犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

自信をなくしたピーチーは…… ~警察犬の学校に行くということ(2/4)~【犬の躾とトレーニング 】

訓練士には訓練士なりの流儀がある
警察犬の学校に行くということ

撮影&文|高栖匡躬
 

ピーチーを学校にやってから、1か月が経ちました。
学校では1か月に1回だけ、愛犬への面会が許されています。
つまり――、遂に待ちに待った、面会の日がやって来たのです。

筆者と奥さんはソワソワと、指定された時間に警察犬の学校に向かいました。

そこはトレーナーさんの住居の敷地に、犬舎を併設した造りになっており、玄関で呼鈴を押すと、トレーナーさんの奥様が応対してくださいました。

「先ほど散歩に出たところです。お約束があるのは分かっていますから、10分程で帰ってくると思います」

そう言われた筆者と奥さんは、しばらく外をブラブラしながら待つことにしました。
周囲を散策していると、ずっと先の路地を横切る人影が見えました。犬を散歩しているようです。そして、ゼンマイ仕掛けの玩具のような歩き方をするその犬は、ピーチーにそっくりでした。

「ピーチーかな?」
筆者が言うと、「違うでしょう」と奥さんが答えました。チラと見ただけでしたが、その犬はピーチーよりずっと体も大きかったし、顔も面長でした。

 

時間を開けてから

筆者たちは奥様に言われたとおりに、10分ほどブラブラして時間を開け、もう一度学校に戻りました。玄関先にはまた奥様が出てくださいました。トレーナーさんは既に帰って来ているそうです。

居間に通されて、こたつに入って待っていると、やがてトレーナーさんが現れました。そうそうこのトレーナーさんですが、普段からの癖らしくて、時々「チッ」舌打ちをなさるので、筆者たちは親しみを込めて『チッチ先生』と呼んでいました。もちろん筆者と奥さんの二人だけでです。

筆者にとってトレーナさんは、チッチ先生と称した方が自然なので、これ以降は『チッチ先生』と書くことにします。

さて、居間に入ってきたチッチ先生ですが、その脇に犬を抱えていました。見慣れないブルテリアです。

「それは、ピーチーですか?」
筆者がおずおずと訊ねると、「そうですよ」とチッチ先生は事もなげに答えました。

そうです。ピーチーは僅か1ヶ月の間に、グーンとマズル(口まわりから鼻先)が伸びて、仔犬から立派なブルテリアの顔つきになっていたのです。やはり先ほど外で見かけたのは、ピーチーだったようです。

正直言って、これには少々戸惑いました。抱かせてもらっても、ピーチーとは違う、どこか別の子を抱いているようでした。

ピーチーの方はというと、ちゃんと筆者たちのことを覚えてくれていて、尻尾を振って応えてくれました。
――でも、それはほんの少しだけでした。

 

元気のないピーチー

ピーチーは元気がないというか、しょんぼりとして、なんだか自信を無くしているように見えました。顔を見てもすぐに目をそらしてしまいます。

これが、まさにその時のピーチーの写真です
元気のないピーチー

元気のないピーチー その2
なんだか元気がないでしょう?

「ピーチーの様子がおかしいのですが、大丈夫でしょうか?」
早速、筆者はチッチ先生に訊ねました。

チッチ先生は「問題ありません」と即答です。
そして続けてこう言いました。「最初は犬の人格(犬格?)を否定するほど徹底的にやるのでこうなるのです」

筆者は、徹底的にやるの、”やる”の中身が一体何なのかとても気になりました。
しかし、あまりにもチッチ先生が毅然としていて、自信満々に言うものですから、それが何を意味するのか、聞きそびれてしまいました。

チッチ先生はこうも言いました。
「家に帰ると、飼い主はどんなに厳しくしようとしても、自分の愛犬にはどうしても甘くなるものなので、ここでは厳しめに躾を入れるのです」

どうやらそれが、チッチ先生の流儀のようです。

以前に何かの本で、人間を洗脳するときのことを読んだことがあります。
そこには、施術者は被験者の脳を一旦白紙に戻してから、新しい情報を刷りこむのだと書かれていました。よくよく考えると、しつけとは言い方を変えたら、洗脳のようなものなのかもしれませんね。

 

ベトナム戦争の犬

そう言えば、知っていますか?

軍用犬って、パートナーである兵士の手からしか、ご飯を食べないんですよ。敵に毒を盛られないように、徹底的にしつけてあるんですね。

人間も犬も、命を賭けた戦場では、強いしつけ=強い絆なのですが、そのしつけが、仇になった例があります。

ベトナム戦争のとき、撤退するアメリカ軍は、軍用犬をその場に置いていきました。ヘリコプターには積載重量に限りがあるので、人間が優先されたんですね。

犬を置き去りにして戦場を去る兵士(軍用犬は、犬とパートナーが常に1対1です)は、自分のヘルメットにご飯をいれてやって犬に与えました。そして、犬がそれを食べている間に現場を去ったそうです。彼らはその後、犬たちがどうなるか分かっていて、泣きながら戦場を去っていったんです。

パートナーを失った軍用犬は、何も食べるものが無いので、飢え死にするしかないのですね。野犬になって小動物を狩ったり、やさしい現地の人間からご飯をもらうことも出来ないのですから。

強力な躾が入ったピーチー

この軍用犬のことを知って以来、筆者はいつか関東に大地震が来たら、ピーチーはどうなるのだろうかと考えていました。

うちのピーチーは、チッチ先生の教えの甲斐あって、絶対に盗み食いをしない、賢い子に育ちました。

――いや、絶対ではないな。訂正します。

14年の間に、10回ほどしか盗み食いをしたことが無い、割と賢い子になりました。
別の記事に書く予定ですが、後に癲癇(てんかん)の発作で、入っていたしつけがとれてしまった時にも、この盗み食いはしない決まりは、しっかりと守ったほどです。

もしも本当に大地震が起きて、筆者も奥さんも家に帰れなくなってしまったら、ピーチーは自分のハウスの上に置いてあるおやつを、「お腹すいたな~、美味しそうだな~」と思いながら、きっと飢え死にしてしまうのだと思います。

普段はこんな風に、
おやつはハウスの上に無造作に置いてありました
(透明の筒の中がおやつです)
ハウスの上にあるおやつ
見て分かる通り、簡単に開けられる容器です。
でも、ピーチーは一度もそれを、
自分で開けて食べたことがありませんでした

チッチ先生から、最高のトレーニングをしてもらって、ピーチーは本当に良い子になったけれど、この躾だけは、もうちょっと弱くても良かったんじゃないかなと、思ったものでした。

念のために言っておきますが、ピーチーは厳しくしつけられたけれど、チッチ先生のことが大好きで、チッチ先生の前ではいつも尻尾を振っていました。 

警察犬の学校を卒業してから、6年か7年たった頃の話です。
車でピーチーを連れて移動中に、偶然にも学校の近くを通り掛かったことがあり、折角だからと、懐かしい学校に寄らせてもらったことがありました。
その時、ピーチーはちゃんとチッチ先生を覚えていて、もう目に見えないくらいの凄い勢いで尻尾を振ってましたよ。

閑話休題――
こんな風にピーチーは、厳しいながらも愛情に溢れた、チッチ先生のトレーニングを受けていました。

学校に入れた後の飼い主の気持ちはというと――、正直言って寂しいです。
軽いペットロスみたいなものだと思います。
しかし、ピーチーのためだと思ってやってことですからね。

さて次回は、2回目の面会について書きましょう。
チッチ先生からは、色んなことを教わりました。

 

――警察犬の学校に行くということ(2/4)つづく――

文:高栖匡躬
 ▶プロフィール
 ▶ 作者の一言
 ▶ 高栖 匡躬:犬の記事 ご紹介
 ▶ 高栖 匡躬:猫の記事 ご紹介

――次話――

――前話――

 愛すべきブルテリアたち

うちの子がうちにくるまで(ブルテリア編)――

 
 

 

 新米飼い主の苦悩
 【うちの子がうちにきてすぐ】

 
シリーズの続編記事