犬を飼うということ

いつまでも君と……

【下痢】【軟便】治らない下痢にどう対処したのか 〜軽視しては駄目。お腹を壊すこと(2/3)~

f:id:riro-chihuahua:20181126030954j:image文:Rikka

前回の記事では、愛犬の六花(ロッカ)が、下痢を繰り返している話について書きましたが、それからも状態は改善せず、新たに2回も病院に行くという状態が続きました。

脱毛系サプリだけが原因ではないのかもしれません。

全く違う病院で診て貰えば、何か改善策があるのではないかと考え、思い切って行ってみたのですが、やはり同じような対処だけで、繰り返す下痢の具体的な対策を先生の口から聞く事は出来ませんでした。

そして『まぁ、一生療養食だけ食べていたらいいかもね』と、詳しい説明をしてくれることもありません。

私は、いきなり療養食を提案されたことに抵抗感を持ち、悩んでしまいました。

悩みに悩んでいたところ、『オタ福の相談部屋』という、主治医の診立てについて意見をもらえるサイトを発見し、そこに相談をしてみたのです。

この時に頂いた回答は、サイトの主宰者のオタ福さんが、詳細を記事にしてくださっていますので、下記をご参照ください。

もしかすると、下痢に悩む飼い主さんの悩みが解消するかもしれません。

下記は、そのオタ福さんの見解を抜粋したものです。

≪オタ福さんの見解≫
●六花の下痢は犬には比較的よくある症状。
●血便・嘔吐・酷い脱水症状等あったりすれば別だが、軟便もしくは下痢だけなので、それであればそこまで心配しなくて良い。
●療養食も試してみても良い。
●六花は単純にお腹の弱い仔という印象。

改善のためサプリを飲ませてみるのはどうだろうと相談したところ、『サプリを試してみる価値はあるかもしれない』と回答をもらいました。
(前話で触れたディアバスターも家には常備しており、通院先の先生も使って良いとのお話でしたが、やはり薬なので安易に服用するのが心配で、まずはサプリから試したかったのです)

私が試そう思ったのは、これ
f:id:riro-chihuahua:20181126141742j:image
キューテック というサプリです。

キューテックは、先述した病院でも勧められたサプリ。
チキンフレーバー味の粉です。

これを1日1袋。1回・半分量(体重による)を朝と夜にご飯に混ぜて与えています。
ご飯に混ぜられない仔は、シリンジに水少量で溶かして飲ませても大丈夫と先生から聞きました。

基本的に病院で購入するサプリですが、楽天やAmazon、yahoo!ショッピングでも取り扱いがあります。私はyahoo!にて送料込みで3000円強で買えました。
箱売りで1箱30袋入ってます。

サプリメントですが、病院専用の製品になるので、初回は病院にご相談されたほうが良いと思います。

緊急の下痢の場合は
f:id:riro-chihuahua:20181126141808j:image
同じキューテックでも、
こちらのタイプの方が効くようです

粉タイプは、日常的に使用してお腹の調子を整えていくものになります。
私は、この粉タイプだけでも十分かなと思っています。

 

f:id:riro-chihuahua:20181126143318j:image

おかげさまで、これを飲み始めてからは、消化器系の療養食にしなくても、良いうんちがでています。頻繁に下痢になることもありません。

しばらく常用していこうと思います。

サプリメントだけでなく、療養食も良く考えてから使用しないといけないことも、色々調べてみてわかりました。

オタ福さんはご自身のサイトの中に獣医さんの中にはインフォームドコンセント(説明)なく安易に療養食を勧める方がいるのは問題である』というような事も書かれていました。

そして、『きちんと患者にわかりやすい説明をしてくれるのが病院こそが、良い病院なのだ』ということも。

私が今まで飼っていたチワワ達で、六花のように頻繁に下痢する子はいませんでした。そのためにここまで下痢について考えることはありませんでしたが、周囲の飼い主さんたちに話を聞くと、下痢に悩む子は比較的多いようです。
 
これまで、六花が下痢になると私が1番不安になってしまい、私のそんな姿をみて更に六花も落ち込んでしまう、という悪循環になっていたようです。私自身が焦ることなく、大きな気持ちで受け止めなくてはいけない、と気づく事も出来ました。

何より、今回下痢について、オタ福さんからいただいた情報は、私と六花にとって本当にありがたいものでした。

 

――お腹を壊しやすい仔のために(2/3)・つづく――

文:Rikka
 ▶ 作者の一言
 ▶ Rikka:犬の記事 ご紹介
 

――次話――

――前話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――同じ作者の記事です――

――おすすめの記事です―― 

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。