凍結手術の結果ですが、まずは足の方。

処置前
f:id:masami_takasu:20180724125340j:plain
腫瘤が盛り上がっていました

処置後
f:id:masami_takasu:20180724125457j:plain
腫瘤はきれいにとれましたが……

ガスあて過剰で、腫瘤の下の組織まで壊死し、えぐれてしまっています。
痂疲も、まだしっかりついています。

痂疲(かひ) = かさぶたのこと

傷の回復には時間がかかりそうです。

こちらは頬の腫瘤です。

処置前
f:id:masami_takasu:20180724130636j:plain
ちょっと盛り上がっていました

処置後
f:id:masami_takasu:20180724130647j:plain
痂疲が取れてきれいになりました

毛ははえてないですが、腫瘤はとれて平らになっています。
小さな腫瘤を麻酔なしで、壊死して落とせるので手軽かもしれません。

ただ、がっちり凍結させようと、ガスをあてすぎてしまうと、腫瘤の周りや下の組織まで壊死させて大きな傷になってしまいます。
その辺の調節は慣れですかね――

あると便利かな? と、思いました

  ●

ハナちゃんママからアドバイス

既に前回書いていますが、結局、ペン型ではものたりず、当院では導入はしませんでした。

――編集部より――

ここでご紹介したものは、病気を疑ってみる初歩的な知識です。もしもご家庭のワンちゃん、ネコちゃんに該当する症状があったら、すぐに動物病院を受診なさってください。

皆様の愛犬、愛猫の健康を祈って

 

――いつもやさしい、ハナちゃんママの動物病院はこちら――

f:id:masami_takasu:20171105145302j:plain
日光どうぶつ病院

――次話です――

――前話です――

――関連の記事です――

――猫の診察記です――

――おすすめ記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。