犬を飼うということ

いつまでも君と……

【非再生性免疫介在性貧血】8月12日 チョコラッ貧血進む ~1年生存率5割って(13/22)~

チョコラッの闘病記
f:id:masami_takasu:20181014124151j:plain
撮影&文:らぶプー(本記事は2017年に執筆されたものです)

昨日、チョコラッの血液検査に行きました。
貧血が進んでいました。

PCVが前回35.9→今回29.5へ

1週間でかなり落ちてしまった。
6月8日からの推移を見ると――

39.8→38.8→35.9→29.5

やはり徐々にに落ちています。

医師には今の薬(3/30に開始したアトピカ)が効かなくなってきた可能性が高いと言われました。

昨年秋に非再生性免疫介在性貧血になり、プレドニン効かず、セルセプト追加で安定するもセルセプト効かなくなり、ガンマガード入れて(点滴)時間稼ぎして、アトピカで安定。

今はアトピカもダメ。

残る選択肢はお薬ではアザチオプリンとレフルノミド。
これは5〜8割の確率で深刻な副作用が出る。

副作用とは、肝障害と骨髄抑制。
あと、癌になる可能性が上がる。

肝障害は最悪死ぬよね?
骨髄抑制も一気に貧血が進んで死んじゃう。

血液検査をこまめにして、少量から始めるから肝障害を起こす前に服薬を中止すると聞いたけど、少量じゃ効かないかも。
しかもお薬の効果が見られるのは1〜4ヶ月後。

結構窮地に立たされてしまった。(´;ω;`)

 

f:id:masami_takasu:20181014124836j:plain

チョコラッは今はまだ元気元気なんだけど、貧血が進めばどんどん具合が悪くなり何もしなければ死んじゃう。

でも、治療するお薬を与えることによって死ぬかもしれない。
2〜5割は副作用出ないって楽観的に考えられればいいのに。

今はまだ新しいお薬は試してなくて、昨日からアトピカを2倍量に増やしました。
2倍量で1週間後にまた検査して、良くなってたら新しい薬は使わない。

扉の写真は、動物病院で診察終わってニコニコチョコラッ。
良くなったらいいな。
皆様、応援いつもありがとうございます。
今、少し苦しいときなので、良くなるよう願って頂けたら嬉しいです。

これは、パパとお手手繋いで寝るチョコラッ
(何故か寝るときもお目目閉じられないの)
f:id:masami_takasu:20181014125144j:plain
最近は、あの晩以降もやっぱり呼吸が早めな気がするな
本人元気なんだけど

  

――【非再生性免疫介在性貧血】1年生存率5割って(13/22)・つづく――

文:らぶプー

――次話――

――前話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この章の最初の記事です――

――この連載の1話目です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。