犬を飼うということ

いつまでも君と……

【脱毛】【寛解】サプリメントのみでほぼ完治 ~原因不明の脱毛と闘う(5/5)~

f:id:masami_takasu:20190114090310j:plain文:Rikka

ある日突然、愛犬六花に脱毛が起きた話の連載5回目、今回が最終回です。

結論から言うと、現在六花の脱毛は、ほぼ完治(寛解)という状態まできています。
しかも、獣医さんに頼ることなくです。
前回の獣医さんの治療は、

実際には、頼れる獣医さんが見つからない中で、飼い主側で創意工夫をしているうちに改善してきたということになります。よって原因不明はそのままなのですが、状態が良いので、治療も一旦終了と考えています。

今回は、そのまとめの記事です。

 

 ここまでの経緯

f:id:masami_takasu:20190114093353j:plain

六花が突然脱毛してしまい、それから自分で原因を探るのと同時に、効果があると思われるサプリメントを試し始めました。

同時に、獣医師への助言を求めて、まずは電話相談。次に、脱毛に経験の深そうな病院を探して受診。(残念ながらこの病院は、獣医さんを完全に信頼する事が出来ず、通院を断念。つくづく獣医師選びは難しいと実感。このお話はまた別の記事にて)

その後、六花は下痢を繰り返すようになってしまいました。その為に脱毛での通院は中断。(下痢に関しては以前に記事になっておりますので、よかったら読んでみてください)

通院の中断と同時に、新しく取り入れたサプリも中止して、当初飲んでいたサプリに戻しました。実はその過程で、前回、信頼できそうと思っていた獣医さんにも、少々難点があることも分かってきたのですが、それについては別の記事としてまとめます。

獣医師選びは本当に難しいです。

そして――
結果として、脱毛が改善して現在に至ります。

その経過は下記に。

 

 脱毛の経過

f:id:masami_takasu:20190114093655j:plain

迎えたばかりの頃(脱毛前)2018/04

f:id:riro-chihuahua:20190106194938j:image

抜け始めの頃 2018/07
f:id:riro-chihuahua:20181112152016j:plain

2018/08頃

気づいた頃から8月前半くらいまでは、部屋に落ちる抜け毛も現在の3倍以上落ちてました。朝昼晩三回はコロコロしても、綺麗にならない程でした。

f:id:riro-chihuahua:20181112152150j:plain

2018/09頃

我が家に来たばかりの時の様な、フサフサの胸毛ではありませんが、皮膚が見えていた部分もなくなりました。抜け毛もかなり激減。掃除の回数も迎えたばかりの頃と同量に戻りました。そして、この頃に繰り返す下痢の症状が出ていました。

f:id:riro-chihuahua:20190106195108j:image

2018/12現在

すっかり元通りに近い状態です!

f:id:riro-chihuahua:20190106195156j:image

 

 使用したサプリの記録

f:id:masami_takasu:20190114094904j:plain

 以下に、脱毛の期間に試した製品の一覧をまとめます。

使用したサプリ等
●アニマストラス
●ミラコート
●セラミド入りシャンプー
●パンフェノンシャンプー 
↓半月程度使用
●アンチノール(その後モエギタブに変更)
ほとんど使用しなかったサプリ
●R&U

上記中の『セラミド入りシャンプー』ですが、原因不明の脱毛には保湿も大切という話も経験した飼い主さんの口コミで見かけたので、セラミドを配合している製品をパンフェノンシャンプーと合わせて使用していました。

結果としては、カラーダイリューションアロペシア を疑った当初から使用していた、アニマストラス+ミラコートの組み合わせで、ほとんど完治という結果になりました。

もしもまた脱毛が起きたら、一度病院で勧められた下記の組み合わせを、再度検討してみようと思います。
●アンチノール(モエギタブ)
●R&U
※脱毛系サプリは脂肪分が多いため、お腹が弱い子は下痢になりやすいです。過剰投与はサプリといえどもお辞めください。

最後に、更に悪化した時に他でもお勧めされていて検討したいサプリを記載しておきます。
●アルギチャンプ
●万田酵素のペットサプリ
 

 まとめ

f:id:masami_takasu:20190114100114j:plain

ほぼ完治の状態になるまで約半年。

結局、病名はカラーダイリューションアロペシアなのか、パターン脱毛なのかよくわかりませんでした。

アロペシアXで悩まれてる方の話を聞くと、数年単位で改善に時間かかることはよくあることのようです。

パターン脱毛や、カラーダイリューションアロペシアはそこまでの日数かからずに治るのかもしれません。(先代犬の脱毛も半年ほどで治りました)

色々と紆余曲折はあったのですが、結果として今回の脱毛は、ほぼ病院にいかずに改善したことになります。

もう生えてこないんじゃないかと思った時期もあったので、今の状態になってくれて一安心です。 

最後に、本記事の執筆の中で思ったことを書きます。

Twitterやインスタグラムに愛犬を載せてる方の投稿を見ていると、時折六花と同じように、脱毛している仔を見かけます。イザベラやブルーのカラーのレアカラーの仔は特によく見ます。

全ての仔が、六花と同じ脱毛症状ではないとは思いますが、もし我が仔がある日突然脱毛して痒みや肌荒れ等ないときは、今回の記事のような脱毛の可能性もあります。

私のように、一度病院に行って原因不明と言われ匙を投げられてしまって悩んでる方がもしいたら、こういうサプリで治る脱毛の症状もあるんだということを知って頂きたくて記事にしました。

以上、脱毛に関してはひとまずの終了です。
次回はこれまでの経過をまとめます。

 

――原因不明の脱毛~(5/5)・おわり――
次回はまとめ編です。

文:Rikka
  

――次話――

――前話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この連載の1話目です――

――同じ作者の記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。