犬を飼うということ

いつまでも君と……

エッセイ

犬について語ったエッセイです。

大型犬を飼うなんて、考えていなかったんだけど ~ロン君がうちの子になったのか~

撮影&文:ゆきねー ~うちの子がうちにくるまで No.23~ ”うちの子がうちにくるまで”とは愛犬を家に迎えるまでの葛藤を、飼い主自身が、自分の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。 ● 我が家は今、猫5匹犬4匹と暮らしています。最初は1匹の子猫を拾ったの…

【非再生性免疫介在性貧血】1月26日 そうか、怠けてるワケではないのか ~はじめの半年(2/16)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2017年に執筆されたものです) はっきり病名を診断されてからは、まだあまり経ってないけど、ブログを追うと10月始めくらいから食欲の減退があった。 実はそれより少し前から、歩き方がおかしいなと感じて…

元気でいるかい、ゆうすけ? ~君のいない5か月:ゆうすけの闘病記(その後)~

撮影&文:ゆうすけパパ ゆうすけが、虹の橋へ旅立って5ヶ月がたちました。 今では、朝の散歩もすることがなくなり、ゆうすけがいない生活にも慣れました。というか、なんだかんだで、よく世話してきたなと思うくらいになっています。

【犬版】うちの子がうちにくるまで まとめ読み③(Complete)を公開しました。

【犬版】うちの子がうちにくるまで (No12~15) Review カテゴリー:エッセイ作者:オムニバス ごく普通の人たち(我々)が、犬を飼うか迷い、結局飼おうと決心するまでの葛藤を、飼い主自身の言葉で綴ったエッセイです。 (登場する犬たち)No.12【飼い主…

【非再生性免疫介在性貧血】12月14日 血液検査の数値は右肩上がり ~はじめの半年(1/16)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) 昨日、チョコラッの血液検査に行って来ました。 貧血を表す数値 PCV(血球容積)35%※通常の値は37〜 基準値37.3〜にはまだ及びませんが、前回、前々回と右肩上がり…

【精巣腫瘍】【看取り】僕の腕の中でおやすみ ~ゆうすけの闘病記(3/3)~

撮影&文:ゆうすけパパ 食いしん坊だったゆうすけ。 最後に何か、食べさせてあげたい。そう思って手を尽くしたのですが、願いはかないませんでした。 そして、ついにその時はやって来てしまいます。

【犬版】うちの子がうちにくるまで まとめ読み②(Complete)を公開しました。

【犬版】うちの子がうちにくるまで (No8~11) 本まとめ読みは、1017年11月から連載が始まった、『うちの子がうちにくるまで』の1話~5話までをまとめ読みにしたものです。 Review カテゴリー:エッセイ作者:オムニバス ごく普通の人たち(我々)が、犬を…

【精巣腫瘍】【看取り】何か食べたいものはないかい? ~ゆうすけの闘病記(2/3)~

撮影&文:ゆうすけパパ ここからは、ゆうすけの容態が変化してからの記録です。病気に対してはもう手の打ちようがなくなり、闘病というよりも、どんな介護をしていたを記していきます。 手の打ちようがないと言っても、諦めて投げ出したわけではありません…

【精巣腫瘍】【看取り】後悔はほんの少しだけあるよ ~ゆうすけの闘病記(1/3)~

撮影&文:ゆうすけパパ 私の大切な愛犬、ゆうすけは2017年11月14日に、虹の橋に出発してしまいました。病名は精巣腫瘍。悪性度が高かったため、発見から僅か1か月半後のことでした。 ゆうすけはとても頑張ってくれて、私は闘病には大きな後悔はありません。…

【犬版】うちの子がうちにくるまで まとめ読み①(Complete)を公開しました。

【犬版】うちの子がうちにくるまで (No1~7) 本まとめ読みは、1017年11月から連載が始まった、『うちの子がうちにくるまで』の1話~5話までをまとめ読みにしたものです。 Review カテゴリー:エッセイ作者:オムニバス ごく普通の人たち(我々)が、犬を飼…

【非再生性免疫介在性貧血】11月24日 随分と時間が掛かるものです ~最終検査結果まで(6/6)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) 検査結果が出揃い、病名「非再生性免疫介在性貧血」が確定するまでに、実に1ヶ月近くかかりました。 その間、お薬を処方されてたとはいえ、チョコラッの貧血値は低いところで…

「おまえ、良かったな」今も心に残る声 ~ゆうすけがうちの子になったのは~

撮影&文:ゆうすけパパ ~うちの子がうちにくるまで No.22~ ”うちの子がうちにくるまで”とは愛犬を家に迎えるまでの葛藤を、飼い主自身が、自分の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。 ● ゆうすけと出会ったのは、2006年11月21日のこと。出張先の市役所で…

【非再生性免疫介在性貧血】11月22日 症状が出なかった理由は…… ~最終検査結果まで(5/6)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) 先日、チョコラッの最終検査結果が出たと書きましたが、今日新たに医師から追加内容を告げられました。 チョコラッの病気、免疫介在性貧血には2種類(再生性と非再生性)に分…

【非再生性免疫介在性貧血】11月20日 最終検査結果が出ました ~最終検査結果まで(4/6)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) 最近、チョコラッの病気記事ばかりになってしまって、ゴメンなさい。(>人<;)毎日、頭の中がチョコラッのことでいっぱいで。 チョコラッの圧迫排尿をしたら尿が真っ赤!(免疫…

【非再生性免疫介在性貧血】11月16日 今はとても元気です ~最終検査結果まで(3/6)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) 昨日はチョコラッの病院。 貧血を表す数値 PCV(血球容積)が21%※通常の値は37〜 前回は19%だったから、少し上がったけど、今までの推移から見ると上がったと言うより…

【非再生性免疫介在性貧血】11月13日 血液内科専門獣医は何処に?? ~最終検査結果まで(2/6)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) チョコラッはPCV(血球容積)22%辺りを行ったり来たりだったのですが、8日に受けた血液検査では19%。ついに20%を切りました。 PCV(血球容積)が19%※通常の値は…

【非再生性免疫介在性貧血】11月5日 チョコラッの新しいお薬 ~最終検査結果まで(1/6)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) 昨日は秋晴れ!朝陽が眩しい中、お写真を撮ってみました(扉の写真)。 一昨日から、チョコラッ、疑わしい免疫介在性溶血性貧血のお薬飲み始めたんだけど、ヘルニア(脱腸)の…

[ただであげます]と貼り紙をされた犬 ~『ちょび』がうちの子になったのは~

撮影&文:Chobi ~うちの子がうちにくるまで No.21~ ”うちの子がうちにくるまで”とは愛犬を家に迎えるまでの葛藤を、飼い主自身が、自分の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。 ● 昔の話です。 1月28日に、私は可愛がっていた猫、『おいで』を亡くしまし…

消えない光 ~ラフと歩いた日々 第3話~

撮影:樫村 慧(本作は2016年10月に執筆されたものです) 7月18日月曜、明け方。ラフが突然の下痢。トイレシートは敷いてあったが、お尻周りや尻尾が汚れてしまって、さあ大変。 お風呂まで連れて行くのは難しいので、その場で拭こうとするが、お尻を触られ…

はじめてのご馳走 ~ラフと歩いた日々 第2話~

撮影:樫村 慧(本作は2016年10月に執筆されたものです) 腎不全のラフの食事は、腎臓サポート食の缶詰とドライフードが半々だったのだが、やがて缶詰だけを残すようになった。明らかに食欲が落ちていた。 7月7日、七夕の暑い日。ラフはやはり缶詰は食べずに…

いつもとちがう散歩道 ~ラフと歩いた日々 第1話~

撮影:樫村 慧(本作は2016年10月に執筆されたものです) 愛犬のラフがいなくなって、3カ月近くになる。あっという間だったような、随分と前のことのような、不思議な感じだ。 ラフが旅立つまでの事を書き残しておこう、そう思いながら夏が過ぎた。「自分の…

【看取り】それは一瞬ではなく、連続した時間 ~視点を変えて見えるもの(4/4)~

文:高栖匡躬 筆者の愛犬、ピーチーの去り方は劇的であり、今わの際のピーチーの行動には、我が子のことながらも感動を覚えました。→ピーチーとの別れはこちらにあります。 あれから2年が過ぎましたが、筆者は今でもとてもピーチーにとても感謝しています。 …

【看取り】生き様と、死に様について ~視点を変えて見えるもの(3/4)~

文:高栖匡躬 ここまでの記事では、愛犬の闘病時の選択は、全てが飼い主に委ねられ、飼い主は自分の生き様に照らして、その選択をしていくのだと書きました。 生き様と言うと、随分と大げさに聞こえたかもしれませね。しかし、その選択が愛犬の命を左右する…

【看取り】命を預かる本望 ~視点を変えて見えるもの(2/4)~

文:高栖匡躬 前話では、愛犬の命に関わる選択が、飼い主に委ねられることを書きました。自分のことを言うならば、犬を飼う時には、そんな選択が自分の肩にのしかかってくることなど、思いもしませんでした。 まさかオトボケで、食いしん坊の子犬が、14年後…

【看取り】飼い主に委ねられる選択 ~視点を変えて見えるもの(1/4)~

文:高栖匡躬 飼い主にとって愛犬の闘病は、選択の連続です。そしてその選択は、愛犬の最後の瞬間まで、ずっと続いていきます。 最後の延命治療をするのかどうか?目の前で苦しむ愛犬に、安楽死の道を選ぶのかどうか?呼吸が止まってしまってから、蘇生措置…

【非再生性免疫介在性貧血】11月2日 チョコラッ、免疫介在性溶血性貧血? ~病名が分かるまで(3/3)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) 今日、チョコラッ、3回目の血液検査に行きました。 免疫介在性溶血性貧血かの検査で抗核抗体に、陽性が出てしまいました。つまりが、免疫介在性溶血性貧血ですってことなんだ…

【非再生性免疫介在性貧血】10月28日 チョコラッの採血2度目 ~病名が分かるまで(2/3)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) 昨日、チョコラッの採血に行ってきました。貧血の数値は、2日前とほぼ同じでした。 赤血球が急激に減少していなくて良かった。まだ外注している血液検査の結果が出揃っていな…

【非再生性免疫介在性貧血】 10月26日 チョコラッ鼠径ヘルニア? ~病名が分かるまで(1/3)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) ――はじめに―― わが家の愛犬、チョコラッは、現在『非再生性免疫介在性貧血』という病気と闘っています。病気の確定診断は2016年11月2日に行なわれましたが、その予兆は10月26日…

【映画】深読みして見えてくる、犬のウンチの話 ~名作「Pulp Fiction」をウンチで掘り下げる~

© 1994 Miramax 文:高栖匡躬 映画『パルプ・フィクション』をご存知でしょうか? 1994年公開で、アカデミー賞では7部門にノミネートされ。脚本賞を受賞した名作です。名作とされてはいますが、絶賛される一方で、クソミソに貶(けな)す層もいます。マニア…

【映画】運命の犬、運命の飼い主 ~ゴールデンレトリバーの飼い主が観た『僕のワンダフルライフ』~

© 2016 Universal Studios and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved. 文:樫村 慧 真っ赤な夕陽に照らされて黄金色に輝く小麦畑に、どっしりと座る大型犬の後ろ姿。その風景を見た瞬間、私は、胸の奥をギュッと掴まれたような気持ちにな…