犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【熱中症】気を付けて、ペットの熱中症 ~おかしいと感じたら、すぐに病院へ~

こちら、オタ福診療所(仮) 
今回は:ペットの熱中症です。
ペットの熱中症

文|オタ福
 
はじめに
こんにちは、オタ福です。
だんだんと気温が上がってくるこの時期、太陽サンサン天気が良い日は愛犬と外にお散歩する。そんな飼い主さんは多いのではないでしょうか?
お天気サンサン楽しいお散歩を急に暗転させる疾患があります。それは『熱中症』です。
元気にはしゃぐワンちゃんほど、気をつけなければなりません。今回はそんな熱中症のお話しです。
 
【目次】 

初夏ですね。熱中症に気を付けていらっしゃいますか?

もうそんな季節ですか?

犬は運動すると急激に体温が上がりますからね。もう今位から熱中症は増えてきます。

そういえばしばらく前に、近所のワンコが夕方の涼しい時間に散歩したのに、熱中症で亡くなりました。

犬は遊びに夢中になるんです。ぜひ飼い主さんの方で気を付けてあげてください。熱中症は命に関わりますからね。

 熱中症を起こす原因、高体温症とは

病気の説明

熱中症を引き起こす主となる原因は動物の体温の上昇です。動物の過度な体温上昇を『高体温症』と言います。
高体温症の定義とは、

『過度な運動や高温な環境にいた際、体温が重度に上昇(40.5~43℃)すること』

とされています。

炎天下でボール遊びなどをやっていると、知らず知らずのうちに体温が上がっている可能性があります。

 

 高体温症が起こる理由

病気の説明

犬は体温をどうやって調節しているのか

高体温症が起こる理由を理解するには、体温の調節機構を知っておく必要があります。

体温の調節は視床下部の体温調節中枢と呼ばれる部位で調節しています。この体温調節中枢が体温の上昇や低下を確認し、37~38℃付近で体温を保とうと体のあらゆる部位へ指令を出します。

この指令を受けると…

「体温を下げなさい!」と指令を受けた筋肉は呼吸筋を大きく動かし、パンティングを行います。同じく指令を受けた血管は体表の毛細血管を拡張させ、熱放散に努めます。人の場合は汗もかきますね。動物の体表には汗腺が少ないので、汗はあまり体温を下げるのに役立ちませんが。

パンティングの役割

パンティングとは「ハァーハァー」と舌を出し、体全体で呼吸をする方法です。パンティングを行うことで冷たい空気を肺の中に取り込み、気化熱を利用して体を冷やしています。

体表血管からの熱放散

体温の上昇を感じると熱を下げるために、体表の血管は拡張し、熱を体の表面から逃して行きます。

高体温症が起こる状況

高体温症が起こる状況はこれらパンティングや体表からの熱放散などの体温調節に必要な行動が効率よく機能しない場合です。

先ほども説明しましたが、パンティングでは気化熱による冷却を行っています。体の水分をうまく蒸発させることができない環境すなわち、『湿度が高い時』がパンティングの効率を下げてしまいます。そのほかにもそもそも呼吸がしにくい環境ではパンティングの効率は下がります。

体表からの熱放散では『気温が高い』『皮下脂肪が厚い』などの状況が熱放散の効率を下げ、高体温症へと進行して行きます。

高体温症になる状況まとめ
・気温・湿度が高い
・呼吸がうまくできない犬種
・呼吸器疾患をもつ犬
・肥満犬

 

 熱中症になっている犬の症状

病気の説明

熱中症になると心拍数の上昇、循環血液量の低下により低血圧になります。低血圧はとことん進行して行き、最終的には酸欠になって、臓器を維持することができなくなって行きます。

熱中症の初期症状としては人間でもそうですが、冷たい場所を探し、水を欲しがります。この段階で回復すれば、ただの疲れで済まされるレベルなのですが、進行すると体の異常が目に見えて現れます。

具体的な症状は

熱中症が進行すると、次のような症状が現れます。

・過剰なパンティング
・倒れこむ
・嘔吐
・運動失調
・唾液分泌過多
・発作
・下痢

この段階にくると明らかに犬の顔つきや仕草がおかしくなるので、異常に気づくを思います。

 

 熱中症だと感じたら

病気の説明

遊び終わった犬で、意識が朦朧としていることに気づいた場合は早急に体を冷やしてあげましょう。まずは日陰や涼しい場所へ移動させ、直射日光を避けてください。
そして氷袋や保冷剤を脇の下や内股へ入れて効率よく熱を下げてください。

高体温症の症状が見られてから30~60分以内に体を冷やし始めた場合、致死率が有意に下がるという報告があります。

そして状態が落ち着いたら安心せず、動物病院へ連れて行きましょう。
意識がない場合は自力で水分を補給することができず、低血圧が持続している可能性があります。動物病院で点滴をしてもらうことが大切です。

ちなみに熱中症発症後90分以内に動物病院へついて行くとこれもまた死亡率を大きく下げることができるというデータがあります。

 

 熱中症は、ある日突然起きるのです

病気の説明

これは先日、2018年5月3日の、ある飼い主さんのツイートです。
こんな風に、熱中症は突然にやってきます。

飼い主さんからのコメントです

あの日は晴れて、涼しい朝の風が心地よい朝でした。ニンゲンが暑さを感じる気温ではありませんでしたが、日差しは強いなという感じでした。

午前9時に、地元で行われた自転車のツーリング大会の応援に、散歩の途中につゆ・ひろ(2匹とも愛犬のブルテリア)と沿道にいました。

地面はアスファルト。ちょっと暑い気もしましたが、ハァハァすることもなかったので、10分ほど応援することに。 ひろがハァハァし出したので、すぐ近くの我が家に戻りました。さんぽで軽くハァハァすることは割とよくあり、とくにいつもと変わらない様子だったのですが、駐車場で大量に嘔吐。急いで部屋に連れ帰りました。

部屋に戻っても落ち着かないようで、ウロウロしては嘔吐。胃液を嘔吐し、これは熱中症だと思い、すぐに風呂場で常温より少しぬるめの水をかけ、扇風機で冷やしました。嘔吐が止まったので、すぐにかかりつけ医へ行きました。

バイタルサインは落ち着いており、冷やしすぎたのか直腸温が下がっていたので、涼しめの部屋で復温して回復しました。 今回は点滴を必要とするところまでは悪化しませんでしたが、これまでも同じような状況で外に出ていたことは何度もありました。

熱中症は突然起こるので、やはり、常に頭に入れておかなければならないと思いました。

 

 最後に

大事なこと

今回は熱中症についてお話ししました。

熱中症で一番大切なのは『スピード』です。
いち早く犬の異常に気づき、熱中症が起こっているかもしれないと認識すること。そして、日陰に移動させ、水分補給をしてあげる。意識朦朧としていて水が飲める状態でないなら、保冷剤を脇の下や内股に入れ冷やして下さい。

状態が落ちいても、安心せず、必ず動物病院へ連れて行って下さい。

熱中症は体温が上がっている、脱水状態といった単純な病気ではなく、臓器障害なども起こってしまう病気です。過度な心配だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、状態が安定しても一度病院で異常がないかをチェックしておいて損はないと思います。

本記事の参考書籍

【下記の文献を参考にしました】
Stephen J. Ettinger ; Edward C. Feldman ; Etienne Cote : Textbook of veterinary internal medicine. 8th ed., ELSEVIER, 2017, 562-566p

『オタ福の語り部屋』について

『オタ福の語り部屋』では、獣医さんではなかなか聞けない病気の解説をしています。医学資料では理解が難しいことや、資料が見つけにくいことを解説していますのでご参考になさってください。

 

――こちら、オタ福診療所(仮)つづく――

文:オタ福
 ▶ 作者の一言
 ▶ オタ福:犬の記事 ご紹介
 ▶ オタ福:猫の記事 ご紹介
  

本サイトは、Teitterで毎日情報配信をしています。
※Teitterに登録しなくても読むことができます。 ツイッターマガジンへ

――次話――

――前話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――連載の1話目です――

 同じ作者の記事です

 犬の食事に関する記事です

偏食と食べムラ、どうやって対応していますか?
偏食・食べムラ ガイドブック①

偏食・食べムラ ガイドブック②

 

© 2017 Peachy All rights reserved.