犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【不思議なオーラ】まるで神様がくれたご褒美のよう ~哲がうちに来るまで~【命をまもる決心】

もう一度、うちの子がうちにくるまで|No.4
うちの子がうちにくるまで_哲

撮影&文|哲ママ
 
今日のお話は

作者はシベリアンハスキーの先住犬ハッシーを失いました。ハッシーは作者にとって生活の全てで、天使だと思っていた犬でした。
「もう犬とは一緒に暮らせない」
そう考えていた作者はある日、偶然に訪れたペットショップで、不思議なオーラを放つ子犬に巡り合います。
「一緒に暮らして、最後まで責任を果たすことができるのか?」
自問する作者のもとに、子犬はやってくるのでしょうか?

こんな方に:
黒柴ってどんな犬?|先住犬を亡くしてしまた|次の子を飼うのが不安|皆さんどうやって飼う決心をするの?|経験者の話が聞きたい

 

今日は、我が家の愛犬、哲を迎えた時のお話をしたいと思います。
哲は迎えたのはもう17年も前のこと。それは不思議な巡り合わせでした。

ある日、たまたま夫婦で訪れたペットショップに、不思議なオーラを放つ子犬がいたのです。小さな黒柴の幼犬。私はその子に心を奪われてしまいました。

ここで話は、更に少し溯ります。

哲を迎える半年前に、我が家には哲のお兄さんにあたるワンコがいました。
シベリアンハスキーでハッシーという名前です。

ハッシーは私にとって天使でした。
脳の疾患で犬生の半分は闘病していて、最後の一年は寝たきりでしたが、それでもハッシーは天使――。切ないくらいに白い天使でした。

 

f:id:masami_takasu:20191021171344j:plain

これがハッシー。白い天使です。
 

ハッシーは10歳でこの世を去りました。
その当時、私は仕事がとても忙しい時期で、その忙しさに紛れて、深刻なペットロスの経験はしないで済みました。しかしハッシーは、それまでの私の生活の総てでしたので、何をしてもどこにいっても、ハッシーのことを思い出しました。

あまりにも思いが強かったので、私はもう二度と、犬と一緒には暮らせないと思っていたほどです。

 

f:id:masami_takasu:20191021171633j:plain

ハッシーを失って6ヶ月が過ぎた頃のことです。

私と夫は、たまたま休みの日が重なった平日に、外食をしに二人で外出をしました。
そしてその帰り道、私たちは国道沿いの、大きなペットショップの前を通りかかりました。

特に何か理由があったわけでもないのですが、私たちは何故か引き寄せられるようにそのショップに入りました。

● 

店内はどこにでもあるような光景です。
透明なショーケースが沢山ならんでいて、その中には子犬や子猫たちがいました。
いえ――、いたはずです。
というのも、私の目はすぐに1匹の仔犬に釘付けになって、他のものが見えなくなってしまったのです。それをさせたのが冒頭に書いた、不思議なオーラです。

 

f:id:masami_takasu:20191021171748j:plain

信じられないかもしれませんが、クリーム色の光がその仔犬をベールのように包み込んでいて、確かに私の目にはそれが見えたのです。

「このコは来たばかりなんですよ」
店員さんが、私に声を掛けてくれました。
そして「抱いてみますか」と言って、その仔犬を出してくれました。

 仔犬は、私の手の中で私の顔をジッと見て「えへっ」と微笑みました。
その瞬間です。私の心の中は、何か温かいもので満たされていきました。

ハッシーを失ってからも、ペットロスにはなってないと思っていた私の心の隙間に、その温かいものがどんどん染みわたっていったのです。

私からその仔犬を受け取った主人も、仔犬と見つめ合って、顔をくしゃくしゃにしました。

 

f:id:masami_takasu:20191021171922j:plain

さて、それでそのまま私たちが、その仔犬を連れ帰ったのかと言うとそうではありません。家に帰って私たちは家族会議をしました。どんなに劇的な出会いであっても、一時の高揚感だけで命を預かって良いとは思いませんでした。

『一緒に暮らして、最後まで責任を果たす事ができるのか?』
私たちは何日も話し合い、確認し合いました。そして『最後までしっかり命をまもる』と決心するまでに、1週間かかりました。

もちろんその1週間のうちに、その仔犬はよその子になってしまうかもしれません。
しかし私は、何故だか焦りはありませんでした。
なんとなく――、なんとなくですが、あの子は私を待っていてくれるような気がしていたのです。

一方主人はというと、決めたら決めたで、「あのコと暮らしたい」としつこく言い始めました。面白いものですね。

 

f:id:masami_takasu:20191021173208j:plain

再び訪れたペットショップ――
あの子はまだいるのか?

私はすぐに寝ているあの仔犬を見つけました。
「一緒にお家にかえりましょうね」
そう話しかける私の側で、主人が何度も頷いていました。

私の声は、届いていたのでしょうか?
仔犬は眠そうに薄目を開けました。

仔犬を連れて帰ったのは、その日のうちです。
かつてハッシーのために揃えた道具類は、友人に譲ったりしましたので、もう家にはほとんどありませんでした。残っていたのはパピーの時の首輪とお皿と、ハウスの組み立て柵くらいです。私たちは昔に戻って、また犬を飼うために必要なあれこれを、そのお店で買い揃えました。

 

f:id:masami_takasu:20191021172029j:plain

家に着くと、その子は「ここはどこ?」っていう顔で、キョトンとしていました。
私たちは、まだ名前もないその子にご挨拶をしました。
「良く来てくれたね。わんぱくでいいから元気に育ってね」
――と。

名前を付けたのは、我が家に迎えてから5日目でした。
人間に振り回されない賢いコに育って欲しいとの願いから、哲(てつ)と名付けました。

哲は明るく活発なコで、すぐにうちには慣れてくれました。
賢くて、総てが好奇心のかたまりで――、人間の真似をしてレンジをチンした時はびっくりしました。

あの頃の哲は――
f:id:masami_takasu:20191021172147j:plain
好奇心のかたまりでした

先代のハッシーは体が弱かったから、私はそれがとても切なくて……
でも哲は、いつも明るくて、天真爛漫でした。
私たちは哲が何をしても、褒めて褒めて褒めまくりました。

 

f:id:masami_takasu:20191021173003j:plain

哲には躾らしい事は何もしていません。
けれども哲は不思議な事に、何も教えていないのに、誰も傷つけない優しい子に育ちました。虫や小動物などを、決して殺生をしない心があったのです。

巣から落ちてしまったツバメのヒナとか、道路を渡りきれなかったミミズとか――
私たち飼い主が助けてあげるまで、哲はその場に立ち止まって、動こうとしませんでした。

 

f:id:masami_takasu:20191021173245j:plain

私たちと哲の時間は、あっという間に過ぎていきました。
優しい哲は、我が家に14年間一緒にいてくれて、2017年6月29日に14歳7ヶ月で旅立っていったのです。

今振り返っても、哲は不思議な魂の輝きがあるコでした。
哲との暮らしは、まるで神様がくれたご褒美のようです。
私たちは哲を大事に育てて、神様にお返ししたような誇らしい気持ちで一杯です。
哲と暮らした14年を、光栄に思っています。

 

f:id:masami_takasu:20191021173536j:plain

哲が去ってから半年後、我が家には保護犬の円(まどか)がやってきました。
円は人気のないシニア犬で、フィラリア陽性――
でも円は、哲が見つけてくれたのだと思っているのです。

あれは昨年の暮れのこと――
私は哲の故郷をひと目見たくて生家を訪れました。
その翌日、私は不思議な夢を見たのです。

哲が駆け寄って、抱き上げたらとても軽いのです。驚いて顔を見ようとした瞬間に目が覚めました。
――哲、私に何か伝えようとしているの?

 

f:id:masami_takasu:20191021173426j:plain

私はその夢が気になって、必死で探しました。
哲の面影を――、哲が伝えようとしていたことが何だったのかを――
そして、千葉県にある保護団体『ちばわん』で、円と出逢いました。

抱き上げてみて驚きました。
「この重さ!」
夢の感触と全く同じだったのです。

振り返ると、主人が何度も頷いていました。

最後に、円の名前の由来を付け加えておきます。

ちばわんの預かりさん(2ヶ月お世話になりました)がこの子を見て、穏やかで円(まる)ーいコだとイメージし、円ちゃんと名付けてくださったそうです。
ぴったりの名前だったので、そのまま使わせて頂いています。

私たちは円を神様にお返しするその日まで、大事に育てていくつもりです。

これが円です
f:id:masami_takasu:20191021173627j:plain
哲に導かれるように、
我が家にやってきてくれました

――哲ちゃんへ――

哲ちゃん…ちゃんと見つけたよ。ありがとう。
夢でまた逢いましょうね。

 

――哲がうちにくるまで|おしまい――

もう一度、うちの子がうちにくるまで|No.4
犬の名前:哲
犬種:黒柴
飼主:哲ママ
 
もう一度、うちの子がうちにくるまで、とは
愛猫を失った飼い主が、さまざまな葛藤を乗り越えて、もう一度猫を迎えようとするまでを、自分の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。
こんな効果もあります:愛犬、愛猫を今すぐ100倍可愛くできる、最も簡単な方法
 
犬や猫と暮らすあなたへ

『うちで飼えるかな?』
『きちんと面倒を見られるかな?』

犬や猫を、”はじめて”飼う時、ほとんどの方はこう思ったことでしょう。
平均年齢でいえば、15年も生きる小さな命を預かるのだから当然ですね。
我々はそこで大きな決心をし、葛藤を乗り越えたからこそ、今、犬や猫と暮らしています。

どうかその思いを、忘れないでください。
その時の思いがあれば、我々はどんな時でも犬や猫と暮らしていけます。

【飼えるかなより

――もう一度、うちの子がうちにくるまで・次話――

記事の準備中です
皆様の投稿をお待ちしています。

――もう一度、うちの子がうちにくるまで・前話――

(前話は、2話構成です)

同じ年に家族になった『ちょび、ごはん、おかず』が、同じ年に天使に――
やがて作者は、その年生まれの子犬を見つけます。
「生まれ変わりだったら嬉しいな」
額に皺をよせて困った顔の子。
それが、花ちゃんとの出会いでした。

うちに来た日の花ちゃんは、一人で段ボール箱の中で寝ました。
心配で眠れない夜。
しかし、翌日からは楽しくて、楽しくて。
額に皺をよせて困った顔の子。
それが、花ちゃんとの出会いでした。

――もう一度、うちの子がうちにくるまで、第1話です――

一見屈強で男の中の男と言うイメージの作者。
しかし作者は、先代犬のバーディーを亡くし、毎日泣いて暮らしていました。
そんな作者に、新しい出会いの時がやってきます。
さて、新しい子は、どのようにやってきたのでしょう?

うちの子がうちに来るまで - 黒柴を迎えました

初めはウサギが欲しかった。そんな娘さんとの約束事。
しかしその約束は、いつの間にか犬を飼うという話に――
動物を飼うことに消極的だったお父さんは、約束を守れるのか?

結婚7年目の夫婦。
犬が大好きなのに、妻は自分の病気のために、飼うことは諦めていました。
ある日、夫が「犬を飼おう」と提案します。
夫婦は、犬を飼うことができるのか?

 

© 2017 Peachy All rights reserved.