犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【非再生性免疫介在性貧血】12月22日 チョコラッ、カビ判明 ~1年は過ぎたけれど(11/25)~【闘病記】@

チョコラッの闘病記

f:id:masami_takasu:20190103214010j:plain
撮影&文:らぶプー(本記事は2017年に執筆されたものです)

昨日、チョコラッの診察に行きました。
皮膚の培養結果と血液検査。

ショックなことに培養の結果、フケ&ハゲはカビでした。( i _ i )

前回、「これはまずカビじゃないですね」って先生言ったじゃーん!!

カビの素?は通常、空間に浮遊していて、元気な人や犬の皮膚にカビが悪さをすることはまず無いんだけど、チョコラッみたいに免疫が下がっている状態だと感染してしまうらしい。

飲み薬は、今飲んでる薬と飲み合わせが悪いらしく、塗り薬と薬用シャンプーが処方された。シャンプーは週2〜3回することに。

ティアラは健康だから感染しないと思うけど、2匹でくっついて寝てたりするので、念のため、ティアラも同じシャンプーで週1〜2回シャンプーする様に言われた。

空中に浮遊してるカビ菌と聞いて、「クレベリンとか置いた方が良いですか?」って聞いたら、「無菌状態にしないと意味がないので」と。
チョコラッの場合、クレベリン置いたらOKと言うものでは無いらしい。

でもね、幸いハゲ&フケはマシになってる。
先生が言うには「お風呂入って物理的にカビ菌が減ったんでしょうね」って。

幸い、チョコラッにカビの自覚症状は何もないみたい。カビって痒がらない子多いんだってさ。

血液検査は
PCV 24.65%

ほぼ変わらず。横這い。

同じお薬で3週間後に血液検査。
でも、もうこれ以上下がっていくとかなりマズイので、3週間の間に食欲不振等変わったことがあれば即病院へ。

セルセプト増やしたけど嘔吐下痢なし。
ただ怠そうにずっと寝てる。とにかく寝たがる。

「年のせいもありますかね?」って聞いたら
「10才はまだ寝てばかりの年ではない」と( i _ i )。

これがチョコラッ、年内最後の病院。
チョコラッ今年も頑張ったー!
年末年始、体調を崩しませんように。

いつも応援本当にありがとうございます
f:id:masami_takasu:20190103225343j:plain
ツツジと2ワン。 左ティアラ 右チョコラッ

 

f:id:masami_takasu:20190103225410j:plain

この日の翌日なのですが、我が家はフライング気味で、お家でクリスマスパーティーしましたぁ(о´∀`о)

今年はクリスマスペット写真に応募したくて――
f:id:masami_takasu:20190103225656j:plain
急遽、ワンズを仮装させることに!

でも、ワンコのサンタ服高くない??
この季節しか着られないし!
と散々迷って被り物だけ購入!!

チョコラッは被り物あまり嫌がらないので、ガッツリトナカイさん。
被り物大嫌いティアラは軽くサンタ帽だけ。

これは主人が撮ったから、割と前見てくれてるんだけど、
タイマーで家族揃って写真撮ると・・・まぁ、当たり前だけど、カメラ目線してくれなくて困った困った。(・_・;

一等賞の高級カメラは要らないから、Wチャンス賞のワンコお留守番福袋欲しいなぁ・・・。
お留守番見張りカメラ?とか入ってそう。

上の写真のケーキは、パティスリーモンシェールさん。
デコレーションのサンタさんは、スーパーで買ってきた飾り勝手に乗せてます(笑)
毎年ワンズがおこぼれのイチゴ楽しみにしてるから、ショートケーキしか買えないの。

ワンズのクリスマスディナーは先日買った鹿肉トッピングでした。

 

――【非再生性免疫介在性貧血】1年は過ぎたけれど(11/25)・つづく――

文:らぶプー

――次話――

――前話――

――この章の1話目です――

まとめ読み|チョコラッの闘病記 ⑪
この記事は、下記のまとめ読みでもご覧になれます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この連載の1話目です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。

© 2017 Peachy All rights reserved.