犬を飼うということ

いつまでも君と……

一緒にWithdogを作りませんか?

f:id:masami_takasu:20171130105401j:plain

いつもWithdog.site『犬を飼うということ』をご愛読いただき、ありがとうございます。

Withdog.siteでは、一緒にサイトを育てて下さる仲間を募集したいと思います。

我々が求めているのは、

 『書く』『一緒に作る』『まとめる』『チェックする』『読む』『広める』

ことを手伝っていだける方々です。

書く(ライター)

犬に関する記事を書いていただける、執筆者さんです。コラム、エッセイ、単独記事、企画記事の何れかをお願いしたいです。お得意なものを。

現在は1日1記事しか配信できていないのですが、執筆体勢が整えば、1日2記事、3記事と増やしていきたいと思っています。

 

一緒に作る(記事やエピソードのご提供)

ご自分のブログやホームページに掲載された記事を、ご提供ください。1つ1つ丁寧に、公開記事としてリライトします。

『うちの子がうちにくるまで』『もう一度、うちの子がうちにくるまで』『病気別・闘病記』など、これまでにも沢山の方々から、エピソードのご提供をいただきました。

感動は心の中に止めるよりも、大勢の方々で共有したいものです。

 

まとめる(編集)

記事の企画を行い、ライターとの橋渡しをします。
出版社で言う、編集部の機能です。

サイト全般の運営にも関わります。

 

チェックする(校正)

ライターの書いた文章のチェックを行います。主には誤字脱字のチェックです。

(当サイトの場合、能力に応じて、修正や部分的な加筆もお願いする場合があります。文章修業としても有効ですよ)

 

読む(実はこれが一番大事)

Withdogは楽しい記事も多いのですが、闘病とか、看取りとか、ペットロスとかのように、普通のサイトでは歓迎されていない記事も、正面から扱っています。

飼い主さんが本当に困った時に、役に立つサイトにしたいのです。

いつか誰かの役に立つためには、ネットの海の中に、記事を沈めてしまうわけにはいきません。目立つ必要はありませんが、探せば(検索すれば)見つかる場所に、そっと置いておきたいと思っています。

そのためには、読んでいただくのが、一番効果的です。

もちろん、つまらない記事を読んでくれというつもりはありません。関係者一同、良い記事を書くように努力します。

 

広める(これも悩んでいます)

Withdogは動き始めて、まだ1か月も経たないサイトです。だからその存在を知る人も多くはありません。

知られていなければ当然読まれませんね。なので、ぜひ広めるのにもご協力ください。

しかし、つまらない記事までリツイートしてくれとは言いません。良い記事だけで結構ですので、応援をお願いします。

 

最後に

※本サイトは、今のところ収益目的のサイトではありません。
※よって募集するのは、ボランティアスタッフとなります。
※ご応募はツイッターより、主催者のアカウントにDM(ダイレクトメール)をお願いします。

犬が大好きな方の御応募を、お待ちしています。

※猫好きな方も同時にお待ちしております。