犬を飼うということ

いつまでも君と……

健康

犬の健康全般についての記事をまとめています。

【ペットロス】『血の涙』をもう一度考えてみた ~看取ってみて、初めてわかること。伝えたいこと~

撮影&文:樫村慧 また春がやってきた。愛犬ラフを見送ってから、2回目の春だ。 ラフは4月20日生まれ。生きていれば、今日で13歳になる。いなくなって寂しいかと聞かれれば、それは寂しい。思い出さない日はない。しかし、それも案外悪くないと思う自分も…

やばい、もう吸っちゃったよ。と思われている方へ ~禁煙のススメ(後編:リカバー編)~

文:高栖匡躬 これまで2回連載した、犬の受動喫煙の記事に関しては、予想以上に反響をただいて驚きました。皆さん、気になさっていたんですね。 そんな中で、ちょっと気になる質問を受けました。既に喫煙をしていて、これから禁煙をしたとして、ご自分の愛犬…

数字から見た、犬の受動喫煙のリスクと考察 ~禁煙のススメ(中編:データ編)~

文:高栖匡躬 さて、前回に続いて犬の受動喫煙の話。今回はデータ編です。 前回のおさらいを少しすると、犬の方が人間に較べて、受動喫煙の害が大きいとするのは、煙草の煙は空気に較べて比重が大きいために、低いところ(つまり床に近いところ)を漂うこと…

犬と煙草、どちらがお好き? どうやら両方は選べないらしい ~禁煙のススメ(前編)~

文:高栖匡躬 今日は、犬の受動喫煙のお話をします。まずは、煙草とは無関係な、ちょっとした昔話から始まります。春の選抜高校野球を見て、不意に思い出してしまいました。 少し前のことです。故郷に住む幼馴染が電話を掛けてきました。「よう元気か?」電…

【犬版:増強】闘病時の情報収集、検索方法を考えてみよう ~コツを知る知らないで効率が違います~

文:高栖匡躬 本記事は姉妹サイトのWithcatで反響のあった記事(闘病時の情報収集仕方とそのコツについて書いたもの)をベースにしたものです。ご質問をいただいたことへの回答を中心に加筆をした上で、【犬版】としてWithdogにも公開したいと思います。 ● …

【絶食】【食欲不振】【食欲減退】食べない事にも意味がある ~今の”食”が将来の幸せをつくる(4/4)~

今の"食"が将来の幸せをつくる|4話 8話連載の最終回。 食べるだけでなく、食べない事も大切。 食べない意味を知ると、食事が変わるかもしれません。 基本は長い視野で食事を考えること。 良いフードにばかり目が行きがちですが、【粗食】も【食べないこと】…

【粗食】【食べムラ】【食欲不振】粗食のススメと、ネット情報の誤解 ~今の”食”が将来の幸せをつくる(3/4)~

今の"食"が将来の幸せをつくる|3話 食べムラを防ぎ、闘病、介護の食事を楽しいままにするには、【粗食】が大切。 ――警察犬の学校で学んだ、大切なことです。 ”食べれば良い”というものではない。 そして”食”は、犬の一生を通して設計するもの。 最期まで楽…

【食べムラ】【躾】食べムラ(我儘)を躾けることの意義 ~今の”食”が将来の幸せをつくる(2/4)~

今の"食"が将来の幸せをつくる|2話 美味しいものをたべさせてやりたい。喜ばせてやりたい。 飼い主ならそう思いますね。 では、それはいつ? 今? 将来? 病気でも、食事の時間を楽しみにさせたい。 介護になっても、食べる喜びを感じさせたい。 そのために…

【食べムラ】【食欲不振】まず食べムラ(我儘)のない子に育てよう ~今の”食”が将来の幸せをつくる(1/4)~

今の"食"が将来の幸せをつくる|1話 食べムラ対策の記事には、不満を感じる。 なぜ食べさせるのか? 理由が書かれていない。 そして、時間の視点が欠けている。 今、選んだ食べものは、将来の幸せを作るのかもしれない。 逆に、将来の悩みの種になるのかもし…

【投薬】【食事】【療法食】食事と薬の切り分けは、飼い主の覚悟 ~闘病中は、大好物を守らなきゃ(後編)~

3話連載の、一番重要なポイント。 大好物を守るには、大好きなご飯と、大嫌いな薬を切り分ける必要があります。その具体的な方法とポリシーを、体験を元に書きました。 誤解している記事や情報が多いと感じます。 大事なのは割り切りと、覚悟。 (追記) ”…

【投薬】【食事】【療法食】嫌いになるのはスパイラル ~闘病中は、大好物を守らなきゃ(中編)~

前話はピーチーが、気付け薬のアイスが嫌いになる過程を書きました。 今回は投薬でいつも使っていた豆腐と、療養食2種が嫌いになる過程を描きます。 それぞれが違う理由―― どれも、闘病時には容易に起こりうることです。 どうかご注意を。

【投薬】【食事】【療法食】大好物が嫌いになる瞬間 ~闘病中は、大好物を守らなきゃ(前編)~

どの家でも、愛犬、愛猫に大好物ってありますよね。 若い頃にはそれが沢山あって、歳をとって段々を減っていく。 大好物は本当に強い味方です。 病気をし、介護の段階になると、それが身に染みてわかってきます。 大好物の大切さは、その時まではわからない…

うちに来て良かった? 犬を飼う者は誰もが思う ~わたしの心の葛藤は、笑顔に溶けて行った~

この子は、うちに来て幸せだったんだろうか? 飼い主ならば、絶対に一度は考える事ですね。 時には、 うちに来てさえいなければ―― うちでなかったら、こんな事にはならなかったかも―― なんて、思いつめたりして。 飼い主はいつも思い続ける。 でも幸せなんだ…

老いに困惑しているあなたへ ~わたしが経験したこと、感じたこと~

老犬の可愛さを知っていますか? 子犬のように可愛い、老犬の可愛さを―― それに気が付くかどうかで、愛犬との関わりは変わります。 介護は苦しいの? それとも楽しいの? 可愛い老犬の介護は、可愛い子犬のお世話ととても似ています。 みんな気が付いたらい…

カテゴリーの一覧です

カテゴリーを定義するためのページです。