犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【子犬の躾|32】桜の花もそろそろ見納め【ピィ子初めての春】

ピィ子の子育て日記

うちにきて223日目 ~ピィ子の育児日記(その32)~
撮影&文|高栖匡躬
 

先週の雪で、桜は散ってしまうのかと思ったら、意外にまだまだ残っています。
チラホラと葉っぱは見えていますが、まだ葉桜というほどじゃない。

でも、強い風が吹く度に花びらがヒラヒラト待っていて、もう一雨あったらすっかり落ちてしまいそうな感じです。
ピィ子、生まれて初めての春。

世の中は新型コロナウィルスで騒然としていますが、その分散歩に行くと自然の恵みに気付かされます。桜だけでなくて、ツクシ、菜の花、タンポポ、野蒜と、ピィ子は色々なものに出会いました。

何を思ったのかな?
 

こんな方に
犬を飼い始めた|躾・トレーニングを始めたが、なかなか難しい|トイレを覚えてくれない|まずは”座れ”と”待て”を教えたい||甘噛み、噛み癖で困っている|飼育本、躾本、ネット情報の通りに行かない|経験者の話を聞きたい
 

 この1週間(3月29日~4月4日)は、初めての雪景色

3月末は半袖で過ごせる日もあって、そのまま暖かくなる気配。

この冬は、ピィ子は雪遊びを体験することなく終わり……
と思っていたところ、先週末は急に寒くなって雪。
しっかり降ったので、驚きました。

ピィ子と遊んであげられると思って外に出たのですが、ピィ子はあまり喜ばず――
雪を少し齧って、もう家に帰りたそうな素振り。やはり寒いのは苦手なようです。

先代犬のピーチーも寒いのは苦手でしたが、雪は好きで、積もったばかりの雪の感触を楽しんだものでした。誰かが作った雪だるまを壊すのが特に好きで、爪や口から血を出すくらい一生懸命に破壊活動を行ったものです。

ピィ子はどうだろうと思って、家の近くの広場に連れて行ってみると、予想通りに雪だるまが幾つか出来ていました。

ピィ子がどんな反応をするだろうかと、期待しながら観察していると、何とまさかの無反応。そこに雪だるまが存在しないかのような振る舞いです。

ピーチーのような行動を期待したのですが、ワンコには個性があるのですねえ。
ピィ子があまりにも帰りたそうなので、外には長いせずに家に引き返しました。
もうちょっと大きくなったら、雪遊びをするようになるのでしょうか?
来年以降のお楽しみです。

 

 ピィ子、まさかの想像妊娠

筆者はピィ子がそばに来ると、ソファーに抱き上げて体中を触ります。
これは先代犬のピーチーの時からそうでした。

常に触っていると、何よりも、体に異常があった時に気が付きやすいというメリットがあります。また万が一病気をして病院に行った時にも、どこを触られても怒らない子にしておくと、獣医師から診察がしてもらいやすくなります。

そんなわけで先日も触っていたところ、ピィ子の乳房に違和感を感じました。
「硬い……」
ピーチーは何度か乳腺種(幸い毎回良性でしたが)をやっているので、その感触にも似ています。
「月齢8カ月なのに乳腺種?」
幾らなんでもそれは早すぎだろうと思いましたが、飼い主としては心配です。すぐに動物病院に連れて行きました。

 

 想像妊娠はおさまりました

想像妊娠(偽妊娠)でオッパイが張っていたピィ子ですが、獣医さんが仰っていたように、1週間で落ち着きました。

それと共に、ちょっとした挙動不審(なぜかトイレと全然関係のない場所でオシッコやウンチをしたり、ものすごくご飯を欲しがったり)もなくなりました。

ピィ子はやっぱり避妊手術をするのかなあと考えました。
想像妊娠を見たら、ピィ子の子育ても見てみたいと思いますが、多分我が家にとってはピィ子が最後のワンコです。後のことを考えると、子犬は難しいだろうなと思います。

実はピィ子のブリーダーさんに、以前はピーチーに子供をもうけるつもりだったのだと話した時に、子犬は簡単には考えない方が良いですよと釘をさされました。
血統の管理は素人ではとてもできませんし、ブルテリアで遺伝病を抱えてしまうと、他の犬種よりも数段育てるのが難しいですからね。

次のヒートまでに結論を出すのだろうと思います。

 

 嘔吐は落ちつきました

先週まで、朝に何度か嘔吐をしていたピィ子。

吐しゃ物は胆汁と思われる黄色い液体だったので、空腹が原因と思い、晩御飯の量だけ1.5倍にしてみました。結果としてしれからは一度も嘔吐はありません。

ご飯の量が増えるので、カロリーの摂取量を同じくするために、肥満傾向の小型犬用から、肥満傾向の成犬用に変えました。メーカーは前と同じくヒルズです。

フードの変更をしても太る様子もなく体重は同じなので、このまましばらく同じフードを続けてみようと思います。

 

 この1週間の変化

体重は先週とほぼ同じで、13.15Kg。
体形は理想体型を保っています。

13kg で1カ月以上安定しているので、そろそろ成長は止まったのかもしれません。

来週はどうなっているでしょうか?


【体の変化】

9月8日の体重|3.4Kg 
9月14日の体重|4Kg 
9月21日の体重|4.4Kg 
9月28日の体重|5Kg 
10月6日の体重|5.5Kg 
10月13日の体重|6.1Kg 
10月20日の体重|7.1Kg 
10月27日の体重|7.4Kg 
11月3日の体重|7.6Kg 
11月10日の体重|8.1Kg 
11月17日の体重|8.8Kg 
11月24日の体重|10Kg 
12月1日の体重|10Kg 
12月8日の体重|10Kg 
12月15日の体重|10Kg 
12月21日の体重|10.2Kg 
12月29日の体重|9.55Kg 
1月5日の体重|11.25Kg 
1月12日の体重|11.2Kg 
1月19日の体重|12Kg 
1月26日の体重|12Kg 
2月2日の体重|11Kg 
2月9日の体重|11.5Kg 
2月16日の体重|12.9Kg 
2月23日の体重|13.35Kg 
3月1日の体重|13.3Kg 
3月8日の体重|13.0Kg 
3月15日の体重|13.0Kg 
3月21日の体重|12.9Kg 
3月28日の体重|13.0Kg 
4月5日の体重|13.15Kg  これが今回
【今のピィ子の目標】
①絶対に人も犬も噛まない
 → 甘噛みトレーニングは続いています。
②「伏せ」が、いつでもどこでも、長時間できる
 →オヤツで釣ったら「伏せ」はできるようになりました。
 → 遠くからのコマンドによる「伏せ」は、まだできません。
【これまでに達成できたプチ目標】
①座れ
②待て
③興奮時以外では、甘噛みはほぼしなくなりました。
④「座れ」、「座って待て」は、ほぼ出来るようになりました。
⑤室内トイレはもう大丈夫だと思います。

 

 先週のツイッターです

ピィ子、またやっちゃった!

ピィ子、今日は外が白いよ!

ピィ子、初めての雪

今日はピーチーの命日です

ピィ子、ウニをもらったーー!!

ピィ子、桜の花が散っているよ……

ピィ子、大きなワンコにチュ、チュ、チュ

ピィ子、タンポポが咲き始めたよ!!

ピィ子、ねえ、遊んで、遊んで!!

ピィ子、野蒜(ノビル)を採ってきたよ!!

ピィ子、アタチも食べたい!!

野蒜を狙うピィ子

 ピィ子について

f:id:masami_takasu:20190831133944j:plain

毎度ですが、ピィ子についてお知らせしておきます。

名前:ピィ子
血統書登録名:ピーチー
生年月日:2019年6月28日
犬種:ミニチュア・ブルテリア
性別:メス
今分かっているピィ子のこと
性格:陽気、細かいことは気にしない、頑固者、意固地
人見知り:全くなし
犬見知り:しない。人も犬も大好き。
空気を読まない:遊んで!の熱意がすごい。
その他:大食い
犬種の特性
要注意:顎が恐ろしく強い(犬の中ではチャンピオンと言われる)
痛みに強い:病院で注射されながら、尻尾を振る
水:とてもよく飲む

 

――ピィ子の育児日記――

文:高栖匡躬
 ▶プロフィール
 ▶ 作者の一言
 ▶ 高栖 匡躬:犬の記事 ご紹介
 ▶ 高栖 匡躬:猫の記事 ご紹介

――次話――

ピイ子がうちにきて33週間

最近、新型コロナの影響で、ピィ子の散歩コースにはジョギングするランナーが増えてきました。
歩道は犬も子供も歩いています。
どうか足元も注意して走って欲しいものです。
ピィ子は相変わらず元気ですが、先週は拾い食いが発覚。

www.withdog.site

――前話――

ピイ子がうちにきて31週間

もう半袖でも良いと思った昨日だったのに、
雪が降って、真冬のような今日――
ピィ子は先週は想像妊娠でした。
オッパイが張っていて、乳腺腫かと思ったほど。
まだ子犬なのに、体は成長しているんだね。
あんまり急ぐんじゃないよ。

www.withdog.site

 

――育児日記の1話目です――

ピイ子がうちにきて1週間
飼育本の躾テクニックは、真似しても上手くいった試しがありません。
よそでは上手くいっても、うちの子は違うということですね。
ということで、試行錯誤の記録です。
まずはトイレと、甘噛み、座れから。

 我が家が先代犬のピーチーを迎えたときのこと

偶然に手に入れたマンション。
引っ越してからわかったのですが、なんとそのマンションは、当時にしては珍しい、ペット可の物件でした。

マンションがペット可とだ気が付いたのですが、すぐに犬を飼おうとはなりません。命を預かるのですから覚悟が大事です。最後まで面倒が見られるかな?
――まだまだ迷いがありました。

ペットショップからの電話で、予約していたアイパンチのブルテリアがお店に来たことを知った筆者。あまりにも突然で、心の準備がまるでありませんでした。

 犬を飼うということ

『犬を飼うということ』は当サイトのサイト名。
沢山の意味を込めた名です。同名のTV番組が有名なのですが、それはそれ。
出会いから別れ、喜びも悲しみも、全部詰まっている言葉ですね。
その昔、谷口ジロー氏の『犬を飼う』のように、犬を愛そうと思っていました。
そしてピーチーがきました。

 もう一度、犬を飼うということ

愛犬ピーチーが去って、3年。
少しだけ寂しいけれど、その寂しさを楽しむ毎日。
次の子は? 
と考えなくもないけれど、是非にという気持ちでもなくて――
そんな中で、1枚の写真が送られてきました。

 

© 2017 Peachy All rights reserved.