犬を飼うということ

いつまでも君と……

【非再生性免疫介在性貧血】8月6日 チョコラッの体調メモ ~1年生存率5割って(12/22)~

チョコラッの闘病記
f:id:masami_takasu:20181014120757j:plain
撮影&文:らぶプー(本記事は2017年に執筆されたものです)

昨晩、夜中に目が覚めてしまったのですが、ふと見るとチョコラッの呼吸が随分速い。ビックリして、明るい廊下に連れて行って歯茎を確認したところ、いつも通りのうっすらピンク。

大丈夫?
――でも、チョコラッの貧血はゆっくり進むタイプ。

もしかして急激に赤血球が壊されて呼吸困難になってるのかも!
――と焦ってしまいました。

――落ち着いて考えてみる――

いつも通りのうっすらピンクなら、極度の貧血ではない。
ゼーゼー言ってないので、二次感染の肺炎でもなさそう。

救急診察行くべき?どうしよう?
寝てる主人を起こしたら、「暑いんだろ?」って。

え?
舌出してないけど。
しかも寝室はファンが回ってて、暑がりの私でも寒かったんだよね。

「犬はファン回ってても暑いから、リビングのクーラーつけて連れてったらいい」
って主人。
言われるままにしたら・・・チョコラッ落ち着いて・・・寝た。
呼吸もゆっくり普通に戻った。

暑かったの?(・・?)

 

f:id:masami_takasu:20181014120935j:plain

チョコラッはプレドニンの副作用で暑いんだよね。それは知ってるけど・・・。
私もかなりの暑がりさんなんだけど、あの寝室は肌寒かったけどな。

よく夫婦でエアコンの温度が合わないなんて聞くけど、我が家はチョコラッとティアラの適温が異なるから困る。(>_<)

ティアラは最近、お腹緩くて。きっとクーラー寒いんだよね。
でもチョコラッは毛量が減ったとは言えやっぱり暑いんだな。クーラーの風が直撃の場所をいつも陣取って寝てる。

もっと温度管理気を付けないと、プレドニンを飲んでるチョコラッの適温は、普通の感覚の適温ではないんだな。_φ(・_・
次回診察時、忘れずに伝えよう。

これは遊んでテンション高高で舌が出てるの
f:id:masami_takasu:20181014121229j:plain
暑いんじゃないよ。 byチョコラッ

チョコラッのサマーカットを自宅でする計画だったんだけど・・・
あんなに毛量が多かったはずなのに、かなり減ってることに今更ながら気付いた。
プレドニンの副作用なんだろうか??
これなら、ブラッシングだけで乗り切れるかもです。

(オマケ)
f:id:masami_takasu:20181014121726j:plain
出掛ける準備をしている私の様子を、ドアの向こうから伺うチョコラッ
「連れてってくれるんですよね?!」
っていう視線をヒシヒシと感じて思わずパシャリ。(笑)

  

――【非再生性免疫介在性貧血】1年生存率5割って(12/22)・つづく――

文:らぶプー

――次話――

――前話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この章の最初の記事です――

――この連載の1話目です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。