犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【まとめ】うちの子がうちにくるまで ⑤ ~覚えていますか? あの日の思い~【一戸建ての夢】

【犬版】うちの子がうちにくるまで (No.19~21)
f:id:masami_takasu:20180629130653g:plain

Review
カテゴリー:エッセイ
作者:オムニバス

 犬や猫を飼うとき、必ず思う事がありますね。
「うちで飼えるかな?」
「きちんと世話が出来るかな?」
「最期まで面倒をみてあげられるかな?」
「別れは寂しいだろうな?」

『うちの子がうちにくるまで』はそんな初々しい時を、飼い主自身が振り返り、自分の言葉で綴ったエッセイです。

もう一度思い出してみませんか? あの頃のこと。
愛犬や愛猫が、もっと可愛くなるはずです。

まとめ読みの5作目です。

【目次】

 No.19 ~ No.21

No.19|自然に消えたわたしの迷い

犬の名前:ここあ
犬種:ミニチュア・ダックスフント
飼主:はなここ

f:id:masami_takasu:20171105153820j:plain

はなここさんのお宅に、2匹目の愛犬ここあを迎えるお話。
多頭飼いの2匹目は、1匹目とは違う理由と葛藤がありますね。

わが家は、結局2匹目を迎えられなかったけれど、その時がきていたら、きっと同じように考えたのだろうなと思います。

No.20-1|振り返れば偶然は必然の一部

犬の名前:ピーチー
犬種:ミニチュア・ブルテリア
飼主:高栖匡躬 ・ピーチーパパ

f:id:masami_takasu:20171103111542j:plain

我が家に愛犬ピーチーが来た時のお話です。
もう17年も前のこと。でも、つい昨日のような――

それは、ひょんなことことで、 わが家が、マンションを手に入れたところから始まりました。
それって偶然?
いえいえ、必然! 今振り返ると。

No.20-2|運命の電話は突然に

犬の名前:ピーチー
犬種:ミニチュア・ブルテリア
飼主:高栖匡躬 ・ピーチーパパ

f:id:masami_takasu:20171103112624j:plain

犬を飼えるぞ! となっても、そう簡単ではありません。
面倒を見られるかな?
犬の寿命ってどれくらい?
別れは寂しいだろうな……

意外にハードルは高いのです。 しかも我が家は、 ブルテリアで――
アイパンチで――
男の子――
という条件付き――

No.20-3|心の準備もできないままに

犬の名前:ピーチー
犬種:ミニチュア・ブルテリア
飼主:高栖匡躬 ・ピーチーパパ

f:id:masami_takasu:20171103114439j:plain

ペットショップには、心を決めてから行ったのではありません。
ただ、どんな子なのかを見たかっただけ。

しかし、その子は、想像を遥かに上回る可愛さで――
一生懸命に、尻尾を振って――
「この子にします」
それは、家族が増えた瞬間でした。

No.21|[ただであげます]張り紙をされた犬

犬の名前:ちょび
犬種:ミックス
飼主:Chobi

f:id:masami_takasu:20180616203059j:plain

猫の『おいで』を供養した日、作者がペットショップに立ち寄ると、
そこには[ただであげます]と張り紙された犬がいました。
その犬はその日、家族になりました。
そして作者は一大決心。
「家を買おう!」

本話は、猫の『おいで』の話の続編です―― 

仕事の帰り道。毎日のように作者のあとをついてきた猫がいました。
猫の『おいで』のお話はこちらです。

本サイトは、Teitterで毎日情報配信をしています。
※Teitterに登録しなくても読むことができます。 ツイッターマガジンへ

――うちの子がうちにくるまで・次のまとめ読み――

次回は22話~26話のまとめ読みです。
22話は出張先で、血統書付きで捨てられていたコーギーと出会ったお話。
後で気になって見に行くと、その子はもう保健所に。
「飼い主探します!」と、思わず一言!
その他4話。

――うちの子がうちにくるまで・前のまとめ読み――

次回は第16~20話。
16話は念願の一戸建てを手に入れて、犬を飼う家族のお話。
多頭飼いでは、先輩犬が後輩犬を教育するんだよ。その他4話。

――うちの子がうちにくるまで・最初のまとめ読み――

第1~5話のまとめ読みです。
1話は、いつかワンを飼いたいと思っていた女性が、おもろい顔した変テコな犬を飼うまでのお話。
その他4話。合計7匹の犬のうちにくるまでです。

――猫版、うちの子がうちにくるまで――

猫版の『うちの子がうちにくるまで』です。

はじめての犬、はじめての猫
覚えていますか? 愛犬や愛猫を家に迎えた時の事を?

おすすめのまとめ読みです

突然愛犬に起きた変調は、看取りのときへのプロローグでした。

ペットと飼い主の関係で良く持ち出される『虹の橋』と『犬の十戒』を解説しました。犬や猫は天国にいけるかどうかを考えた『犬猫の天国』と共に。

 

© 2017 Peachy All rights reserved.