犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【子犬の躾|35】犬の散歩はソーシャルディスタンス【今日も散歩は早朝に】

ピィ子の子育て日記

うちにきて251日目 ~ピィ子の育児日記(その35)~
撮影&文|高栖匡躬
 

最近のピィ子、体の成長はどうやら止まった模様です。
知能とか、精神的な成長は続いていますが、じわじわという感じで、階段を上るという感じではなくなってきました。

今のピィ子は生後10か月で、人間年齢なら13歳。
もう大人と言えば大人だし、子供と言えば子供だし。

ということで、これまでは毎週、育児日記のように記事を書いてきましたが、成長という意味では大きく書くことがなくなってきたようなので、先週はお休み。
今後は、しばらくよもやま話的に日記を記していこうと思います。

 

こんな方に
犬を飼い始めた|躾・トレーニングを始めたが、なかなか難しい|トイレを覚えてくれない|まずは”座れ”と”待て”を教えたい||甘噛み、噛み癖で困っている|飼育本、躾本、ネット情報の通りに行かない|経験者の話を聞きたい
 

 この2週間(4月19日~5月1日)は、散歩は朝早くに

5月ですが、もう夏みたいですね。5時台から陽射しが強いです。

これまで朝の散歩は8時台に出かけていたのですが、段々を早くなって7時台、6時台。
そろそろ5時台に突入しそうです。

ピィ子は人も犬も大好きで、しかもハイテンションな子なので、すれ違う人も犬も全てにアピールをします。「遊んで、遊んで」という感じです。

ちょっとでもワンコが遊んでくれたり、飼い主さんが撫でてくれようとすると、もうヒグマのポーズで大変なことになります。

最近は暑いので、ひとしきりヒグマをやると、息がものすごく荒くなってしまいます。

元々ハイテンションでハアハア言いながら散歩するのですが、ヒグマのあとはゼエゼエです。

ブルテリアという犬種はとても我慢強いです。(鈍感という人もいます)

犬は病院嫌いな子が沢山いるようですが、ピィ子は病院が大好きです。何をされても構ってもらっていると思うのです。注射をされている最中も、ブンブンと尻尾を振って「遊んで、遊んで」アピールをするほどです。

だから、熱中症がとても心配です。

普通のワンコがグッタリする状態でも、ブルテリアは恐らくアドレナリンの力で、平気なのです。

ということで、これからはより早起きの毎日になりそうです。

 

 犬の散歩はソーシャルディスタンス

新型コロナウィルスの影響で、最近は散歩道に人が一杯です。

文字通り散歩をしている人がいて、その人を縫うように、ジョギング中のランナーが駆け抜けて行って、自転車も通ります。

犬の散歩は、前だけでなく、後ろも気を付けないと危なくなってきました。

一つ良いことにきがつきました。

ピィ子はすれ違う全てのワンコに挨拶に行くのですが、ワンコ同士の挨拶はリードの長さが丁度良いですね。

お互いのリードが1m50cmくらいあって、ワンコ同士が匂いを嗅いでいると、飼い主同士の距離は自然と2m以上離れるソーシャルディスタンスということになります。

TVなどでは人間同士の立ち話も危ないと言いますが、犬の散歩だったら普通に挨拶も短い会話も出来て、ちょっとした気晴らしになります。

 

 本当はそんなことも考えなくていいように、早くコロナが片付いて欲しいのですけれどね。

 

 

 2週間のツイッターです

ピィ子、今日はポカポカ!

ピィ子、まだ雨⤵︎

ピィ子、夕陽がきれい!!

ピィ子、入れないんですけど……

ピィ子、今日は公園が開いてたよ!

ピィ子、フワフワの綿毛だよ!!

ピィ子、ホウレンソウの芯!!

ピィ子、初めてのぉぉぉ

ピィ子、おうちは、アタチが守ります!!

ピィ子、あの子、誰??

ピィ子、お掃除中は、避難、避難

ピィ子、フワフワの綿毛!!

ピィ子、もう暑いよ!!

ピィ子、もう帰ろうよ

 体重の変化


【うちに来てからの体重の変化】

9月8日の体重|3.4Kg 
9月14日の体重|4Kg 
9月21日の体重|4.4Kg 
9月28日の体重|5Kg 
10月6日の体重|5.5Kg 
10月13日の体重|6.1Kg 
10月20日の体重|7.1Kg 
10月27日の体重|7.4Kg 
11月3日の体重|7.6Kg 
11月10日の体重|8.1Kg 
11月17日の体重|8.8Kg 
11月24日の体重|10Kg 
12月1日の体重|10Kg 
12月8日の体重|10Kg 
12月15日の体重|10Kg 
12月21日の体重|10.2Kg 
12月29日の体重|9.55Kg 
1月5日の体重|11.25Kg 
1月12日の体重|11.2Kg 
1月19日の体重|12Kg 
1月26日の体重|12Kg 
2月2日の体重|11Kg 
2月9日の体重|11.5Kg 
2月16日の体重|12.9Kg 
2月23日の体重|13.35Kg 
3月1日の体重|13.3Kg 
3月8日の体重|13.0Kg 
3月15日の体重|13.0Kg 
3月21日の体重|12.9Kg 
3月28日の体重|13.0Kg 
4月5日の体重|13.15Kg 
4月12日の体重|13.4Kg 
4月19日の体重|13.45Kg 
5月2日の体重|13.45Kg  これが今回
 

 ピィ子の目標

【今のピィ子の目標】
①絶対に人も犬も噛まない
 → 甘噛みトレーニングは続いています。
②「伏せ」が、いつでもどこでも、長時間できる
 →オヤツで釣ったら「伏せ」はできるようになりました。
 → 遠くからのコマンドによる「伏せ」は、まだできません。
【これまでに達成できたプチ目標】
①座れ
②待て
③興奮時以外では、甘噛みはほぼしなくなりました。
④「座れ」、「座って待て」は、ほぼ出来るようになりました。
⑤室内トイレはもう大丈夫だと思います。

 

 ピィ子について

f:id:masami_takasu:20190831133944j:plain

毎度ですが、ピィ子についてお知らせしておきます。

名前:ピィ子
血統書登録名:ピーチー
生年月日:2019年6月28日
犬種:ミニチュア・ブルテリア
性別:メス
今分かっているピィ子のこと
性格:陽気、細かいことは気にしない、頑固者、意固地
人見知り:全くなし
犬見知り:しない。人も犬も大好き。
空気を読まない:遊んで!の熱意がすごい。
その他:大食い
犬種の特性
要注意:顎が恐ろしく強い(犬の中ではチャンピオンと言われる)
痛みに強い:病院で注射されながら、尻尾を振る
水:とてもよく飲む

 

――ピィ子の育児日記――

文:高栖匡躬
 ▶プロフィール
 ▶ 作者の一言
 ▶ 高栖 匡躬:犬の記事 ご紹介
 ▶ 高栖 匡躬:猫の記事 ご紹介

――次話――

さて、次回はどうなるでしょうか?

――前話――

ピイ子がうちにきて34週間

このところ、ちょっと大人っぽくなってきたように感じるピィ子。
人間年齢はどれくらい?
と思ったら、今12歳であと10日ほどで13歳。
もうすぐ中学1年の女の子かあ。
子供だけど、大人の階段の入り口くらいなんだなあ。
としみじみ――

www.withdog.site

 

――育児日記の1話目です――

ピイ子がうちにきて1週間
飼育本の躾テクニックは、真似しても上手くいった試しがありません。
よそでは上手くいっても、うちの子は違うということですね。
ということで、試行錯誤の記録です。
まずはトイレと、甘噛み、座れから。

 我が家が先代犬のピーチーを迎えたときのこと

偶然に手に入れたマンション。
引っ越してからわかったのですが、なんとそのマンションは、当時にしては珍しい、ペット可の物件でした。

マンションがペット可とだ気が付いたのですが、すぐに犬を飼おうとはなりません。命を預かるのですから覚悟が大事です。最後まで面倒が見られるかな?
――まだまだ迷いがありました。

ペットショップからの電話で、予約していたアイパンチのブルテリアがお店に来たことを知った筆者。あまりにも突然で、心の準備がまるでありませんでした。

 犬を飼うということ

『犬を飼うということ』は当サイトのサイト名。
沢山の意味を込めた名です。同名のTV番組が有名なのですが、それはそれ。
出会いから別れ、喜びも悲しみも、全部詰まっている言葉ですね。
その昔、谷口ジロー氏の『犬を飼う』のように、犬を愛そうと思っていました。
そしてピーチーがきました。

 もう一度、犬を飼うということ

愛犬ピーチーが去って、3年。
少しだけ寂しいけれど、その寂しさを楽しむ毎日。
次の子は? 
と考えなくもないけれど、是非にという気持ちでもなくて――
そんな中で、1枚の写真が送られてきました。

 

© 2017 Peachy All rights reserved.