犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【ピィ子の成長日記】3月は本格的に春の気配【桜も咲き始めました】

ピィ子の成長日記

うちにきて930日目 ~ピィ子の成長日記|81~
撮影&文|高栖匡躬
 

3月になって、急に春めいてきました。
寒いのが嫌いなピィ子と飼い主には朗報です。

ピィ子の散歩道には、春の花が咲き始めています。

 

 友達がたくさん

散歩道ではたくさんのワンコとすれ違います。
ピィ子は人見知りも犬見知りもしないので、結構友達が多いです。

”結構”としたのは、全てという訳ではないからです。
ピィ子の『遊んで』『遊ぼう』のアピールがあまりにも強烈なので、テンションが高いワンコには歓迎されるのですが、そうでない子は引いてしまいます。

遠くからピィ子を見つけてくれる子(例えば上の写真)もいれば、遠くからピィ子から逃げて行く子もいます。
もうちょっと加減出来たら、友達が増えるのにね。
 

 春の花

コブシ

ピィ子の散歩道には色んな花が咲いています。
今はコブシの花が綺麗です。
大きな蕾が1月くらいからあって、いつ咲くのだろうかと思っていたのですが、3月11日(この文章を書いている2日前)に花が開き始めました。
上の写真はその2日目(つまり昨日)です。

我が家周辺では、これからしばらくはコブシの花が一番綺麗で、それが終わる頃に桜並木が満開です。
コロナ下で外にあまり出なかった一昨年。立ち止まらないように桜を見ました。
昨年はベンチに座って、手早くお弁当を食べました。
今年はどんなお花見かな?
 

つくし

そしてツクシが伸び始めました。
2日前までは目立たなかったのに、昨日は結構たくさんありました。
まだ伸びきっていないものがほとんどですが、もう先が黒くなったものもあります。
多分、今日あたりが摘み頃です。
我が家はツクシをパスタにします。
ピィ子を連れて、様子を見に行かなきゃ。

 

2月27日~3月5日のツイッターです

f:id:masami_takasu:20220313005706j:plain

ピィ子、釜揚げしらすだよ!!

ピィ子の成長日記|80

ピィ子、ライオンキングのポーズ!!

ピィ子、今日から春の気分!

昨日ブースター接種を受けたら

【ピィ子まくら】

ピィ子、今日は散歩に行ってきた

ピィ子、お芋を買ってもらったよ!

ピィ子、我慢できなーい

ピィ子、お芋の匂いがする。

ピィ子、ワーイ、お芋入りフード!

3月6日~3月12日のツイッターです

f:id:masami_takasu:20220313005735j:plain

ピィ子、だって大好物なんだもん。

ピィ子、鍋物に最適だって

ピィ子、昨日はデッカイお友達ができたぁ

チュチュチュ

ピィ子、横っ飛びぃー

ピィ子、旬の犬でーす

ピィ子、コブシの花が咲き始めたよ

ピィ子、コブシの花が6分咲くらい

ピィ子、明日はツクシの収穫かなぁ

 ピィ子について

f:id:masami_takasu:20190831133944j:plain

毎度ですが、ピィ子についてお知らせしておきます。

名前:ピィ子
血統書登録名:ピーチー
生年月日:2019年6月28日
犬種:ミニチュア・ブルテリア
性別:メス
今分かっているピィ子のこと
性格:陽気、細かいことは気にしない、頑固者、意固地
人見知り:全くなし
犬見知り:しない。人も犬も大好き。
空気を読まない:遊んで!の熱意がすごい。
その他:大食い(と思っていたが、実はそうでもないかも)
犬種の特性
要注意:顎が恐ろしく強い(犬の中ではチャンピオンと言われる)
痛みに強い:病院で注射されながら、尻尾を振る
水:とてもよく飲む

 

――ピィ子の育児日記――

文:高栖匡躬
 ▶プロフィール
 ▶ 作者の一言
 ▶ 高栖 匡躬:犬の記事 ご紹介
 ▶ 高栖 匡躬:猫の記事 ご紹介

――次話――

ピィ子の成長日記|82

満開だった桜も散り始めました。
桜って散っていくときも綺麗です。
ピィ子にとっては、うちに来てから3度目の春。
早いものです。
でもまだ寒い日があるので、なかなかポンチョが手放せません。
ピィ子は暑い夏も嫌いだから、春が一番大好き。

www.withdog.site

――前話――

ピィ子の成長日記|80

今日はポカポカ。もう春の陽気。
この冬、ピィ子はしまホイに潜りこむのが上手になって、あっというまに中に入って高いびき。
――でも、あまりに好きすぎるので、夏になる前には取り上げてしまいます。
熱中症が怖いからね。
次の冬まで覚えているかな?

www.withdog.site

――育児日記の1話目です――

ピイ子がうちにきて1週間
飼育本の躾テクニックは、真似しても上手くいった試しがありません。
よそでは上手くいっても、うちの子は違うということですね。
ということで、試行錯誤の記録です。
まずはトイレと、甘噛み、座れから。

 我が家が先代犬のピーチーを迎えたときのこと

偶然に手に入れたマンション。
引っ越してからわかったのですが、なんとそのマンションは、当時にしては珍しい、ペット可の物件でした。

マンションがペット可とだ気が付いたのですが、すぐに犬を飼おうとはなりません。命を預かるのですから覚悟が大事です。最後まで面倒が見られるかな?
――まだまだ迷いがありました。

ペットショップからの電話で、予約していたアイパンチのブルテリアがお店に来たことを知った筆者。あまりにも突然で、心の準備がまるでありませんでした。

 犬を飼うということ

『犬を飼うということ』は当サイトのサイト名。
沢山の意味を込めた名です。同名のTV番組が有名なのですが、それはそれ。
出会いから別れ、喜びも悲しみも、全部詰まっている言葉ですね。
その昔、谷口ジロー氏の『犬を飼う』のように、犬を愛そうと思っていました。
そしてピーチーがきました。

 もう一度、犬を飼うということ

愛犬ピーチーが去って、3年。
少しだけ寂しいけれど、その寂しさを楽しむ毎日。
次の子は? 
と考えなくもないけれど、是非にという気持ちでもなくて――
そんな中で、1枚の写真が送られてきました。

 

© 2017 Peachy All rights reserved.