犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【ピィ子の成長日記】まさかの脊椎炎?【キャーンと鳴いた理由】

f:id:masami_takasu:20210815073707j:plain

うちにきて720日目 ~ピィ子の成長日記~
撮影&文|高栖匡躬
 

なんとなく、数日前から元気がないなあと思っていたピィ子。
ちょうど反抗期だったし、夏バテもある。
でも、なんかちょっとおかしいなあと思って、念のために動物病院へ。
なんとそこで判明したのは—―

 

 脊椎炎とは驚いた

f:id:masami_takasu:20210815082658j:plain

ここ数日、なんとなく元気がないのとは別に気になっていたことがありました。
ピィ子の体に触れた時(特に意識して触るのではなく、何かの拍子にちょっと触れる程度です)に、「キャーン」と悲鳴のような声を上げることがありました。恐らく1ヶ月くらい前からです。

どこか痛いのかと思って、触れた部分を重点的に触るのですが、かなり強く押してもいたがる素振りは無し。反抗期だから、精神的な知覚過敏? くらいに考えていました。

もちろんそれも獣医師には伝えます。

獣医師は入念に触診してくれましたが、異常なし。
まあ、夏バテでしょうということで、念のために血液検査とレントゲンを——

しかしそのレントゲンを見た医師が「あれっ」と一言。
そしてもう1回撮りましょうとのこと。

2度目のレントゲンを読影した医師の顔が曇りました。
骨に異常な影。それも首と腰と2か所。

首の辺りの影は関節が何やら欠損しているように見える。腰の辺りは癒着しているように見える。

 

f:id:masami_takasu:20210815090152j:plain

レントゲンの読影だけでは、正確なことは分からないらしいのですが、脊椎炎の疑いありとのことでした。

脊椎炎のとは、背骨の関節部分で何らかの菌が感染して増殖し、骨やそれを繋ぐ脊椎板で炎症が起きている状態です。放って置くと、関節部分に障害が起きて、骨が折れたり神経を圧迫してしまうそうです。

治療としては、抗生物質を飲んで、繁殖している菌をたたくことになりますが、どんな菌が繁殖しているかによって飲む薬が違ってきます。それを特定をするためには、血液を採って培養をします。

血液検査の結果が出るまでには1週間ほど。その間をただ待つわけにはいかないので、可能性の高い抗生剤2種と、抗カビ剤1種、そして抗炎鎮痛剤を飲みます。
試験的治療という意味でもあります。

 

f:id:masami_takasu:20210815090205j:plain

ここで問題が1つ。
血液検査は結果が出ないことも多いのだそうです。

つまり、感染は起きていても、その菌が血液内に微量過ぎて培養しても検出されないということです。

もしもそうなると、骨から直接細胞を採取して菌を特定するか、可能性の高い抗生剤を入れてみて結果を見ながら判断をするということになります。

医師からはCTスキャンを勧められましたが、今すぐにそこまで踏み切れないというのが飼い主の心境です。

何しろ全身麻酔ですし、費用も馬鹿にはなりません。
CTの装置はかつては日本に何台も無かったのですが、今だとそこそこの病院には入っています。しかし費用はまだまだ高いです。単純な撮影で10万円コース。造影剤を入れたら20万円コース。1回CTをやるとしたら、治療の効果を見るために恐らくまたやることになるでしょう。

それが治療ということなら迷いはないのですが、CTは現状の正確な把握に過ぎません。
治療は飽くまで、抗生剤による内科的なものになります。
つまりCTのメリットは、急を要する危険な状態の場合、いち早くそれを察知して次の手が打てるわけです。

今すぐにそこまでやるの?
というのが飼い主としての心境です。

 

f:id:masami_takasu:20210815090224j:plain

思えば先代犬のピーチーは色々と深刻な病気に罹って、大学病院や先端医療センターなどに行って、高額な治療も受けました。だからいざとなればそうなるということは覚悟しているのですが、目の前には「夏バテかな?」程度に思っていたピィ子が、クーラーを良く効かせてやると尻尾を振っているのです。

その落差がどうにも腑に落ちません。

ということで、まずは血液検査の結果を待つことにしました。
その1週間で取り返しのつかない事態に発展する恐れもあるのですが、もしもそうならば、症状として現れてくるはずです。万が一のためにCTを受けても、全身麻酔のリスクが待っていますから、天秤にかけてもどっこいどっこいかと思いました。

 

f:id:masami_takasu:20210815090338j:plain

まあ、CTはいずれやることになるのでしょうが、その使いどころを納得したいという感じです。

ピィ子は消炎鎮痛剤のお陰なのか、それとも既に抗生剤が効果を上げているのかわかりませんが、すっかり元気で尻尾を振っています。走り回らないように、興奮させないように気を使っているところです。

あと数日で、どんな結果が待っているでしょうねえ。

 

 

8月1日~8月7日のツイッターです

f:id:masami_takasu:20210815073829j:plain

ピィ子、今日は仲良しが増えたぁ!!

ピィ子の成長日記|65

ピィ子、ちっちゃいアタチが来たよ!

ピィ子、ここで踏ん張っちゃうよ!!

ピィ子、今日は暑いねえ

ピィ子、やっぱりここが一番好き!

ピィ子、ここは涼しいねえ

8月8日~8月14日のツイッターです

f:id:masami_takasu:20210815073812j:plain

ピィ子、外は台風だねぇ
ピィ子、また降られちゃった。

ピィ子、カブトムシ見つけた。

ピィ子、ここも気持ちいいかも

ピィ子、チョット具合悪いかも

【ピィ子の脊椎炎】1

【ピィ子の脊椎炎】2

【ピィ子の脊椎炎】3

【ピィ子の脊椎炎】4

【ピィ子の脊椎炎】5

【ピィ子の脊椎炎】6

【ピィ子の脊椎炎】7

【ピィ子の脊椎炎】8

【ピィ子の脊椎炎】9

9の追記

【ピィ子の脊椎炎】10

【ピィ子の脊椎炎】11

ピィ子、お薬は飲みません!

 ピィ子について

f:id:masami_takasu:20190831133944j:plain

毎度ですが、ピィ子についてお知らせしておきます。

名前:ピィ子
血統書登録名:ピーチー
生年月日:2019年6月28日
犬種:ミニチュア・ブルテリア
性別:メス
今分かっているピィ子のこと
性格:陽気、細かいことは気にしない、頑固者、意固地
人見知り:全くなし
犬見知り:しない。人も犬も大好き。
空気を読まない:遊んで!の熱意がすごい。
その他:大食い(と思っていたが、実はそうでもないかも)
犬種の特性
要注意:顎が恐ろしく強い(犬の中ではチャンピオンと言われる)
痛みに強い:病院で注射されながら、尻尾を振る
水:とてもよく飲む

 

――ピィ子の育児日記――

文:高栖匡躬
 ▶プロフィール
 ▶ 作者の一言
 ▶ 高栖 匡躬:犬の記事 ご紹介
 ▶ 高栖 匡躬:猫の記事 ご紹介

――次話――

ピィ子の成長日記|67

8月26日は、ピィ子の2度目のうちの子記念日。
20年前に先代犬のピーチー来た時の段ボール箱を持って、迎えに行きました。
あれからもう2年。
—―そして最近発覚した脊椎炎。
長い付き合いになりそうです。
ピーチーも生後半年から病院通いだったなあ。

www.withdog.site

――前話――

ピィ子の成長日記|65

もう2カ月を過ぎたピィ子の反抗期。
しかしここにきて、改善の傾向がみられます。
ご飯拒否の後で、放って置くと自分から食べにいくことが増えてきました。
散歩の途中で立ち止まってテコでも動かないというのも減ってきています。
頑固犬、ついに陥落か?

www.withdog.site

 

――育児日記の1話目です――

ピイ子がうちにきて1週間
飼育本の躾テクニックは、真似しても上手くいった試しがありません。
よそでは上手くいっても、うちの子は違うということですね。
ということで、試行錯誤の記録です。
まずはトイレと、甘噛み、座れから。

 我が家が先代犬のピーチーを迎えたときのこと

偶然に手に入れたマンション。
引っ越してからわかったのですが、なんとそのマンションは、当時にしては珍しい、ペット可の物件でした。

マンションがペット可とだ気が付いたのですが、すぐに犬を飼おうとはなりません。命を預かるのですから覚悟が大事です。最後まで面倒が見られるかな?
――まだまだ迷いがありました。

ペットショップからの電話で、予約していたアイパンチのブルテリアがお店に来たことを知った筆者。あまりにも突然で、心の準備がまるでありませんでした。

 犬を飼うということ

『犬を飼うということ』は当サイトのサイト名。
沢山の意味を込めた名です。同名のTV番組が有名なのですが、それはそれ。
出会いから別れ、喜びも悲しみも、全部詰まっている言葉ですね。
その昔、谷口ジロー氏の『犬を飼う』のように、犬を愛そうと思っていました。
そしてピーチーがきました。

 もう一度、犬を飼うということ

愛犬ピーチーが去って、3年。
少しだけ寂しいけれど、その寂しさを楽しむ毎日。
次の子は? 
と考えなくもないけれど、是非にという気持ちでもなくて――
そんな中で、1枚の写真が送られてきました。

 

© 2017 Peachy All rights reserved.