犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【癲癇/腎不全】5月21日 ろくすけをおいて、ハイキングに行ってきた ~発作は続くよ(6/10)~

ろくすけの闘病記:癲癇/腎不全 12話
f:id:masami_takasu:20190311202142j:plain

撮影&文|きづ あすか
 
当時を振り返り
介護は介護者が元気でいることが一番大事!とは分かっていても目の前の愛おしい子を置いて外で楽しむなんて出来ないわっと思っていた私が楽しめた気分転換のお話です。
家族の余裕と笑顔は最高のサプリかもしれません。

 

――2016年5月21日――

今日も猛烈な暑さだ。5月は春ではないのか?
ろくすけの体調が崩れないか 心配で仕方がないのだが、ろくすけはそんな母ちゃんをよそに、今日も自分のごはんの時間、回数をすべて完璧に把握している。

腎不全が進行すると、ごはんや水の臭いをかいで止めてしまうのだそうだが、今のところはその気配もなし。
「あぁ、まだ大丈夫だ」
と、母ちゃんは毎度毎度、食欲の確認と安堵を繰り返している。

こんな風に、頭の中がろくすけだらけになっているものだから、無意識に自分の健康管理がおろそかになっているようで 常々父ちゃんから指摘を受けていた。

だから、この暑さなのにも関わらず、とうとう決行してしまったよ。
え、何をって?
ハイキングだよ。バイキングじゃないよ。ハ・イ・キ・ン・グ!

なぜこの暑い日にと思うかもしれないが、ちゃんと母ちゃんなりの理由がある。

「今日は明日より暑くないだろう」
そう予想したからだ。――アハ!

留守にできる時間は ろくすけのお昼ごはんとトイレ時間までの3時間ほどだ。
行く場所はもう決めてある。父ちゃんが一人遊びで何度となく歩いたハイキングコースが近くにあるのだ。

いざ行かん。思い切って!!

行ってきていいけど
お昼ごはんに遅れないようにね
f:id:masami_takasu:20190311202210j:plain
はい

というわけでちゃっちゃと到着。
自宅から車で僅か30分くらい。
近っ!

なんだこの久しぶりの清々しい感覚は
体中の毛穴を広げて新緑が放つパワーをすべて取り込みたい!
鳥の歌声が響いている バードウォッチングもできるぞ。
ほーほけきょ なんて5重奏くらいで聞こえてくる 気持いいっ。

ひょーーー 森林浴~~
f:id:masami_takasu:20190311202536j:plain

運動皆無のだらけた体にちょうど良い、1時間ちょっとのウォーキング。
こんなお手軽に行けるコースがあるなら、これから定期的に来ようかな。
ろくすけが待っていてくれる間は。

だからごはんだって
f:id:masami_takasu:20190311204333j:plain

――そして3日後のこと――

暑い日が続いている。
もう一度カレンダーを確認――、5月だよね、そうまだ5月。
すでに蚊の洗礼を受けた私は 早速体中に虫よけをぬりぬり。
(と書くと余裕の構えに読めるが 結構騒いだ)

負けるもんかとばかり、寝ようとしていたろくすけを出し抜き、ハウスの虫干しを決行した。

可哀想なろくすけ、しばし待て。
寝心地良いベッドにして返してやる。

f:id:masami_takasu:20190311204739j:plain

こりゃ、見ているだけで気持ちよいではないか!!

左のマットは褥瘡(床ずれ)防止用のもの。
よくわからんけど ハニカム構造だとか。は・に・か・む なんか頼りなそう……

いえいえ そんなことござんせん。
すでに亡くなった父が病床時に、このはにかむを使用したのだが、出来ていた褥瘡が治りました。はい。

ろくすけは寝たきりではないけれど ほとんどの時間寝ているので、数年前からこれを愛用している。これからの季節は大活躍してくれるのだ

ハニカムマットの商品説明はこちらでどうぞ(ろくすけ愛用は別商品です)

そんな能書きはいいから
早くベッド返してください

f:id:masami_takasu:20190311205358j:plain

 

――発作は続くよ(6/10)つづく―

作:きづあすか
 ▶きづあすか:作品一覧
  

――次話――

――前話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この章の1話目です――

――この連載の1話目です――

 てんかんについて、もっと知るには

医学的な知識を交えて解説をしています。こちらもご覧ください。

 

 こちらの記事もどうぞ

  出典

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。

 

© 2017 Peachy All rights reserved.