犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【まとめ】チョコラッの闘病記 ⑥ ~1年生存率5割って(1/4)~【非再生性免疫介在性貧血】

非再生性免疫介在性貧血:
1年生存率5割って 26話~30話
f:id:masami_takasu:20181222081559j:plain

Review
カテゴリー:闘病記
作者:らぶプー

『非再生性免疫介在性貧血』を発症した、チョコラッの闘病記です。
本シリーズは、病気の発症後半年後から始まり、1年までを記した全22話。
本記事は本章1話~5話のまとめ読みです。

――概要――
愛犬チョコラッの闘病は、飼い主に何の知識も無い状態でスタートしました。
難病であることが分かりましたが、最初のうちは、医師の口から出るのは初めて聞く言葉ばかり。

知識がだんだんと蓄積されると、ある程度先が見通せるようになってきます。
それは――、訳も分からず翻弄された時期とは違う葛藤を、飼い主にもたらします。
先の見えない不安から、先が見えることでの不安に変わっていくのです。

チョコラッの1年生存率は5割。
時間を見据えた、新しい闘病が始まったのです。

【目次】

 5月6日 ~ 5月24日

26話(1/22)| 5月6日|チョコラッ血液検査芳しくない……

今日から新シリーズです。
血液検査の結果は良くない。薬の効果がなかなか安定しない。
有効成分の血中濃度と効果はまた別だし、医師もまだ正確な判断が出来ない。
体調が良いのは救いなのだけれど……
頭の中を、不安がグルグル回る。

27話(2/22)| 5月7日|チョコラッの病気について・輸血とは

免疫系の貧血は、免疫介在性溶血性貧血と、非再生性免疫介在性貧血に別れています。
前者は赤血球を自分の免疫が壊してしまう病気。
後者は赤血球が作りだせなくなる病気。
両方難病だけれど、後者の方が症例が少なくいために、対応が難しいんです。

28話(3/22)| 5月13日|大学病院には行けないけれど……

血液検査の数値は横這い。ほっとする飼い主。
しかし、難病だけにもしもの時が心配です。
悪化したときにどうするか?
大学病院には毎週は通えない。
――そう、専門科も先端医療も、通える場所になければ意味が無い。
医療の地域格差を思うのでした。

29話(4/22)| 5月19日|チョコラッ元気です

状態が安定しているチョコラッ。
前日は久し振りに、雷でパニック状態に。
チョコラッは雷が大嫌い。
最近は平気になったと思っていたけれど、貧血が酷くてしんどかっただけなのだと気付く飼い主。
嫌いなものでの大騒ぎも、元気な証拠なのかあ。

30話(5/22)| 5月24日|チョコラッまずまず良好

このところ体調の良さそうなこを証明するように、血液検査の結果は良好です。
基準値には満たないものの、一度赤血球の値の急降下を経験しているだけに、横ばいが有り難く思えてくる。
ペットの闘病をするときって、こんな気持ちになるものですね。

【予告】『チョコラッの闘病記』

――公開に先立って配信した予告です――
明日から第4クールを配信します。
チョコラッの病気は「非再生性免疫介在性貧血」で、1年生存率は50%。
ですが――
発症から間もなく2年。今もチョコラは闘っています。
記事は闘病を、過去に遡って追いかけます。
どうか応援をお願いします。

f:id:masami_takasu:20181009112947g:plain

ここまでの闘病の経過 

病気の発覚から病名が分かるまで
2016年10月25日~11月2日

本当の確定診断まで
2016年11月5日~11月24日

先の見えない、はじめの半年
2016年12月14日~2017年4月23日

1年生存率5割って
2016年5月6日~

――次のまとめ読み⑦に続きます――

作:らぶプー
 ▶らぶプー:他の作品一覧
解説:高栖匡躬 

――次回のまとめよみ――

――前回のまとめよみ――

自己免疫不全関連記事

【自己免疫不全】(全3話)

【劇症肝炎】【自己免疫不全】(全18話)

【ステロイド】【減薬】(全3話)

 自己免疫不全をもっと知るために

自己免疫不全は自己免疫疾患とも呼ばれ、非再生性免疫介在性貧血の原因になっているものです。下記はその関連記事です。

【自己免疫不全】(全3話)

自分の免疫が、自分を攻撃してしまうのが、自己免疫不全です。
実は色々な疾患の原因になっていると思われます。
通院してもなかなか治らない病気は、もしかすると自己免疫不全が隠れているかもしれませんよ。

【劇症肝炎】【自己免疫不全】(全18話)

自己免疫不全が原因で起きる病気は、非再生性免疫介在性貧血だけではありません。一番ポピュラーな病気はリュウマチです。
この記事は、自己免疫不全によって引き起こされた劇症肝炎の闘病記です。

【ステロイド】【減薬】(全3話)

自己免疫不全の治療で用いられるステロイド剤についての記事です。
情報が少なく、獣医師も正確に把握しているわけではありません。

 おすすめのまとめ読みです

偏食・食べムラ ガイドブック(全3話)

闘病、介護の時期、終末期には、偏食と食べムラは必ず発生するものです。

闘病は、考え方次第で気持ちが楽になる

 

© 2017 Peachy All rights reserved.