犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【さよならペットロス】花ちゃんはきっと幸せです ~花ちゃんがうちにくるまで(2/2)~【陽気なブルテリア】

もう一度、うちの子がうちにくるまで|No.3 - 2 f:id:masami_takasu:20180914112734j:plain

撮影&文|Chobi
 
今日のお話は

作者のうちに来た日の花ちゃんは、一人で段ボール箱の中で寝ました。
寂しそうで、寒そうで、心配で眠れない夜。
しかし、翌日から、花ちゃんは豹変するのでした。

こんな方に:
飼っていた愛犬を次々に亡くしてしまった|ブルテリアってどんな犬?|飼ったことのある方に話を聞きたい

 可愛いよ花ちゃん

『花ちゃん』をブリーダーさんから受け取り、明石海峡大橋を渡って淡路サービスエリアで休憩した時のこと。
私は花ちゃんを抱っこをして、露店を見て回りました。

そのときに通りがかりの人に、「可愛いね~何の子?ウサギ?ヤギ?」って言われて、『そんな風に見えるんだ~』って思ったら、あんまり可愛くないなあと思っていた花ちゃんのことを、急に可愛く思い始めました。
(私も花ちゃん同様に鈍いのです)

 

f:id:masami_takasu:20180914114013j:plain

自宅につくと花ちゃんは、絨毯の上でオシッコとウンチをしてキョトンとしてました。そしてその夜は、入ってきた段ボール箱の中で一人でク~ンもキャンとも鳴かずに寝ました。

私は寒くはないかと、心配で心配で眠れない夜を過ごしました。
始めて会ったときに段ボール箱からヒョイと出された花ちゃんの姿、帰りのサービスエリアで花ちゃんを抱っこして見た風景は今でも映画のように思い出されます。

段ボールの箱の中で眠った花ちゃん。

しかし翌日からは、豹変です。
花ちゃんも私も楽しくて、楽しくて。
嬉しくて、嬉しくて。

でも、ピョンピョン跳る花ちゃんのお腹に、手術の痕とビー玉くらいの膨らみがあることに私は気づきました。

 

 ヘルニア発覚

f:id:masami_takasu:20180914114322j:plain

病院へ連れて行ってびっくり。
先生は「臍ヘルニアで手術をしてますね。腹壁の弱いところが突出しています」とおっしゃって、更に「普通、1ヶ月ほどの子は手術しないんだけれど……」とのこと。
「えっ!」と私。
結局「成長すると戻る(還納)こともあるので様子をみてもいいでしょう」と言われて、そうすることに。

私はすぐに、花ちゃんのお迎えが延期になったことを思い出しました。
「風邪をひいたから」と言われたけど、手術をしたんじゃないかと疑ったのです。
それから、『普通はこんな小さい子に手術はしないよ』って言う先生の言葉が頭の中をグルグル回りました。

ブリーダーさんは手術をしたことをなぜ言わないのか?
花ちゃんは、売られるために手術をされたのか?
それからは疑心暗鬼です。

夕方、私から話を聞いた花ちゃんパパも怒りました。
そして、怒った状態でブリーダーさんに電話しました。

ブリーダーさんは「送り返して下さい。新しい子を送ります」と仰ったそうです。
もちろん、花ちゃんのことを言っています。
荷物のように箱に入れられて、トラックに乗せられるのが不憫だからと迎えに行ったのに――
抱っこして家に連れて来たときから、花ちゃんはうちの子なのに――
送り返された花ちゃんは、その後どうなるの?

 

 よかったね花ちゃん

f:id:masami_takasu:20180914114512j:plain

花ちゃんパパは怒りMaxで、オラオラ状態で話をしたので、ブリーダーさんは私たちの連絡をお金目的のクレームと思ったのかも知れません。

結局、どんな経緯で手術をしたのか、緊急性があったのかもわからないままでした。

後から郵送すると仰っていた血統書ですが、住所を何度連絡しても届くことはありませんでした。

だけど――
どうして手術をしたのかわからなくても、血統書がなくても、花ちゃんはうちの可愛い子です。

結局、花ちゃんのヘルニアは、花ちゃんが初めて桜の花を見る前に治りました。
その後の花ちゃんは健康優良児です。

花ちゃんは、避妊手術以外で入院したことはありません。
誤嚥しても自力でだしました。アレルギーもありません。
歳をとってイボだらけですがお肌はツルツルです。
心はうちの子になった日のままで、いまだにピョンピョン跳ねてます。

 

 みんなにありがとう

f:id:masami_takasu:20180914114627j:plain

もしかしたら色々な誤解があったかもしれません。
もう12年前のことなので、私の記憶違いがあれば申し訳ありません。

今は、こう思っているのです。
「花ちゃんの本当のお父さん、お母さん、そして、ブリーダーさん。今、花ちゃんはたぶん幸せです」
――花ちゃんをうちの子にしてくれて、ありがとうございます。

鼻水たらしながら…
f:id:masami_takasu:20180914114655j:plain
お昼寝~

 

――花ちゃんがうちにくるまで(2/2)・おわり――

もう一度、うちの子がうちにくるまで|No.3 - 2
犬の名前:花ちゃん
犬種:ミニチュア・ブルテリア
飼主:Chobi
 ▶ 作者の一言
 ▶ Chobi:犬の記事のご紹介
 ▶ Chobi:猫の記事のご紹介
ブログ:花と太郎
 
もう一度、うちの子がうちにくるまで、とは
愛猫を失った飼い主が、さまざまな葛藤を乗り越えて、もう一度猫を迎えようとするまでを、自分の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。
こんな効果もあります:愛犬、愛猫を今すぐ100倍可愛くできる、最も簡単な方法
 
犬や猫と暮らすあなたへ

『うちで飼えるかな?』
『きちんと面倒を見られるかな?』

犬や猫を、”はじめて”飼う時、ほとんどの方はこう思ったことでしょう。
平均年齢でいえば、15年も生きる小さな命を預かるのだから当然ですね。
我々はそこで大きな決心をし、葛藤を乗り越えたからこそ、今、犬や猫と暮らしています。

どうかその思いを、忘れないでください。
その時の思いがあれば、我々はどんな時でも犬や猫と暮らしていけます。

【飼えるかなより

――もう一度、うちの子がうちにくるまで・次話――

私はシベリアンハスキーの先住犬ハッシーを失いました。
ハッシーは生活の全てで、天使だと思っていた犬でした。
「もう犬とは一緒に暮らせない」
そう考えていた私はある日、偶然に訪れたペットショップで、不思議なオーラを放つ子犬に巡り合いました。

――もう一度、うちの子がうちにくるまで・前話――

3匹の犬、ちょび、ごはん、おかずを、同じ年に亡くしてしまった作者。
やがて作者は、その年生まれの子犬を見つけます。
「生まれ変わりだったら嬉しいな」
それが、花ちゃんとの出会いでした。

まとめ読み|もう一度、うちの子がうちにくるまで①
この記事は、下記のまとめ読みでもご覧になれます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――もう一度、うちの子がうちにくるまで、第1話です――

一見屈強で男の中の男と言うイメージの作者。
しかし作者は、先代犬のバーディーを亡くし、毎日泣いて暮らしていました。
そんな作者に、新しい出会いの時がやってきます。
さて、新しい子は、どのようにやってきたのでしょう?

 同じ作者の記事です

 

毎日、仕事帰りに、ニャーニャー鳴きながらついて来た子猫。
ある雨の日、濡れたその子猫を拾い上げました。
『おいで』と名付けたその子は、賢くて、生きる事を楽しんでいるようでした。
しかし……

愛猫を亡くした作者。
供養をした翌日、ふらりとペットショップに立ち寄ると、そこには[ただであげます]と張り紙された犬がいました。

作者が初めての犬を飼い始めてから3カ月後のこと。
散歩から帰ったご主人が言いました。
「へその緒がついた子犬が捨てられていた」
草むらには本当に「生きたい、生きたい」と鳴く2匹の子犬がいたのでした。

 ペットロスに関して

ペットロスは誰にもやってくる

ペットロスは誰もが経験するものです。
それで悩む方が多いものでもあります。
筆者のペットロスは、比較的軽かったと思います。
むしろ――、それを楽しんだのかも。
なぜそうだったか?
それを考えた記事です。
ちょっとは参考になるかもしれません。

虹の橋の詩を、をより深く味わうために

『虹の橋』は広く知られています。
しかしながら、『虹の橋』の言葉は、間違えて使われるケースがよくあります。
「虹の橋を渡った」という使い方が、もっとも多く見受けられる誤用です。
『虹の橋』は真意を理解した方が、より深い感動があります。
一度この記事をご覧になってみてください。

 出典

© 2017 Peachy All rights reserved.