犬を飼うということ

いつまでも君と……

君を送る日の十戒 ~愛犬を看取る私たちの想い~

f:id:masami_takasu:20180817142217j:plain文:高栖匡躬  撮影:樫村慧

皆さんは『犬の十戒』をご存知でしょうか?
犬と飼い主の適切な関係について、犬の方から飼い主に語りかけるお話です。
飼い主と愛犬とが交わす10個の約束として書かれていて、敢えて分類するなら、詩の形態の1つと言えるでしょう。

「犬を飼う時には『犬の十戒』を読みなさい」
ベテラン愛犬家が初心者飼い主に、よくアドバイスをしていますね

 

f:id:masami_takasu:20180817142238j:plain

それでは、『犬の十戒』に幾つものバリエーションがあることはご存知でしたか?
実は、我が家の愛犬のために、多くの飼い主自身が書いた『我が家の十戒』が、無数にあるのです。

その多くは、原典である『犬の十戒』よりも、それを映画として日本に広めた『犬と私の10の約束』に倣って書かれています。

『犬と私の10の約束』は『犬の十戒』を参考にして書かれたもので、厳密に言うと『犬の十戒』とは違います。
しかしながら、それを『犬の十戒』の日本語訳と捉えている方が大勢いるために、本来ならば『我が家の愛犬との10の約束』でなければならないところを、『我が家の愛犬の十戒』として広まったわけです。

『犬の十戒』も『犬と私の10の約束』も、愛犬の面倒を終生見るのだという飼い主の誓いを、犬の言葉を借りて記したものです。

ですから『預かった命に責任を持つ』というテーマは同じで、愛犬の言葉を借りるという表現手法も同じで、その中で何を語るのかと言うモチーフに違いがあります。

『犬の十戒』は原典の英文が持つ独特の回りくどさが、そのまま翻訳されていることから好き嫌いが別れます。
『犬と私の10の約束』はそれを緩和するために、モチーフが整理されており、表現が日本人向けになっていると考えれば良いでしょう。

このことついては、 過去の記事(本記事の最後でもご紹介)にて解説しています。

 

f:id:masami_takasu:20180818141444j:plain

さて、筆者は2年前に愛犬のピーチーを亡くし、当サイトのライターである樫村慧もまた、愛犬ラフを亡くしましています。

先日、『犬の十戒』の記事を書いた際に、数多ある十戒の中に、看取る我が子との『十戒』があっても良いのではないかと話しあいました。
老犬と飼い主の間の微妙な距離感や、看取りの時の切なさのようなものを込める事が出来たら、同じ経験をした、或いはこれからするだろう飼い主さんの救いになるように思ったのです。

そこで当時の思いを振り返りながら書いて見ました。
題して『君を送る日の十戒』です。

この十戒を書く上では、我々なりの、ちょっとしたこだわりがありました。
『10の約束』にするのか、それとも『十戒』にするかを明確にしようということです。

具体的には『犬と私の10の約束』に倣って新しい十戒を書くか、『犬の十戒』に倣って新しい十戒を書くかの違いです。

我々は迷わず、原典の『犬の十戒』に倣うことにしました。
何事も”原点”が大事と思ったからです。

『十戒』を謳う以上は、原典に敬意を払いたいと考えました。

我々は10個の戒めについて、下記に注意を払いました。
①1つ1つの戒めの小テーマには、必ず従う。
②1つ1つの戒めのモチーフを、必ず踏襲する。

さて野暮ったくて、回りくどいのが特徴の原典ですが、Withdogがどう引用したのか?
前記事の『犬の十戒』と見比べながら見ていただくのも一興かと思います。

 

f:id:masami_takasu:20180817142322j:plain

君を送る日の十戒

1.
私とあなたの時間は、もう僅かなようです。
だからあなたと僅かでも一緒に居たい。それが私の願いです。
2.
私には、あなたが望んでいることがよく分かっています。
しかし私はもう、去って行かなければなりません。

3.
私を信頼してくれてありがとう。
私もあなたを信頼していました。

4.
動けなくなった私に、付き添ってくれてありがとう。
私にはずっとあなたしかいませんでした。今はもっとそう思っています。

5.
私に沢山声をかけてください。
何を言っているかは良く分かります。だってずっと側にいたのだから。

6.
あなたが私にしてくれたことは忘れません。
私がいなくなっても、私のことを時々思い出してくださいね。

7.
あなたを守るために、私の歯は鋭く強かった。あなたを噛むためではなく。
でも、わたしはもうあなたを守れなくなりました。

8.
あなたと分かり合えるまで、随分と長くかかりましたね。
けれど、とても良い時間でしたよ。

9.
私は、誇り高い犬として生まれてきました。
私にとってトイレを失敗することが、どんなに恥ずかしいことだったか、
分かってくださいね。

10.
最期のとき、どうか私のそばにいてください。
私を触って、撫でていてください。
そして忘れないでください、
もしも私が、あなたがいないときに旅立つことがあっても、
あなたのことを一番愛しているということを。

 

f:id:masami_takasu:20180817142339j:plain

看取る瞬間の戒めなので、これから愛犬のために何かをしてあげるための約束ではありません。愛犬が去る際に、自分がどのように生きたかを飼い主に告げる形にしました。
10の言葉を通して、愛犬が「自分が去った後も、しっかりと生きて欲しい」と、飼い主を戒めるようなものです。

さて、実はあまり知られていませんが、『犬の十戒』の10番目の約束の末尾、
忘れないで下さい、私は生涯あなたを一番愛しています
は、犬の独白として書かれた11番目の約束です。

『犬の十戒』が紹介される時には、10番目と11番目の約束が、切りが良いように一緒になっているのです。

『君を送る日の十戒』では、最後に新しい11番目を添えてさせてください。
実はこれ、看取った経験からどうしても入れたかったもの。
しかし10番目の中には、どうしても入れられなかった番外です。

11.(10+1)

あなたが最後にくれた、あの美味しい人間の食べ物の味。
天国にいってもずっと忘れません。
だってあれは、あなたの愛情の味だから。

 11番目の言葉、老犬と暮らしたことのある方、そして愛犬を見送った経験のある方なら、分かっていただけるかな?

 

文:高栖匡躬

――関連の記事です――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――おすすめの記事です――