犬を飼うということ

いつまでも君と……

【非再生性免疫介在性貧血】11月9日 チョコラッ病院 ~1年は過ぎたけれど(3/25)~

チョコラッの闘病記
f:id:masami_takasu:20181230132652j:plain
撮影&文:らぶプー(本記事は2017年に執筆されたものです)

チョコラッの病院に行って来ました。
採血と尿検査のためです。

結果のご報告。
先日ワンズを連れて行ったバラ園の写真と共にお送りします。

f:id:masami_takasu:20181230132932j:plain

結果は、また1%下がって27.3%になっていました。
PCV 27.3% (基準値37.3〜)
3週間で1%なんて誤差の範囲じゃないの?
と思いたいところですが、
ここのところ毎回ジリジリ下がり続けているのです。
リンパ球も700〜1000くらい。
600以下じゃないと免疫抑制剤が上手く効いていないと判断されるので、薬の効きが悪いと考えられる。

f:id:masami_takasu:20181230133540j:plain

 チョコラッはゆっくり貧血が進むタイプ。
だけど、ここで手をうたないとマズいだろうと――

f:id:masami_takasu:20181230133636j:plain

新しい薬は副作用の問題で、まだ手は出したくない。
なので、ダメ元で、以前使っていたけど効かなくなったセルセプトというお薬を追加することに。

セルセプトは割と早く効果が表れるお薬。
次回採血して、やっぱり効果ないねってなったら
止めても良いわけだし。
セルセプトは前使ってたとき、チョコラッは副作用はなかったし。

f:id:masami_takasu:20181230134304j:plain

検尿でビリルビンが今回も出たから、今回は肝数値など細かい項目も血液検査したけど異常なし。

ビリルビンが何故出るか不明。
でも、たまにこういうことあるらしい。
黄疸も出てないから、今は気にしないでスルー。

血液検査は貧血以外は異常値なくホッとしました。

f:id:masami_takasu:20181230134428j:plain

本人は至って元気!
ただチョコラッは、PCV下がってくるとお薬を残し出すんだけど、
最近はたまにオーグメンチン(抗生剤)残す。
(そんなときは最近編み出した技、缶詰めご飯少量に混ぜて食べさす)

f:id:masami_takasu:20181230134447j:plain

チョコラッ、毎年年末何かと体調崩して、お正月は入院のケースも多いんだけど(椎間板ヘルニア・免疫介在性貧血)、今年の冬はなんとかPCV下がらず元気に過ごせますように。

クリスマスケーキは家族皆んなでショートケーキ
(ワンズはイチゴのおこぼれ)だからね
貧血進んだらダメだよ!
f:id:masami_takasu:20181230134629j:plain
いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

検査結果の覚書
PCV27.3
RBC3.9
Hb9.3
RETIC19.9
Plat442
CRP0.7
 

――【非再生性免疫介在性貧血】1年は過ぎたけれど(3/25)・つづく――

文:らぶプー

――次話――

――前話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この章の1話目です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。