犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

かっぱ太郎

【顔面神経麻痺|闘病記】ちぃからの贈り物 ~長く続いた耳の病気(治療編)2/2~【中耳・内耳炎/前庭症状】

わが家のやんちゃ坊主「れん」が、4歳になる少し前のことです。 3月のある朝、突然に元気がなくなってしまいました。 れんは普段は臆病で、郵便受けがカタンと鳴っても大声で吠えたてるのに、その日は物音がしてもまったく吠えません。 「れん、ボールだよ!…

【顔面神経麻痺|闘病記】5年の通院でも改善せず ~長く続いた耳の病気(治療編)1/2~【中耳・内耳炎/前庭症状】

わが家のやんちゃ坊主「れん」が、4歳になる少し前のことです。 3月のある朝、突然に元気がなくなってしまいました。 れんは普段は臆病で、郵便受けがカタンと鳴っても大声で吠えたてるのに、その日は物音がしてもまったく吠えません。 「れん、ボールだよ!…

【まとめ】ちぃの闘病記:心臓腫瘍編・看取りの日 ~虹の橋の向こうへ~

ちぃの闘病記:心臓腫瘍編 (1話~5話)、ちぃを看取る日 Reviewカテゴリー:闘病記、看取りの記録作者:かっぱ太郎 本作はフレンチブルドッグ、ちぃの、心臓腫瘍の闘病記。そして看取りの記録です。 もうすぐ10歳の誕生日、という初夏のある日のことでした…

ちぃを看取る日 ~作者からの手紙~【延命/蘇生、飼い主の選択】

ちぃを看取る日 文|かっぱ太郎 撮影|F.zin はじめに 心臓腫瘍で旅立ったフレンチブルドッグの”ちぃ”ちゃんの闘病記、『ちぃの闘病記|虹の橋の向こうへ』はお読みいただけたでしょうか? 本記事『ちぃを看取る日』は、『ちぃの闘病記』のあとがきに位置す…

【心臓腫瘍/看取り】楽しい事を見つける旅に ~ちぃの闘病記(5/5)~

虹の橋の向こうへちぃの闘病記:心臓腫瘍 5話 文|かっぱ太郎 撮影|F.zin ちぃが泣いているように見えた日。その日の夜に、ちぃは亡くなりました。 ちょうど夜の12時に、家族が見守る中で、ちぃは静かに倒れて、そのまま息を引き取ったのです。 ちぃのがん…

【心臓腫瘍】 ちぃ、泣いているの? ~ちぃの闘病記(4/5)~

虹の橋の向こうへちぃの闘病記:心臓腫瘍 4話(抗がん剤、放射線) 文|かっぱ太郎 撮影|F.zin 扉イラスト|はまのゆり 手術のできないがんを抱えてしまったちぃ。 私はちぃが最期をむかえるまでの間、痛みや苦しみを、少しでも軽くすることはできないもの…

【心臓腫瘍】 闘病が始まりました ~ちぃの闘病記(3/5)~

虹の橋の向こうへちぃの闘病記:心臓腫瘍 3話(腹水の抜水) 文|かっぱ太郎 撮影|F.zin 心臓の腫瘍が発見されて、ちぃの闘病が始まりました。 ちぃの胸とお腹にたまる水の量はとても多く、病院で抜いてもらっても、3日後には呼吸が苦しくなるほどたまりま…

【心臓腫瘍】 その日、知らされた検査結果は…… ~ちぃの闘病記(2/5)~

虹の橋の向こうへちぃの闘病記:心臓腫瘍 2話 文|かっぱ太郎 撮影|F.zin 脾臓にも他の臓器にも病変がないにも関わらず、体液の漏出が止まらないちぃ。そのちぃは、大学病院の動物医療センターに行き、腫瘍科の精密検査を受けました。 予約の時間は午前11時…

【心臓腫瘍|闘病記】 もうすぐ10歳の誕生日を迎える頃でした ~ちぃの闘病記(1/5)~

虹の橋の向こうへちぃの闘病記:心臓腫瘍 1話 文|かっぱ太郎 撮影|F.zin 扉イラスト|はまのゆり もうすぐ10歳の誕生日、という初夏のある日のことでした。我が家の愛犬、ちぃは、ごはんを食べなくなりました。 お腹の具合でも悪いのかと思い、かかりつけ…

【顔面神経麻痺】それは突然始まった ~長く続いた耳の病気(発病編)~【中耳・内耳炎/前庭症状】

わが家のやんちゃ坊主「れん」が、4歳になる少し前のことです。 3月のある朝、突然に元気がなくなってしまいました。 れんは普段は臆病で、郵便受けがカタンと鳴っても大声で吠えたてるのに、その日は物音がしてもまったく吠えません。 「れん、ボールだよ!…

【どうして?】れんは、注射よりもクレートが嫌い! ~混合ワクチンにまつわるお話(その3)~

先生が初めてちぃを診察したときのことです。 「ちぃちゃん、ちぃちゃん。はい、ちょっとお母さんのほうを向いてね」 先生がそんな風に、ちぃに一生懸命話しかけるので、当時犬のことをあまり知らなかった私は心の中で、『ちぃを産んだのは、私じゃないんだ…

【多頭飼いの苦労】うちにはうちの事情があって ~混合ワクチンにまつわるお話(その2)~

夫と娘が釧路に出掛けると、次はいよいよ私が、”ちぃ”と”れん”を予防接種につれていく番です。私は夫のアドバイス通りに、1匹ずう連れていくことにしました。 病院を2匹分予約して、まずはちぃを先に連れて行くことに―― しかし我が家では、それをするのも簡…

【犬が飼い主を育てる】アットホームな父親 ~混合ワクチンにまつわるお話(その1)~

文:かっぱ太郎、撮影:F.zin 我が家は毎年秋になると、2匹の愛犬”ちぃ”と”れん”に、犬用の混合ワクチンを打ってもらいに、車で僅か数分の距離にある動物病院へ行きます。 "わずか数分の距離"――普通なら、近いと思いますよね。ところが我が家の犬たちにとっ…

【ヘルニア】このまま会えなくなっちゃうの? ~ちぃの闘病記:ヘルニア編(後編)~

ちぃの闘病記:ヘルニア編文:かっぱ太郎、撮影:F.zin 更に翌日――かかりつけの病院で、診てもらったちぃ。 ちぃの後ろ脚の麻痺が進んでいるのを確認した先生は、こう言いました。「病院ならば24時間点滴をして、何かあってもすぐに対応ができますし、この…

【ヘルニア】ある夜、突然の悲鳴でした ~ちぃの闘病記:ヘルニア編(前編)~

ある夜、突然の出来事でした。 台所のテーブルの下で寝ていたちぃ(当時5歳)が、突然「ぎゃん」という、これまでに聞いたことのない声を出して、私にすがりついてきたのです。 どうしたのだろうと思って抱き上げると、また変な声を出して、今度は夫にすがり…

【苦手/大嫌い】ちぃとれんの恐怖体験 ~犬だって、嫌いなものは嫌い~

文:かっぱ太郎、撮影:F.zin 人間に苦手なものがあるように、犬にも苦手なものがありますよね。我が家の愛犬、”ちぃ” と ”れん” にもあります。苦手でいるうちならまだ良いのですが、それが大嫌いのレベルになってしまうと、思わぬ問題を巻き起こしたりしま…

【先住犬がいるから】犬には犬の決まりごと ~れん がうちにきてすぐ(後編)~

文:かっぱ太郎、撮影:F.zin ~うちの子がうちに来てすぐ No.5 - 2~ ”うちの子がうちに来てすぐ”とは新米飼い主が犬を迎えてすぐの頃の、悩みや葛藤、未経験だからおきたドタバタを振り返り、自身の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。 ● 『れんちゃんは…

【先住犬がいるから】2匹の出会いは少しずつ ~れん がうちにきてすぐ(前編)~

文:かっぱ太郎、撮影:F.zin ~うちの子がうちに来てすぐ No.5 -1~ ”うちの子がうちに来てすぐ”とは新米飼い主が犬を迎えてすぐの頃の、悩みや葛藤、未経験だからおきたドタバタを振り返り、自身の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。 ● 先住犬のちぃを…

【二匹目の子】手荷物でうちにやってきたんだよ ~れん がうちにくるまで(2/2)~【先住犬との相性は?】

うちの子がうちにくるまで|No.28 - 2 文:かっぱ太郎、撮影:F.zin 今日のお話は 子犬の箱を受けとり電車に乗る作者。しかし事故のために大混雑。優しい老夫婦の助けで、箱を手荷物の棚に乗せて、なんとか満員の車中を過ごします。家へと急ぐ作者。迎える家…

【二匹目の子】ともだちになってくれる? ~れん がうちにくるまで(1/2)~【フレンチブルの多頭飼い】

うちの子がうちにくるまで|No.28 - 1 文:かっぱ太郎、撮影:F.zin 今日のお話は 先住犬の”ちぃ”は、どうもよその子に受けが悪い。ちぃは仲良くしたくても、相手からすると妙に近寄ってくる変な奴。このまま犬の友達はできないの?そんなとき、小さな白い犬…

【はじめての犬】あの頃は驚きの連続だったよ ~ちぃがうちにきてすぐ~

文:かっぱ太郎、撮影:F.zin ~うちの子がうちに来てすぐ No.4~ ”うちの子がうちに来てすぐ”とは新米飼い主が犬を迎えてすぐの頃の、悩みや葛藤、未経験だからおきたドタバタを振り返り、自身の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。 ● 大きな顔をした、小…

【いざとなったら尻込み】あの哲学者がうちにきた ~ちぃがうちにくるまで(2/2)~【家族が背中を押してくれた】

うちの子がうちにくるまで|No.27 - 2 文:かっぱ太郎、撮影:F.zin 今日のお話は 念願叶い、あの哲学者のような犬に対面した作者。しかし、いざその子を家に迎えるとなると、急に不安が頭をもたげます。――本当に面倒を見られるかな?それは命を預かるときに…

【犬が苦手でした】哲学者との出会い、そして再会 ~ちぃがうちにくるまで(1/2)~【頭の大きな犬】

うちの子がうちにくるまで|No.27 - 1 文:かっぱ太郎、撮影:F.zin 今日のお話は 本作の作者は、犬が苦手だったそうです。しかしながら作者は、偶然に、びっくりするほど大きな顔の犬を目撃しました。哲学者のような振る舞いの不思議な犬――作者はその犬にす…

© 2017 Peachy All rights reserved.