犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

樫村 慧

【まとめ】リンちゃんの起こした奇跡:樫村慧・セルフコメンタリー ~突然鳴ったインターフォン~

リンちゃんの起こした奇跡 樫村慧セルフコメンタリー Reviewカテゴリー:エッセイ作者:樫村 慧 愛犬ラフを迎えてから、いつも川沿いの道を散歩していた。そんな時、当時まだ小さく貧弱だったラフと同じくらいの大きさのボクサーみたいなお顔の女の子と知り…

【まとめ】ラフと歩いた日々&ラフのいない日々:樫村慧・セルフコメンタリー 【看取り/安楽死/ペットロス】

ラフと歩いた日々、ラフのいない日々 Reviewカテゴリー:エッセイ作者:樫村 慧 『ラフと歩いた日々』と『ラフのいない日々』は、『ラフと歩く日々』の続編で、3部作の構成になっています。 愛犬ラフが腎不全とわかり、余命2年と告げられてから、投薬と点滴…

【まとめ】ラフと歩く日々:樫村慧セルフコメンタリー ~ひたむきに生きる君~【腎不全になった愛犬ラフ】

ラフと歩く日々 ~ひたむきに生きる君~ Review カテゴリー:エッセイ作者:樫村 慧 3歳だった先住犬サンタを亡くしてから、我が家で犬の話題が出ることはなかった。意識していたわけではないが、なんとなく避けていたのかもしれない。 そんな我が家に、突然…

【まとめ】リンちゃんの起こした奇跡 ~突然鳴ったインターフォン~【思い出の土佐犬】

リンちゃんの起こした奇跡 Reviewカテゴリー:エッセイ作者:樫村 慧 犬にまつわる不思議な出来事。この話もきっとそうだ。散歩道で挨拶を交わす程度の犬仲間。実は名前も知らなかったりする。そんな犬仲間が、お互いの愛犬を亡くした後、たまたま書いたエッ…

【老犬アルバム】ハルさんに登場していただいた|No.6〜No.8 〜老犬さんの思い出(その4)~【#秘密結社老犬倶楽部】

#秘密結社老犬倶楽部 のハッシュタグ 老犬アルバム|No.6 ハル(飼い主:ヒロポンさん) 前回では、老犬アルバムがNo.3のかん太さんNo.4のテツさん、No.5のゆうすけさんについて書きましたが、そのカードのご紹介ツイートをする際にも、かなり悩んだことがあ…

【老犬アルバム】かん太さん登場!|No.3~No.5 ~老犬さんの思い出(その3)【年齢制限について】

老犬は何歳からか? 老犬アルバム|No.3 かん太(飼い主:かん太ママさん) 前回は、ご縁のある老犬ハリー君のカードと、私の愛犬ラフのカードを作って、募集を開始したところまでを書きました。ここから、本当の意味での老犬アルバムが始まることになります…

【老犬アルバム】最初のカードはハリー君|No.1~No.2 ~老犬さんの思い出(その2)【お空組もどうぞ】

お空組も参加してもらおう! 老犬アルバム|No.1 ハリー(飼い主:ハリーママ) 前話では、老犬アルバムのきっかけが、老犬の飼い主さんへの、お悔やみのカードであったことをお伝えしました。 今回はそのカードがどうして老犬アルバムになったのかをまずは…

【老犬アルバム】大きくて優しい子|きっかけはタフィさんと、もなかさん ~老犬さんの思い出(その1)【開始前夜】

一言に心が奪われることがある Withdogの告知のために制作したカードです。 樫村慧です。 いつもWithdog『犬を飼うということ』のご愛読、ありがとうございます。私が担当する【老犬アルバム】は、5月で開始から10か月になります。一周年になる7月には、兄妹…

軽くなった哀しみと、重くなった悲しみ ~大型犬と生きるということ(2/2)~

大きな子との別れは、大きな体を失うことだった 扉の撮影&文|樫村 慧 記事内写真|老犬アルバムより大型犬の皆さん ラフは7月になってもそれまで同様、腎臓サポート食ドライと缶詰をなんとか少量食べていたが、それまで与えたことのなかったおやつも、色々…

【まとめ】ラフと歩いた日々/ラフのいない日々 ~いつも君がいてくれたから~【看取り/ペットロス/安楽死】

ラフと歩いた日々、ラフのいない日々 Reviewカテゴリー:エッセイ作者:樫村 慧 本作『ラフと歩いた日々』と『ラフのいない日々』は、『ラフと歩く日々』の続編となるもので、3部作の構成になっています。 『ラフと歩く日々』は、ホームセンターで売れ残って…

【まとめ】ラフと歩く日々 ~いつも私の側には、ラフがいました~【腎不全になった愛犬】

ラフと歩く日々 Reviewカテゴリー:エッセイ作者:樫村 慧 ホームセンターのペット売り場の端っこで、売れ残っていた雄のゴールデン・レトリーバー。このお話は、ラフと名付けられたその子と、それを飼う事になった一家の、絆を描いた実話です。犬を飼う喜び…

大きな子との暮らしは、楽しいものだった ~大型犬と生きるということ(1/2)~

大きなカラダの闘病、看護、そして介護 扉の撮影&文|樫村 慧 記事内写真|老犬アルバムより大型犬の皆さん 今は季節の変わり目。そのせいもあってか、病状が急変する老犬さんがとても多い。ツイッターやブログで、そんな老犬さんを目にする度に、3年前のラ…

いつも悩みながら、絞り出す言葉 ~闘病中の飼い主さんにかける言葉~ 

看護/介護を経験して、初めてわかる気持ち 撮影&文|樫村 慧 今私は、Withdog『犬を飼うということ』に携わっており、老犬さんの魅力を伝える【老犬アルバム】を担当している。その為、ツイッターでは老犬さんと暮らす飼い主さんのツイートを見る機会が多…

老犬アルバムVol.2:樫村慧コメンタリー Complete ~これからもっと、愛おしくなるんだよ!~

老犬アルバム Vol.2 樫村慧コメンタリー 老犬アルバムは 頑張る老犬を応援する、アルバムページです。大好きな愛犬の写真に、飼い主からの一言を添えたメッセージカード形式。 Vol.1は全49匹、49枚のカードで構成しています。[表紙]扉絵は、みらいさん(飼い…

老犬アルバムVol.1:樫村慧コメンタリー Complete ~これからが可愛さの本番なんだよ!~

老犬アルバム Vol.1 樫村慧コメンタリー 老犬アルバムは 頑張る老犬を応援する、アルバムページです。大好きな愛犬の写真に、飼い主からの一言を添えたメッセージカード形式。 Vol.1は全51匹、50枚のカードで構成しています。[表紙]扉絵は、まろんさん(飼い…

【災害時のペット】ラフと私の東日本大震災 ~愛犬を連れ、車で子供を迎えに~

311、あの日、私と愛犬は(その2)【体験談】災害時、ペットをどうするか? 撮影&文|樫村 慧 ――2011年3月11日、8年前のあの日ーー 私は愛犬ラフと自宅に居た。都内の職場での勤務は、金曜は休みだったので朝から家事をこなし、午前中はのんびりと過ごして…

【関東屈指/犬のパワースポット】念願叶って訪れたのは、オオカミの守る場所 ~ラフの思い出を連れて、三峯神社へ~

新しい年を迎えた。一年のうちでもっとも寒いこの時期、きっとあの場所は、厳しい冬を迎えているだろう。 そこは、私が愛犬ラフを連れて行きたかったところ―― ラフが腎不全とわかって闘病生活になってしまったので、行けず仕舞いになってしまったが、ずっと…

【犬と暮らす歓びを知ったから】私が、犬の文章を書き続けている理由 ~1周年を迎えたWithdogとWithcat~

学生の頃から、案外読書が好きだった。その頃人気のあった赤川次郎を、無意識に避けていた私は、筒井康隆の『七瀬ふたたび』に心震わせ、いわゆるハルキストではないけれど、村上春樹の『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』の3作に夢中…

きみがここにいた意味、今ここにいない意味 ~ラフのいない日々~【ペットロス】

撮影&文:樫村 慧(本作は2017年7月に執筆されたものです) 肌を刺すような日差しが、梅雨明け間近を知らせている。ゴールデンレトリバーの愛犬ラフが天国へと旅立った7月18日が、すぐそこまでやってきた。 末期の腎不全だったラフが尿毒症になり、ひどい痙…

りんちゃん、またね! ~お盆に起きた奇跡:土佐犬リンちゃんとの再会(3/3)~

文:樫村 慧 リンちゃんもラフも成長して、お互いに顔を合わせることがなくなっても、そのリンちゃんを迎えることになった経緯の話は、ずっと胸の奥に残っていた。 他の思い出よりもかなり色濃く私の記憶に刻まれていた。

いつも川の字の真ん中にいたんだよ ~お盆に起きた奇跡:土佐犬リンちゃんとの再会(2/3)~

文:樫村 慧 前話の続きです。 突然大きな花束を持って訪問して下さった、リンちゃんの飼い主さんご夫妻。お線香を上げていただいた後で、ラフと主人の遺影を眺めながら、訪問の経緯について話をして下さった。

突然のインターフォン ~お盆に起きた奇跡:土佐犬リンちゃんとの再会(1/3)~

文:樫村 慧 今年の夏は暑かった。かなりしんどい夏だった。 そんな酷暑の中、暑さも吹き飛ぶようなことが起きた。「こんなこと、あるんだなぁ…」そう呟いてしまうような奇跡があった。

消えない光、ごめんね ~ラフと歩いた日々(3/3)~【腎不全/看取り/安楽死】

撮影:樫村 慧(本作は2016年10月に執筆されたものです) 7月18日月曜、明け方。ラフが突然の下痢。トイレシートは敷いてあったが、お尻周りや尻尾が汚れてしまって、さあ大変。 お風呂まで連れて行くのは難しいので、その場で拭こうとするが、お尻を触られ…

はじめてのご馳走 ~ラフと歩いた日々(2/3)~【腎不全/看取り/安楽死】

撮影:樫村 慧(本作は2016年10月に執筆されたものです) 腎不全のラフの食事は、腎臓サポート食の缶詰とドライフードが半々だったのだが、やがて缶詰だけを残すようになった。明らかに食欲が落ちていた。 7月7日、七夕の暑い日。ラフはやはり缶詰は食べずに…

いつもとちがう散歩道 ~ラフと歩いた日々(1/3)~【腎不全/看取り/安楽死】

撮影:樫村 慧(本作は2016年10月に執筆されたものです) 愛犬のラフがいなくなって、3カ月近くになる。あっという間だったような、随分と前のことのような、不思議な感じだ。 ラフが旅立つまでの事を書き残しておこう、そう思いながら夏が過ぎた。「自分の…

【犬の映画/涙】運命の犬、運命の飼い主 ~ゴールデンレトリバーの飼い主が観た『僕のワンダフルライフ』~

© 2016 Universal Studios and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved. 文:樫村 慧 真っ赤な夕陽に照らされて黄金色に輝く小麦畑に、どっしりと座る大型犬の後ろ姿。その風景を見た瞬間、私は、胸の奥をギュッと掴まれたような気持ちにな…

【ペットロス】闘病で飼い主が流す『血の涙』って何? ~看取って初めて分かること。伝えたいこと~

撮影&文:樫村慧 また春がやってきた。愛犬ラフを見送ってから、2回目の春だ。 ラフは4月20日生まれ。生きていれば、今日で13歳になる。いなくなって寂しいかと聞かれれば、それは寂しい。思い出さない日はない。しかし、それも案外悪くないと思う自分も…

【ペットロス】いつかそこに行こう。愛犬の思い出を連れて。~オオカミに守られている場所、三峯神社~

文:樫村 慧(本記事は2017年10月に執筆されたものです) ひんやりとした山の静寂の中、ラフのリードを引いて”そこ”への階段を登る。ラフは、足取りも軽く飛ぶように歩く。大きな鳥居が私達を迎えている。粛然とそびえるであろう本殿に向かうまでの間、大木…

【ペットの遺骨/墓地】ペットのお墓について考えてみたい ~当事者たちの深刻な問題。悩んでいる方々へ~

撮影&文:樫村 慧 我が家では、一昨年の7月に愛犬を亡くしました。同じ経験をなさった方は、きっと多いことでしょう。皆さんはご自分の愛犬の遺骨を、どうなさっていますか? かけがいのない愛犬を亡くす――愛犬が若いうちは、そんなこと想像も出来ませんよ…

【犬を飼うメリットは色々】腰痛持ちは、犬と暮らしてみたら? ~意外な事実、犬と腰痛~

文:樫村 慧 1年前まで、私は30キロ以上ある大型犬と暮らしていました。朝と夕方には、欠かさず1時間程の散歩。165センチのまあまあ大柄な私でも、愛犬が何かの拍子でリードを引くと、それに体ごと持っていかれ、押さえつけるのは大変でした。私は元々腰痛…

© 2017 Peachy All rights reserved.