犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【震えていた子犬】トイプー専門店に1匹だけいたチワマル ~くぅーたんがうちに来るまで~

うちの子がうちにくるまで|No.49
うちの子がうちにくるまで_犬

撮影&文|くぅーたんママ
 
今日のお話は

くぅーたんは作者にとって、2匹目のワンコ。
先代犬を亡くしてペットロスだった作者は、たまたま娘さんと出かけた夏祭りで、トイプードル専門店を見つけました。
大きなサークルの中には一匹だけ、ブルブルと震えている見たことのない犬種の子がいました。
「抱っこして良いですか?」
そう娘さんが訊ねました。

こんな方に:
チワマルを飼ってみたい|チワマルってどんな犬?|今まで犬を飼ったことがない|初めて飼うのが不安|皆さんどうやって飼うのを決めるの?|経験者の話が聞きたい

 

今日は我が家の愛犬、チワマルのくぅーたんのお話をさせてください。
皆さんは、チワマルはご存知ですか? 
チワワとマルチーズから生まれた子です。分類するとしたらMIX犬なのですが、専門のブリーダーさんがいるほど人気のある犬種です。

くぅーたんは我が家にとって、2匹目のワンコになります。
以前はシーズ犬を飼っていました。名前はBeちゃんという男の子で、やんちゃで人間が大好きな子でした。

Beちゃんが亡くなったのは、もう20年位前のこと。当時うちの娘ちゃんは、小学校6年生で12歳でした。

私は大好きだったBeちゃんを亡くして、ペットロスになりました。
犬のいない生活はとても寂しくて――
しかし、私はまた悲しい思いするのが嫌だったので、直ぐには次の子と言う気にはなりませんでした。

 

――2年が過ぎた、2006年――

娘ちゃんは14歳の中学生になっていて、私もその頃には、よううやくBeちゃんのことが良い思い出になってきていました。

そして、それはその年の、暑い真夏の夜のことでした。
確かあれは19時くらいだったでしょうか――

わたしたちは母娘で夏祭りにでかけました。それは大きな団地の商店街が、毎年催しているもので、露店が沢山出ていて、盆踊りもやっていて、いつも大勢の人出で賑わいます。

二人はかき氷を食べて、お祭りを見て歩いていたのですが、その最中にたまたまペットショップを見つけました。トイプードルの専門店です。

「中を覗いてみたい」
と、娘ちゃんが言いました。

娘ちゃんは、以前からワンちゃんが飼いたいと言っていたのですが、ずっとペットロスだった私がどうにも気が進まずで、「いつかね」と言いながら、ずっと先延ばしにしていました。

「トイプードルか――」
実は私もちょっと心が動きました。Beちゃんの痛手を乗り越えられたなら、いつかトイプードルが飼いたいなと、内心で密かに考えていたからです。

お店に入ってみると、そこは良くイメージするようなペットショップと違い、ショーケースが無くて、大きなサークルが1つあるだけでした。そしてそのサークルの中には、20匹ほどのトイプードルがいました。まさにトイプードル専門店です。

私はすぐに、可愛いトイプードルたちに目を奪われてしまいました。そして仔犬たちのしぐさに見入っていると、横にいた娘ちゃんが、「ママ」と私に声を掛けてきました。娘ちゃんが指さす先を見ると、そこにはトイプードルとは違う犬種がいて、サークルの端で震えています。

その佇まいがあまりにも弱々しいものでしたので、私は「この子は身体が弱い子なんだ」と思いました。

お店の方によれば、その子はチワマルという犬種で、生後2ヶ月。私はこの時、初めてチワマルを知りました。ついでに、雑種犬をMIX犬とも言うのだということも、この時初めて知りました。

そのチワマルは、知り合いのブリーダーさんのところで売れ残ってしまって、頼みこまれて引き受けたのだそうです。

 

「抱っこして良いですか?」
と娘ちゃんが訊きくと、「どうぞサークルの中に入って抱っこして下さい」と言われました。そこで娘ちゃんはサークルの中に入って、その子を端っこから連れて、抱っこしてあげました。

そこで不思議なことが起きました。
あれほど震えていたその仔犬が、娘ちゃんが抱っこしたとたんに、ピタリと震えが止まったのです。

娘ちゃんはその子を抱っこしたまま離そうとせず、やがて「この子はうちの子になりたがってるから家に連れて帰る」と言いだしました。どうやら一目惚れしてしまったようでした。

娘ちゃんは、私にも抱っこしてみろと、その仔犬を差し出しました。
私もその子を抱いてみました。
その毛はフワフワしてて、見た目以上に体は小さくて華奢な感じです。

その子は、私の手の中でも震えませんでした。そして私の目をジッと見ていて、まるで「僕を連れてって」と言ってるように感じました。

私もまた、その子に一目ぼれをしてしまったのかもしれません。
すぐ目の前のサークルには、いつかは飼おうと思っていたトイプードルが20匹もいるというのに、私も娘ちゃんと同じように、「この子!」と思ってしまったのです。

「一生ちゃんと面倒みれるなら良いよ」
と、私は娘ちゃんに言いました。それは私自身への問いかけでもありました。
娘ちゃんは「絶対に私が面倒見るから、お願いだからうちの子にしてあげたい」と答えました。

 

娘ちゃんの意思を確認した私は、すぐにその場で決断し、その子を我が家に迎えることにしました。娘ちゃんはもう大喜びです。

その子は、ケーキを入れるような、取っ手の付いた小さな箱に入れられて、私たちに差し出されました。箱を抱えた娘ちゃんは、もうお祭りなんかそっちのけです。
私たちは、直ぐに家路につきました。

娘ちゃんは家に着くまで、仔犬がちゃんと息をしているのか心配で、ちょこちょこ箱を開けて覗きこんでいました。

その日まで、私たちは犬を飼うなんて思っていませんでしたから、犬を飼う用意なんて何もしていません。サークルもバリケンなど、Beちゃんが使っていたものは、全て弟夫婦に譲ってしまって残っていませんし、買いに行こうにももう夜です。この日は諦めて、翌日に買い揃えることにしました。

 

仔犬の名前は、くぅーたんになりました。
最初は娘ちゃんが、漢字一文字にしたいといって、空と書いて”くぅ” と名付けたのですが、私がいつもくぅーたんと呼ぶのでそれに慣れてしまって、いつのまにか愛称のはずのくぅーたんが、名前のようになってしまいました。

そのくぅーたんですが、家に着いてから直ぐに箱から出してあげたのに、何故か部屋の隅っこに行ってしまいました。ペットショップでの居場所が癖になっていたのかもしれません。何度も何度も隅っこから連れて来て、フワフワの大きなクッションの上に乗せてあげるのですが、また部屋の隅っこに行ってしまうのです。

仕方がないので、その日は私と娘ちゃんが交互に、朝までくうーたんの事を見てました。
結局、くぅーたんが慣れるのには、4日間位掛かってしまいました。

 

その後のくぅーたんですが、娘ちゃんは学校があるし、くぅーたんに掛かる費用を稼ぐ為のアルバイトもしてくれていたので、くぅーたんのお世話は、結局私がする事になりました。離乳食も私が作って、食べさせました。

14年間もそれが続いたものですから、くぅーたんは今では私が居ないと、ご飯もおやつも食べなくなってしまいました。私がトイレに入ると中まで付いて来るし、お風呂に入ると、お風呂場の前で待っています。私がなかなか出てこないと「くぅ〜wくぅ〜w」と泣いて、私のベットの上で戻ってくるのを待っています。

娘ちゃんは焼きもちを妬いていて、「結局ママがくぅーたんのお世話してたから、仕方ないのかなぁー」と寂しそうです。

最後にくぅーたんの名前のことで、もう一つ付け加えておきます。

最近になって初めて知ったのですが、娘ちゃんがくぅーたんを、空と名付けたのには、実は深い理由があったのです。
「ママがいつの間にか、くぅーたんと呼ぶようになってしまったんだけど、本当はね……」
と言いながら、空の由来を教えてくれました。

娘ちゃんは、くぅーたんが将来虹の橋に行っても、空を見たら何時でもくぅーたんと一緒に居られるからと、願いを込めて空と名付けたのだそうです。

私はその話を娘ちゃんから聞いて、ビックリしてしまいました。
娘ちゃんはくぅーたんを迎える時に、「絶対に私が面倒見るから」と言ったけれど、そんな事まで考えてくれていたのですね。

思わず、涙してしまいました。

 

私は、くぅーたんをうちの子に迎えて、本当に良かったと思っています。

あんなに弱々しい仔犬だったのに、今では14歳の老犬さん。
こんなに長生きしてくれるなんて想像も付きませんでした。

くぅーたんは、我が家にとって家族の癒しです。
これからもくぅーたんを全力で守って、ずっとずっーと一緒に居られる様に頑張ります。

大切に大切なくぅーたん。
これからもずっとずっーと一緒だよ。

 

――くぅーたんがうちにくるまで|おしまい――

うちの子がうちにくるまで|No.49
犬の名前:くぅーたん
犬種:チワマル
飼主:くぅーたんママ
 
うちの子がうちにくるまで、とは
愛犬を家に迎えるまでの葛藤を、飼い主自身が、自分の言葉で綴ったエッセイです。
こんな効果もあります:愛犬、愛猫を今すぐ100倍可愛くできる、最も簡単な方法
 
犬や猫と暮らすあなたへ

『うちで飼えるかな?』
『きちんと面倒を見られるかな?』

犬や猫を、”はじめて”飼う時、ほとんどの方はこう思ったことでしょう。
平均年齢でいえば、15年も生きる小さな命を預かるのだから当然ですね。
我々はそこで大きな決心をし、葛藤を乗り越えたからこそ、今、犬や猫と暮らしています。

どうかその思いを、忘れないでください。
その時の思いがあれば、我々はどんな時でも犬や猫と暮らしていけます。

【飼えるかなより

――うちの子がうちにくるまで・次話――

出会いは突然でした。
1年前に飼い始めたぶん太で、トイプードルの魅力にはまってしまった私。おやつを買おうと入ったペットショップに、その子はいました。
レッドカラーの女の子。美人系でなくてかわいい系の――
私の心はもうメロメロでした。

 
 

――うちの子がうちにくるまで・前話――

犬を飼うことが子供時代からの夢でした。
主人を説得し、ようやく犬を飼えることに。
通い続けるペットショップには、ずっと売れ残っている犬がいました。いつも尻尾を振りながら――
「うちに来る?」
話しかけたのは、気まぐれではありませんでした。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――うちの子がうちにくるまで、第1話です――

昔からいつかはワンを飼いたいと、ずっと夢見ていたんです。
でも、夢と現実の差はでっかいですよね。結局はずっと、実現できずじまい。
――そんな夢を叶えた飼い主さんのお話。
犬との出会いは運命に似ています。

うちの子がうちに来るまで

一見屈強で男の中の男と言うイメージの作者。
しかし作者は、先代犬のバーディーを亡くし、毎日泣いて暮らしていました。
そんな作者に、新しい出会いの時がやってきます。
さて、新しい子は、どのようにやってきたのでしょう?

先代犬を亡くし、ペットロスだった飼い主。
しかし――、ある日のこと――
「家に帰ったら、子犬がいた」
さて、その犬とは?

 

© 2017 Peachy All rights reserved.