犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【非再生性免疫介在性貧血】7月14日 人間年齢60歳で、老犬アルバムに登場 ~2年生存を目指して(11/19)~【闘病記】

チョコラッの闘病記 非再生性免疫介在性貧血
非再生性免疫介在性貧血 闘病記

撮影&文:らぶプー(本記事は2018年に執筆されたものです)
 
この闘病記は

本記事は長期連載の1部。そしてチョコラッは3年目(2019年6月)を迎えて生存中です。
難病であっても希望を持ち続けたいと願う、飼い主の思いで書かれた闘病記です。
初回記事はこちらです。チョコラッの闘病記 1話

こんな方へ:
ペットに貧血の症状が現れ改善しない|非再生性免疫介在性貧血と診断された|治る見込みは?|治療法は?|どんな闘病になるのか心配|免疫系疾患の難しさを実感している|経験者の体験談が聞きたい

 7月14日 車椅子のエッセイと老犬アルバム

ブログを通してお知り合いになった方に、ピーチーパパさんという方がいらっしゃいます。ピーチーパパさんは、色んな方のワンちゃんのお話をネット上に、云わば1冊の本の様に、分かりやすく纏めていらっしゃいます。

それが、Withdog『犬を飼うということ』です。

このサイトにはチョコラッも、非再生性免疫介在性貧血の闘病記 や、エッセイも載せて頂いています。

最近の記事ではこちらです。

今回、そのサイトで『老犬アルバム』を作るとのこと。チョコラッもお声をかけて頂き、早速お写真探しました。

笑ってるのが良いなぁ――と、探し出したのが扉のお写真。
かなり最近のショットです。

お写真探してて気がついたんですが、最近のチョコラッはよく笑っている。
逆に、貧血が酷かったときは、とてもしんどそうな表情の写真しかない(T_T)

ずっと笑顔でいようね、チョコラッ♡

いつもは、お写真に薄い茶色のフィルターかけて、白髪が目立たなくしてるの(苦笑)

でも、今回は老犬アルバムだから、敢えてフィルターなしで^ - ^
プレドニンの副作用で普通の11才の子より白髪だらけ。

でも、病気持ちでも元気だよね^ - ^

 

 チョコラッの人間年齢

チョコラッ、老犬アルバム

で、老犬アルバム(上がそのカード)に掲載するにあたって、人間年齢を算出してもらったんです。

そしたらチョコラッ60才だって!
思ってたより若い!

よく病院に年齢早見表みたいなのが貼ってあるけど、あれって実は小型犬と大型犬では全然違う。だから、詳しい年齢って知らなかったの。

まだまだ長生き出来るな、チョコラッ^ - ^

 

 チョコラッの呼び名は?

そういえば病院の先生はチョコラッを
「チョコラッさん」って、さん付けで呼ぶ。
ティアラは「ティーちゃん」って呼ぶのに。
何でだろう??

確かに私は「チョコラッさん」って呼ぶこと多いけど、
さすがに病院の先生の前では、自分の子を「さん」付けでは呼んでないつもりだったけど・・
実は「チョコラッさん」って自分でも知らずに病院でも呼んでたかな?(・_・;

因みに主人はワンズにあだ名を付けていて、
チョコラッは「眠り姫」 よく寝る子だからね。
ティアラは「リトル デストロイヤー」(笑)
なんでも破壊しちゃうからね。
一番の被害は買った翌日にやられた眼鏡だな・・。
まぁ置き忘れた自分が悪いんだけど(・_・;

眠り姫、チョコラッ

舌の色に注目!
かなり正常に近く赤くなってきた!

リトル・デストロイヤー、ティアラ

右のチョコラッの舌、赤いよね??
貧血改善╰(*´︶`*)╯♡

次回の血液検査は期待出来るかな?

 

――2年生存を目指して(11/20)・つづく――

文:らぶプー
  ▶らぶプー:他の作品一覧

――次話――

――前話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この章の1話目です――

チョコラッの体に黒いシミを発見。痒みもなさそう。毛も抜けないけど――
病院に連れて行くべきなのか?
大病を抱えていると、一々、気になることばかり。

――この連載の1話目です――

『非再生性免疫介在性貧血』の闘病記。
最初は貧血の症状があるだけで、病名さえも知らない飼い主でした。

 ペットの闘病を考える記事です。 
 テーマ:視点の変化で闘病は変わる

 

 出典

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。

 

© 2017 Peachy All rights reserved.