犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【まとめ】テツへの手紙 ~大きな手と交わした、小さな約束~【オーストラリア犬、テツの一生】

11年前に君は来た
テツへの手紙

Review
カテゴリー:エッセイ
作者:テツのママ

子犬なのに大きな手。
テツは予想通りに、優しく逞しく育ち、いつも家族の中心に。
ですがテツは歳をとり、衰えが目立ってきます。
安らかな別れが家族の願い。
その願いは叶えられるのでしょうか?

愛犬への手紙で始まる、家族の愛情のお話です。

1話|はじめて君がうちにやってきたとき

オーストラリア犬のテツは、11年前にうちにやってきた。
子犬のくせに大きな手。
ママはそんなテツを、しっかり守ってあげなきゃと思ったの。

家族の愛情の中で、テツはスクスクと育っていきます。
大きな体のやさしい子。
テツと家族の物語。

2話|覚えている? 楽しかったね

幸せな日々。
優しくて、誰からも愛されるテツ。
しかし10歳を迎え、テツは衰えが目だってきます。
11歳、衰えは更に――
「テツが苦しんで最期を迎えるのは可哀想……」
――家族の葛藤の始まりでした。
生きるってどういいこと?
愛するってどういうこと?

3話|私達が決めたこと、そして君が決めたこと

3人で眠る夜。
ママは苦しそうなテツを、ただ撫でてやることしかできません。
心細そうに、何度も家族を確認するテツ。
やがて家族は、苦渋の決断をします。
――それはママが嫌だった、安楽死

病院に向かう朝。
もうそこから、奇跡が始まっていたのです。

4話|それからのこと、それからの想い

連載の最終話です。
テツがいなくなってから、不思議な事が起き始めます。
それは、テツからのメッセージ?

ママには少しだけ後悔のようなものがあって、そのことを思いながら、
テツに語りかけます。
「パパとママの子になって幸せでしたか?」

● 

あとがきにかえて

『テツへの手紙』いかがでしたか?
動物と飼い主の絆は目には見えませんが、別れの瞬間、我々は確かにそれがあるとことを実感します。経験をされた方は分かりますよね。

そして時がたち、我々は更に気付かされます。
別れた後も、その絆がずっと繋がっていることに。

本話は別れの話なのに、暖かくて優しくて、どっしりした安心感もあって――
そう、大型犬のテツそのもののように感じました。

エッセイの編集をしながら、作者のテツのママさんには、英語版の予告編のセリフも考えていただきました。最後にそれもご覧ください。

――高栖匡躬――

作:テツのママ
解説:高栖匡躬 

● 

英語版予告編

f:id:masami_takasu:20180930132954g:plain

 樫村慧コメンタリー版

まとめ読み|テツへの手紙・樫村慧コメンタリー版
この作品は、下記のまとめ読みでも読むことが出来ます。

 おすすめのまとめ読みです

ペットロスを考える

うちの子は、うちに来て幸せだったんだろうか?

肺がんの闘病記、看取りの記録

 おすすめの記事です

闘病記を読む意義とは?

愛犬との別れに、かける言葉

 

© 2017 Peachy All rights reserved.