犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【犬版】君を迎えたときのこと

犬を飼いたいなと思い始めてから様々な葛藤があるものです。本当に私に飼えるのだろうか…そんな心配していてもしょうがない、やっぱり犬と暮らしてみよう。そんなお話ばかりを集めました。この子に出会えたのは運命だね。 特集記事である『うちの子がうちにくるまで』はこのカテゴリーの一部です。

卒業、エリートではなくオトボケな子に一直線 ~警察犬の学校に行くということ(4/4)~【犬の躾とトレーニング 】

チッチ先生がしつけを強くしてくれた理由 撮影&文|高栖匡躬 『警察犬の学校に行くということ』の最後に、家に帰ってきたからのピーチーの様子を書いておこうと思います。 ピーチーが学校からうちに帰る日の事。別れ際にチッチ先生は「しばらくは、優しくし…

カエル足は突然に ~警察犬の学校に行くということ(3/4)~【犬の躾とトレーニング 】

プロの訓練士にピーチーを預けた理由は 撮影&文|高栖匡躬 ピーチーの2度目の面会に行ったのは、1度目の面会の更に一か月後のことでした。そこでは印象深かった出来事があります。 この面会では、ピーチーが学校を卒業して帰宅する準備として、散歩の練習…

【まとめ】うちの子がうちにくるまで ① ~覚えていますか? あの日のことを~

【犬版】うちの子がうちにくるまで (No1~7) Reviewカテゴリー:エッセイ作者:オムニバス 犬や猫を飼うとき、必ず思う事がありますね。「うちで飼えるかな?」 「きちんと世話が出来るかな?」 「最期まで面倒をみてあげられるかな?」 「別れは寂しいだ…

自信をなくしたピーチーは…… ~警察犬の学校に行くということ(2/4)~【犬の躾とトレーニング 】

訓練士には訓練士なりの流儀がある 撮影&文|高栖匡躬 ピーチーを学校にやってから、1か月が経ちました。学校では1か月に1回だけ、愛犬への面会が許されています。つまり――、遂に待ちに待った、面会の日がやって来たのです。 筆者と奥さんはソワソワと、指…

私、凶暴な犬ですか? ~警察犬の学校に行くということ(1/4)~【犬の躾とトレーニング 】

プロの訓練士にピーチーを預けた理由とは? 撮影&文|高栖匡躬 今を去ること18年前、筆者の愛犬ピーチーは警察犬の学校に入りました。入るというのは、まさしく読んで字のごとく、通いではなくて、その学校に寄宿舎のように一定期間入ってトレーニングを受…

それはまるで赤い悪魔 ~ハリーのお話~ 【初めての犬が、大型犬】

私は幼い頃から犬が大好きで、結婚してからも犬が欲しかったのですが、その頃、主人の叔父のマンションに住んでいて、叔父が生き物を飼うことを禁じていたので、無理と諦めていました。 娘と “犬めぐり” と称して、近所の犬を見て回ったり、よその犬のお散歩…

ホームセンターの売り場で一目ぼれ ~ディアンのお話~ 【まるで縫ぐるみ】

ペットショップで心を奪われて…… 犬を飼う時の動機の中では、かなり上位にランクインするはず。 うちの子の時も、似たような感じだった。 ペットショップは賛否両論あるけれど、良い出会いも沢山生まれる。 うちもそうだったし、このお話もとても良い、 先住…

犬の概念を覆す、犬 ~ジェッツのお話~ 【ジャック・ラッセル・テリア】

ジャックラッセルテリアは、飼いにくい犬の代表選手。 飼いたいと誰かに言えば、ほぼ反対されるのではないでしょうか?。 しかしこの犬、チャーミングで、好きな人にはたまらない魅力がある。 飼いにくい、飼いにくい…… 大変だ、大変だ…… でも、乗り越えた時…

可愛いだけが理由じゃないよ ~トラ、サブ、ゲンのお話~ 【飼いにくい犬種の2トップ】

飼い主が犬を、家に迎える理由は色々ありますね。 星の数ほどあると言って良いでしょう。 しかし根本のところでは似ています。可愛い犬、念願の犬を迎えると言う共通点を持っているからです。 でも――、今回のお話はちょっと違います。 『厄介なものを背負い…

変顔がいいね、ブルテリア ~あんこのお話~ 【はじめての犬を飼う】

トボケタ表情が魅力、ミニチュアブルテリアのあんこちゃんが、愉快な鈴木家に迎えられるまでのお話です。 愉快な鈴木家で、愉快な犬になったあんこちゃん。犬って家族で変わるんだなあと、実感するお話です。 最初はダンボール箱に入って来たんだね。うちの…

【葛藤と決心、犬を飼う】息子に兄妹を迎えよう ~さくらがうちの子になったのは~

まずは私の自己紹介です。 現在アラフォー、24歳の息子を持つシングルマザー。 愛犬さくらを迎えたときの家族構成は、母、私、息子、当時未婚の私の妹4名。 私自身、離婚したことに後悔はなかったのですが、当時小学1年の息子に父親と離れ離れにしてしまった…

【葛藤と決心/飼いやすいパピヨンのメス】あの頃は、どうしたら飼えるかも知らなかった ~りくがうちの子になったのは~

私が犬を飼ったのは、もう18年も前のこと。当時私は中学生だった。 小学生の頃、学校の帰り道で近所の犬と遊び始めて、それからぼんやりと犬を飼いたいなあと思っていた私。 そんな私に両親が、「犬を飼ってみる?」と聞いて来た。 実はその頃、私は引きこも…

うちの子は動物園生まれ ~太郎のお話~【会ってしまったら一目ぼれ】

太郎は、香川県のしろとり動物園で生まれました。 しろとり動物園は、虎の赤ちゃんを育てたフレンチブルドッグ『ナナちゃん』が某テレビ番組で紹介され、有名になったところです。 太郎は2006年7月4日生まれです。 2歳のナナちゃんが虎の赤ちゃんの育児を始…

【二匹目の子】手荷物でうちにやってきたんだよ ~れん がうちの子になったのは(後編)~

文:かっぱ太郎、撮影:F.zin ~うちの子がうちにくるまで No.28 - 2~ ”うちの子がうちにくるまで”とは愛犬を家に迎えるまでの葛藤を、飼い主自身が、自分の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。 ● ペットショップの若い女性店員さんは、とても丁寧に、そ…

【二匹目の子】ともだちになってくれる? ~れん がうちの子になったのは(前編)~

文:かっぱ太郎、撮影:F.zin ~うちの子がうちにくるまで No.28 - 1~ ”うちの子がうちにくるまで”とは愛犬を家に迎えるまでの葛藤を、飼い主自身が、自分の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。 ● 先住犬のちぃが、わが家に来てからもうすぐ一年となった…

【オーストラリア犬/不思議な出来事】それからのこと、それからの想い ~テツへの手紙(4/4)~

撮影&文:テツのママ テツがいなくなってから、不思議な事がおき始めました。我が家に1羽の鳥が訪れるようになったのです。 それはオーストラリア・マグパイと言っうカラス科の鳥で、毎日我が家へやって来ては、テツが生前していたような行動をとるのです。

【オーストラリア犬/別れ】私達が決めたこと、そして君が決めたこと ~テツへの手紙(3/4)~

撮影&文:テツのママ その夜、パパと私とテツの3人は、リビングに一緒に寝ました。テツは呼吸が苦しそうでした。しかし私はそんなテツをどうすることも出来ず、ただただテツの頭や身体を撫でてあげることしかできませんでした。 テツはたまに頭を上げては、…

【オーストラリア犬/安楽死】覚えている? 楽しかったね ~テツへの手紙(2/4)~

撮影&文:テツのママ テツとの生活は、毎日、毎日とっても幸せでした。パパと口喧嘩をした時には、いつもテツが間に入って、じっと座って見守ってくれました。 私が悲しんでいると、そっと膝の上に顔を乗せて、まるで「どうしたの? 大丈夫?」と言っている…

【オーストラリア犬/ブルアラブ】はじめて君がうちにやってきたとき ~テツへの手紙(1/4)~

撮影&文:テツのママ ~愛しいテツへ~テツ、テツに初めてお手紙を書くよ。テツが初めてパパとママの元に来たのは2006年11月12日。生後2ヶ月の時で、体重はまだ4 kgだった。テツはとっても不安そうな顔をしていたね。「ここはどこ?」「なんで僕はここにいる…

【いざとなったら尻込み】夫が背中を押してくれて、あの哲学者がうちにきた ~ちぃがうちの子になったのは(後編)~

文:かっぱ太郎、撮影:F.zin ~うちの子がうちにくるまで No.27 - 2~ ”うちの子がうちにくるまで”とは愛犬を家に迎えるまでの葛藤を、飼い主自身が、自分の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。 ● 念願の、あの哲学者のような子犬を目の前にし、しかもそ…

【実は犬が苦手でした】哲学者との出会い、そして再会 ~ちぃがうちの子になったのは(前編)~

文:かっぱ太郎、撮影:F.zin ~うちの子がうちにくるまで No.27 - 1~ ”うちの子がうちにくるまで”とは愛犬を家に迎えるまでの葛藤を、飼い主自身が、自分の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。 ● 実は私、犬が苦手でした。それは幼少時、祖母の家の近所…

【里子になんて出せないよ】きっとあの子たちは天使だったのだと思う ~『ごはん』と『おかず』がうちの子になったのは(後編)~

2匹の子犬は生きようと、哺乳瓶に必死で吸いつきます。 やがて、へその緒が落ちて、可愛い目が開いて、歯が生えて…… ――もう安心。 譲渡会に連れて行くその日でした。 また偶然の巡り合わせ―― 2匹はうちの子になるのです。 犬は奇跡のように、うちにやってく…

【へその緒がついたまま捨てられた子】「生きたい、生きたい」と泣く子犬 ~『ごはん』と『おかず』がうちの子になったのは(前編)~

初めての犬を飼い始めて3カ月。 散歩から帰ったご主人が言いました。 「へその緒がついた子犬が捨てられていた」 驚く奥様。 「なんで連れて帰って来んの!?」 草むらには本当に「生きたい、生きたい」と鳴く2匹の子犬がいたのでした

犬猫多頭飼いの我が家が、初めて迎えた犬 ~レイちゃんがうちの子になったのか~

猫の多頭飼いをするお宅。 そこにはじめて迎え入れた犬が、レイちゃんでした。 素人繁殖で生まれ、保健所に持ち込まれる寸前でのこと。 トレーニングされていなかったレイちゃんは、吠えまくり。噛みつきまくり。 しかし、段々とうちの子に――

【決めた、犬を飼おう!】大型犬を飼うなんて、考えていなかったんだけど ~ロン君がうちの子になったのか~

最初は大型犬なんて、考えてもいなかったのに―― 『大型犬には、大型犬にしかない可愛さがあるんだよ』 勤務先の病院で、ニューヨーク帰りの医師の影響を受けた飼い主。 やがて―― 多頭飼いの1員として、ゴールデンレトリバーがやってきます。

【飼うために引っ越し】今も心に残る声「おまえ、良かったな」 ~ゆうすけがうちの子になったのは~

出張先で、偶然目にした人だかり。 その中心には、血統書付きで捨てられた可愛いコーギーが。 しかし、昼休みに気になって見に行くと、もうその子は、保健所に連れて行かれたとのこと。 「飼い主探します!」 思わず口から出た一言。 一旦引き取って、もらい…

Withdogに手記を書いてみませんか?

// 手記を残してみませんか? 犬や猫との暮らしって、段々と慣れて当たり前になってしまいますよね。 奇跡のように家族になったのに―― 何でも無い日常は、本当は奇跡なのにね―― でも、その中にいる時は、気が付かないものなんです。だから――記事で残しません…

【出会い/ペットショップでの譲渡】[ただであげます]と貼り紙をされた犬 ~『ちょび』がうちの子になったのは~

猫の『おいで』を供養した日、作者がペットショップに立ち寄ると、 そこには[ただであげます]と張り紙された犬がいました。 その犬はその日、家族になりました。 そして作者は一大決心。 「家を買おう!」 ――猫の『おいで』の話、続編です――

心の準備もできないままに ~ピーチーのお話(3/3)~【ペットショップで勝負あり】

ペットショップには、心を決めてから行ったのではありません。 ただ、どんな子なのかを見たかっただけ。 しかし、その子は、想像を遥かに上回る可愛さで―― 一生懸命に、尻尾を振って―― 「この子にします」 それは、家族が増えた瞬間でした。

運命の電話は突然に ~ピーチーのお話(2/3)~【やっぱり、アイパンチでなくちゃ!】

犬を飼えるぞ! となっても、そう簡単ではありません。 面倒を見られるかな? 犬の寿命ってどれくらい? 別れは寂しいだろうな…… 意外にハードルは高いのです。 しかも我が家は、 ブルテリアで―― アイパンチで―― 男の子―― という条件付き――