犬を飼うということ

いつまでも君と……

【癲癇】5月18日 午前2時すぎ 再発してしまった(投薬開始:ゾニサミド) ~突然の発作に驚いた(2/6)~

ろくすけの闘病記:癲癇(てんかん)
f:id:masami_takasu:20190120123559j:plain撮影&文:きづ あすか

――2015年5月18日 午前2時すぎ――

ろくすけ、とうとう二回目の発作(涙)

症状と経過は初回とほぼ同じ。
一度発症するとその後の発作も同じ症状になることが多いらしい。
発作時間もほぼ同じ。

痙攣は3分ほどだった。今回はちゃんと時計を見る余裕がもてた。
その後は前回と同じように、「ワオーン ワオーン」と1分ほど。
それから、立たない足で歩こうとして倒れ 歩こうとして倒れてを繰り返しながらの徘徊がスタートした。

夫が外に連れ出し、暗闇の中を1時間ほど、家の周りをひたすら歩く歩く……
家に戻っても、ひたすら歩く歩く……

辛いのに、歩かざるを得ないのか?
取りつかれて歩かされているように見える。

ただ今回もしばらくしたらフードを食べた。
最初はいつもの半分を与え、徐々に追加していった。結局いつもの量に到達。
もちろん、脱水しないよう、水でふやかして。

そして今日も休むことがないまま、朝いちで病院へ。

かかりつけの病院は、緊急でない場合は番号を取って、順番が来たら電話連絡をくれるので、病院嫌いのろくすけを病院内で待たせることがなく、助かっている。

ただ優しい獣医の先生は、夜中まで診察されることも多くて、いつ寝てるのかと先生のことが心配になったりする。

 

f:id:masami_takasu:20190120124108j:plain

診察後にはやはり「てんかん」との診断で、抗てんかん薬を処方してもらった。
その名も『ゾニサミド』だ。
――ぞ・に・さ・み・ど。
――なんか、おどろおどろしい名。

上の写真がその『ゾニサミド』100mg 1日1錠(1/2×2回)

てんかん薬の中でも比較的副作用が少ないそうだが、しばらくは朦朧とするそうで、見守っておくようにとのことだった。

ろくすけの先生の方針は「薬は最小限に」とのこと。
先生、信頼しています!よろしくお願いします!

ワンちゃんによっては薬を飲んでもらうのが大変だったりするようだが、食いしん坊のろくすけは、フードの中に薬をしのばせておけば楽勝なので、本当に助かっている。

以前共に暮らしてたトイプードルは、上手にフードと薬を分けて残すし、口に入れようとすると暴れるしで、大変だった。
――可愛かったけど(^^)

帰宅後、ろくすけはフードに混ぜたゾニサミドを難なくペロリ。
そしてしばらくすると、足に全く力が入らなくなった。薬が効き始めたようだ。

体重16キロを持ち上げるようにしてハウスに連れていくと、やっと寝た。
今はとにかく睡眠をとって、疲れを癒してほしいと願う。

 

――突然の発作に驚いた(2/6)つづく――

作:きづ あすか
 

――次話――

――前話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この章の1話目です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。