犬を飼うということ

いつまでも君と……

このサイトは犬について語るもの。しかし時には猫がしたり、犬猫に共通の話題にも触れています。

【免疫抑制剤】【ステロイド】やっと見えてきた光明 ~自己免疫不全と免疫の抑制(3/3)~

撮影&文:高栖匡躬 前回は、1日1錠まで減っていたステロイド剤『プレドニゾロン』を、1日4錠に戻したことと、免疫抑制剤『アトピカ』を、1日100mgから200mgに増量したところまでを書きました。 今回はその続きと、ピーチーの経過について書きます。

【免疫抑制剤】【ステロイド】一筋縄ではいかない薬の切替 ~自己免疫不全と免疫の抑制(2/3)~

撮影&文:高栖匡躬 前回の記事では、1回目の血液検査で愛犬ピーチのシクロスポリン濃度が、100ng/mlの段階(基準値100~600に対して)だったところまでを書きました。 今回は、ステロイド剤から免疫抑制剤に切り替わる過程を、ピーチーを具体的な例としてご…

【免疫抑制剤】【ステロイド】ステロイド剤減薬の先にあるもの ~自己免疫不全と免疫の抑制(1/3)~

撮影&文:高栖匡躬 前シリーズの記事では、自己免疫不全の対処とステロイド剤の減薬について書きました。恐らくは多くの飼い主さんが、悩みながら、手探りでやっていることで、我が家もそうでした。今回からは、ステロイド剤の次の段階で用いられる、免疫抑…

ピーチーの闘病記:劇症肝炎編 まとめ読み③(Complete)を公開しました。

ピーチーの闘病記:劇症肝炎編 (13話~18話)本まとめ読みは、1017年11月から連載した、ピーチーの闘病記をベース構成したものです。(今回は7話~12話まで) Reviewカテゴリー:闘病記作者:高栖匡躬 危機を脱し、元気になったピーチー。闘病中は身を切る…

最後の瞬間まで喜びはあるもの ~終末期を楽しむと言う選択(3/3)~

撮影&文:高栖匡躬 看取りと言うのは、臨終の瞬間という意味もあるのですが、そこに至る手前の、ある一定の時間でもあります。 その時間は、さぞかし悲しいものだと思われかもしれません。しかし、そこにはちゃんと喜びも笑いもあるのです。 だだ、それを感…

【犬版】病気別闘病記リスト ~2018年7月31日現在~

闘病記について 皆さんは、愛犬家の闘病記について、どのようなイメージをお持ちでしょうか?きっと愛犬が健康なうちは、あまり気にも留めないものだと思います。我が家でもそうでした。 愛犬が病気になり、しかもそれが深刻なものと分かると、飼い主は必死…

ピーチーの闘病記:劇症肝炎編 まとめ読み②(Complete)を公開しました。

ピーチーの闘病記:劇症肝炎編 (7話~12話)本まとめ読みは、1017年11月から連載した、ピーチーの闘病記をベース構成したものです。(今回は7話~12話まで) Reviewカテゴリー:闘病記作者:高栖匡躬 賭けだと思って選択したステロイドの大量投与は、どうや…

別れは日常の先に ~終末期を楽しむと言う選択(2/3)~

撮影&文:高栖匡躬 愛犬が若かった頃、”看取り”は現実感の無い、無限の未来のことででした。何かとても壮大なドラマ(悲劇)のようにも思いました。元気一杯で目の前にいるうちの子が、この世を去っていく瞬間のことなど、全く想像がつかなかったのです。 …

ピーチーの闘病記:劇症肝炎編 まとめ読み①(Complete)を公開しました。

ピーチーの闘病記:劇症肝炎編 ①(1話~6話)本まとめ読みは、1017年11月から連載した、ピーチーの闘病記をベース構成したものです。(今回は6話まで) Reviewカテゴリー:闘病記作者:高栖匡躬 突然の発熱と倦怠感。未明の時間に救急救命へ。当初熱中症と…

泣いて見送る? 笑って見送る? ~終末期を楽しむと言う選択(1/3)~

撮影&文:高栖匡躬 今回から3回は、愛犬がこの世を去る、終末期のことを書きたいと思います。といっても暗い話ではなく、前向きな話です。 愛犬が日に日に弱って、そう長くはないだろうなと思った時、飼い主はとても不安になります。自分の経験に照らしてみ…

【フィラリア予防薬】今日はハナのうれしい日 ~最近は少なくなりましたが、とても大切なこと~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日はハナが大好きなフィラリアの予防薬のお話です。このお薬、食べないワンちゃんもいるらしいです。 どうしてかな~?美味しいのにね。ハナにちょうだい! 撮影&文:ハナちゃんママ 今日は、ハナにとって、うれし…

【結石症】人間でも激痛の病気。もちろん犬も猫もね。 ~うんちとオシッコの観察が大事です~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日ご紹介する病気は結石症。人間だと激痛を伴うので知られていますが、犬も猫も痛いんです。そして、珍しい病気ではありません。 頻尿になったり、血尿が出たり、おしっこが濁っていたら要注意。痛がっていたら一大…

【ニキビダニ】痒くはないけど、知らずに進むのも困る ~ダニはイヤイヤ~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日、取り上げるのはニキビダニ。 ダニといえば、想像するのはカイカイですね。ヒゼンダニの寄生で起きる疥癬は、スーパー・カイカイ!でも今日のニキビダニは、そうではないみたい。カイカイも困るけど、気付かない…

【ステロイド】【減薬】ピーチーの減薬経過と、免疫抑制剤 ~知っていれば怖がらなくて良い(3/3)~

撮影&文:高栖匡躬 前回はステロイド剤の減薬については、唯一の答えは無いということを書きました。 答えが無い以上は、飼い主が試行錯誤して、自分なりの答えを見つけていくしかないわけです。しかしそれを、全くゼロの状態から行う必要はありません。少…

【ステロイド】【減薬】実は獣医師だって、そんなに詳しくない ~知っていれば怖がらなくて良い(2/3)~

撮影&文:高栖匡躬 前回は、筆者の愛犬ピーチーを例にとって、ステロイド剤を処方する事になった経緯と、処方によって発現した副作用について書きました。 今回からは、本題である減薬について触れて行きます。ステロイド剤は効き目は明らかなのですが、処…

【ステロイド】【減薬】ありふれた薬なのに、情報が極端に少ない ~知っていれば怖がらなくて良い(1/3)~

撮影&文:高栖匡躬 今日から3回に渡って、ステロイド剤とその減薬について書こうと思います。筆者の愛犬ピーチーの、経験に基づいたものです。 ステロイドとその減薬は、探しても資料がなかなか見当たりませんね。以前に筆者が書いたブログ記事は、今も読ん…

Withdogに手記を書いてみませんか?

手記を残してみませんか? 犬や猫との暮らしって、段々と慣れて当たり前になってしまいますよね。 奇跡のように家族になったのに―― 何でも無い日常は、本当は奇跡なのにね―― でも、その中にいる時は、気が付かないものなんです。だから――記事で残しませんか…

【エリザベスカラー】【避妊手術】すでに体の一部? エリザベスカラーが外れる日 ~コポーの避妊手術(5/5)~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 最初はすごく嫌だったのに、最近はすっかりなじんだエリザベスカラー。でも、そのカラーが、とうとう外れる日が来ました。 さて、コポーはどんな反応をするのかな? 撮影&文:ハナちゃんママ エリザベスカラー生活に…

【エリザベスカラー】【避妊手術】首の周りが、どんどん大きくなるよ ~コポーの避妊手術(4/5)~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 エリザベスカラーは、付けた時には違和感なんだけれど、そのうちに何とかなっちゃうの。慣れってすごいんだなあ―と、何度もエリザベスカラーを付けたわたしが言うんだから、本当です。 人間もエリザベスカラーを使った…

【エリザベスカラー】【避妊手術】元気なのはいいけど、傷口を舐めちゃダメ ~コポーの避妊手術(3/5)~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 コポーはエリザベスカラーが嫌いみたいだけど、慣れてきたのかな?体を無理やり折り曲げて、傷口を舐めようとします。そんなに曲げたら、グキッっていっちゃうんじゃないかな? 心配。「えっ?」それってハナちゃんが…

【エリザベスカラー】【避妊手術】1日経ったらすっかり元気 ~コポーの避妊手術(2/5)~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 妹のコポーは、昨日とはうってかわって、すっかり元気です。でも、ママは元気すぎるのも困るみたい。傷口が心配なんだって。 撮影&文:ハナちゃんママ (この記事は2017年1月に執筆されたものです) 昨夜は、ぐったり…

【エリザベスカラー】【避妊手術】生後半年を過ぎて、そろそろその時期に ~コポーの避妊手術(1/5)~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 これから5回続けて、わたしの妹コポーの避妊手術について、取り上げます。 うちはママが獣医さんっていう、ちょっと普通と違う環境。だから、わたしもコポーもきっと、他のワンちゃん猫ちゃんとは、違う経験をしている…

もしも痴漢で逮捕されてしまったら ~犬猫の飼い主さん必見、それは知られざる事実~

作:ラファエル・マンテッソ モデル:ジミー・チュウ 最近、痴漢のニュースが多いですね。実際にやった人もいるでしょうが、冤罪(えんざい)も多いのだとか。 もしも外出中に、逮捕されてしまったら――しかも、一人暮らしで、家には犬や猫を飼っていたとした…

【安楽死】飼い主それぞれが考えたこと ~難しいからこそ考えてみたい(2/2)~

文:高栖匡躬 前回は記事を読まれた方が、自分なりに安楽死を考える時のガイドになるように、筆者の考えをまとめて見ました。 今回の記事は、以前に安楽死をテーマにした記事を書いた際に、読者の方々からいただいたコメントをまとめてみました。また、昨日…

【安楽死】皆さんはどう思いますか? ~難しいからこそ考えてみたい(1/2)~

文:高栖匡躬 安楽死について、皆さんはどう思いますか?或いは、安楽死について考えたことがありますか? とても繊細な話であり、賛否両論あるテーマですね。敬遠されがちな話なので、なかなか正面から扱う記事も少ないように思います。だから、敢えて……今…

【犬版】病気別闘病記リスト ~2018年6月10日現在~

闘病記について 皆さんは、愛犬家の闘病記について、どのようなイメージをお持ちでしょうか?きっと愛犬が健康なうちは、あまり気にも留めないものだと思います。我が家でもそうでした。 愛犬が病気になり、しかもそれが深刻なものと分かると、飼い主は必死…

【自己免疫不全】 「お歳です」の言葉ってどうなんだろう? ~その実例と検証(3/3)~

撮影&文:高栖匡躬 今回も自己免疫不全のお話し。3話連続の最終回です。ピーチーの病気に関して、掛かり付けの主治医と、サードオピニオンをもらっていた別の獣医さんとの会話を中心にまとめます。

【自己免疫不全】 自己免疫不全の診断について ~その実例と検証(2/3)~

撮影&文:高栖匡躬 自己免疫不全に関する前回の記事の続きです。今回はピーチーを例にとって、自己免疫不全は実は多くの犬たちが、既に罹患および、発症している可能性があることと、その診断方法について書こうと思います。

【自己免疫不全】 実は既に、身近で起きていることかも ~その実例と検証(1/3) ~

撮影&文:高栖匡躬 犬の病気というものは、愛犬がそれに罹って初めて、本当の姿を知りますね。それまでは、知識として知っていても、どうにも実感が湧かないのです。でもそれも当然の話ですね。自分が医者や研究者でも無い限り、自分に直接関係の無い病気に…

【犬版】ハナちゃんの動物病院 まとめ読み①(Complete)を公開しました。

【犬版】ハナちゃんの動物病院 (1話~5話) 本まとめ読みは、2018年1月9日から連載が始まった、『ハナちゃんの動物病院』の1話~5話までをまとめ読みにしたものです。 Reviewカテゴリー:診察記、闘病記作者:ハナちゃんママ病気別に1話完結で、わかりやす…