犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【癲癇|闘病記】8月26日 午後2時半 とうとう昼の発作! ~突然の発作に驚いた(4/6)~

ろくすけの闘病記:癲癇(てんかん)4話
f:id:masami_takasu:20190120140829j:plain

撮影&文|きづ あすか
 
当時を振り返り
初めての昼の発作。いよいよ24時間態勢かなと腹をくくる!(つもりが、なかなか腹はくくれない(-_-;))

 

――2015年8月26日 午後2時半――

初めての昼の発作。

たまたま傍にいたので気づくことができたのだ よかった。
深夜の発作と違い、静かな痙攣、静かな発作。

痙攣時間は1分半から2分弱と短め。
短かったし、吠えることもなく終わったのも初めて。
失禁もなくよだれだけ。

昼に発症したことがショックはあるが、幸いにも軽い発作だったので、動揺はなかった。

手を噛まれないように、首の後ろからクッションを入れて頭を高くする。
頭を高くすることは有効だと、噂で聞いたので早速試してみたのだ。
すると――、なんととくすけ、目が見えたようになり、立ち上がろうとする。

――よしこれ採用!

しかしながら、足自身の力はなくて立てない。
とにかく、これが徘徊の始まりのサインなので、急ぎサークルをセッティング。
徘徊は今までと違い、パワーもなく、時間も短くて、そのまま床に倒れこんでからウトウトし始めた。

 

f:id:masami_takasu:20190120144111j:plain

夕方5時になり病院へ電話。

今回は軽度であること、通常に戻りつつあることを伝えると、様子を見ることになった。
明日は病院が休みだが、何かあれば折り返し先生が連絡くれるとのこと
あぁ、ありがたい。

落ち着いてきたので、ろくすけをサークルから出してみると、水をがぶのみ。
ブロッコリーも食べた。

それご飯だ! はい完食!

食いしん坊はやはり、食いしん坊であり続けてほしい。
ただ、うんちもおしっこもしないので、今晩はおむつだな。
――と、思ったら、外に出すやいなや 大量のおしっこ。

うんちはしないけど、ま、いいか。
これで落ち着いて夜、寝てくれれば。

ところで、ろくすけの場合、全て睡眠中の発作であり、発作前の兆候というのはない。
というより 私も寝ている時間なので発作直前の様子はわからないのである。

ただ発作が起きるようになってからは、体をびくっびくっと震わせる、チックのような症状や、口をくちゃくちゃさせる(チューインガム発作とういらしい)動作が頻繁になった。

これがあったから即発作 というのはないのだけど
調子は良くないんだろうな

てんかんには特効薬がないのが悲しい。
でも病気と付き合っていくことで、ろくすけとの濃密な時間が増えたことは確かだ。

悪いことばかりではないのかな。

 

――突然の発作に驚いた(4/6)つづく――

作:きづあすか
 ▶きづあすか:作品一覧
  

――次話――

――前話――

 てんかんについて、もっと知るには

医学的な知識を交えて解説をしています。こちらもご覧ください。

まとめ読み|ろくすけの闘病記 ①
この記事は、下記のまとめ読みでもご覧になれます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この章の1話目です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。

© 2017 Peachy All rights reserved.