犬を飼うということ

いつまでも君と……

闘病記

愛犬の闘病の経過を、時間経過とともに追った記事です。

【非再生性免疫介在性貧血】1月26日 そうか、怠けてるワケではないのか ~はじめの半年(2/16)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2017年に執筆されたものです) はっきり病名を診断されてからは、まだあまり経ってないけど、ブログを追うと10月始めくらいから食欲の減退があった。 実はそれより少し前から、歩き方がおかしいなと感じて…

【非再生性免疫介在性貧血】12月14日 血液検査の数値は右肩上がり ~はじめの半年(1/16)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) 昨日、チョコラッの血液検査に行って来ました。 貧血を表す数値 PCV(血球容積)35%※通常の値は37〜 基準値37.3〜にはまだ及びませんが、前回、前々回と右肩上がり…

【ニキビダニ】痒くはないけど、知らずに進むのも困る ~ダニはイヤイヤ~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日、取り上げるのはニキビダニ。 ダニといえば、想像するのはカイカイですね。ヒゼンダニの寄生で起きる疥癬は、スーパー・カイカイ!でも今日のニキビダニは、そうではないみたい。カイカイも困るけど、気付かない…

【ステロイド】【減薬】ピーチーの減薬経過と、免疫抑制剤 ~知っていれば怖がらなくて良い(3/3)~

撮影&文:高栖匡躬 前回はステロイド剤の減薬については、唯一の答えは無いということを書きました。 答えが無い以上は、飼い主が試行錯誤して、自分なりの答えを見つけていくしかないわけです。しかしそれを、全くゼロの状態から行う必要はありません。少…

車椅子犬からのお願い ~どうか皆さん、気を使ってあげて~

撮影&文:らぶプー 皆さんは、車椅子を使っている犬を見たことはありますか?この記事は、車椅子犬からのお願いです。 わが家のチョコラッは、車椅子犬です。別々の理由で、2度車椅子犬になりました。 1度めは椎間板ヘルニアで歩けなくなった時。――この時に…

【ステロイド】【減薬】実は獣医師だって、そんなに詳しくない ~知っていれば怖がらなくて良い(2/3)~

撮影&文:高栖匡躬 前回は、筆者の愛犬ピーチーを例にとって、ステロイド剤を処方する事になった経緯と、処方によって発現した副作用について書きました。 今回からは、本題である減薬について触れて行きます。ステロイド剤は効き目は明らかなのですが、処…

【肛門腺の炎症】肛門腺絞りは定期的にやってあげてください ~溜まりにくい子もいます~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日は肛門腺の炎症のお話。肛門腺に溜まる分泌物を、定期的に絞り出してあげないと、炎症になることもあるんですよ。え? ハナちゃんはやってもらってるのかって?失礼ね、そんなこと、女の子に聞くもんじゃないわ!…

【ステロイド】【減薬】ありふれた薬なのに、情報が極端に少ない ~知っていれば怖がらなくて良い(1/3)~

撮影&文:高栖匡躬 今日から3回に渡って、ステロイド剤とその減薬について書こうと思います。筆者の愛犬ピーチーの、経験に基づいたものです。 ステロイドとその減薬は、探しても資料がなかなか見当たりませんね。以前に筆者が書いたブログ記事は、今も読ん…

【非再生性免疫介在性貧血】11月24日 随分と時間が掛かるものです ~最終検査結果まで(6/6)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) 検査結果が出揃い、病名「非再生性免疫介在性貧血」が確定するまでに、実に1ヶ月近くかかりました。 その間、お薬を処方されてたとはいえ、チョコラッの貧血値は低いところで…

【非再生性免疫介在性貧血】11月22日 症状が出なかった理由は…… ~最終検査結果まで(5/6)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) 先日、チョコラッの最終検査結果が出たと書きましたが、今日新たに医師から追加内容を告げられました。 チョコラッの病気、免疫介在性貧血には2種類(再生性と非再生性)に分…

【エリザベスカラー】【避妊手術】すでに体の一部? エリザベスカラーが外れる日 ~コポーの避妊手術(5/5)~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 最初はすごく嫌だったのに、最近はすっかりなじんだエリザベスカラー。でも、そのカラーが、とうとう外れる日が来ました。 さて、コポーはどんな反応をするのかな? 撮影&文:ハナちゃんママ エリザベスカラー生活に…

【非再生性免疫介在性貧血】11月20日 最終検査結果が出ました ~最終検査結果まで(4/6)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) 最近、チョコラッの病気記事ばかりになってしまって、ゴメンなさい。(>人<;)毎日、頭の中がチョコラッのことでいっぱいで。 チョコラッの圧迫排尿をしたら尿が真っ赤!(免疫…

【エリザベスカラー】【避妊手術】首の周りが、どんどん大きくなるよ ~コポーの避妊手術(4/5)~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 エリザベスカラーは、付けた時には違和感なんだけれど、そのうちに何とかなっちゃうの。慣れってすごいんだなあ―と、何度もエリザベスカラーを付けたわたしが言うんだから、本当です。 人間もエリザベスカラーを使った…

【非再生性免疫介在性貧血】11月16日 今はとても元気です ~最終検査結果まで(3/6)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) 昨日はチョコラッの病院。 貧血を表す数値 PCV(血球容積)が21%※通常の値は37〜 前回は19%だったから、少し上がったけど、今までの推移から見ると上がったと言うより…

【エリザベスカラー】【避妊手術】元気なのはいいけど、傷口を舐めちゃダメ ~コポーの避妊手術(3/5)~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 コポーはエリザベスカラーが嫌いみたいだけど、慣れてきたのかな?体を無理やり折り曲げて、傷口を舐めようとします。そんなに曲げたら、グキッっていっちゃうんじゃないかな? 心配。「えっ?」それってハナちゃんが…

【非再生性免疫介在性貧血】11月13日 血液内科専門獣医は何処に?? ~最終検査結果まで(2/6)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) チョコラッはPCV(血球容積)22%辺りを行ったり来たりだったのですが、8日に受けた血液検査では19%。ついに20%を切りました。 PCV(血球容積)が19%※通常の値は…

【エリザベスカラー】【避妊手術】1日経ったらすっかり元気 ~コポーの避妊手術(2/5)~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 妹のコポーは、昨日とはうってかわって、すっかり元気です。でも、ママは元気すぎるのも困るみたい。傷口が心配なんだって。 撮影&文:ハナちゃんママ (この記事は2017年1月に執筆されたものです) 昨夜は、ぐったり…

【非再生性免疫介在性貧血】11月5日 チョコラッの新しいお薬 ~最終検査結果まで(1/6)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) 昨日は秋晴れ!朝陽が眩しい中、お写真を撮ってみました(扉の写真)。 一昨日から、チョコラッ、疑わしい免疫介在性溶血性貧血のお薬飲み始めたんだけど、ヘルニア(脱腸)の…

【エリザベスカラー】【避妊手術】生後半年を過ぎて、そろそろその時期に ~コポーの避妊手術(1/5)~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 これから5回続けて、わたしの妹コポーの避妊手術について、取り上げます。 うちはママが獣医さんっていう、ちょっと普通と違う環境。だから、わたしもコポーもきっと、他のワンちゃん猫ちゃんとは、違う経験をしている…

【会陰ヘルニア】【前立腺肥大】高齢の雄犬は要注意です ~前立腺肥大から会陰ヘルニアに発展しますよ~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日は会陰ヘルニアのお話。前立腺肥大からこの病気に進行してしまいます。前立腺は男の子だけにあるもの。ハナは女の子だから、この病気にはなりません。 撮影&文:ハナちゃんママ うんちが出にくい・便が細い・オシ…

【看取り】それは一瞬ではなく、連続した時間 ~視点を変えて見えるもの(4/4)~

文:高栖匡躬 筆者の愛犬、ピーチーの去り方は劇的であり、今わの際のピーチーの行動には、我が子のことながらも感動を覚えました。→ピーチーとの別れはこちらにあります。 あれから2年が過ぎましたが、筆者は今でもとてもピーチーにとても感謝しています。 …

【看取り】生き様と、死に様について ~視点を変えて見えるもの(3/4)~

文:高栖匡躬 ここまでの記事では、愛犬の闘病時の選択は、全てが飼い主に委ねられ、飼い主は自分の生き様に照らして、その選択をしていくのだと書きました。 生き様と言うと、随分と大げさに聞こえたかもしれませね。しかし、その選択が愛犬の命を左右する…

【看取り】命を預かる本望 ~視点を変えて見えるもの(2/4)~

文:高栖匡躬 前話では、愛犬の命に関わる選択が、飼い主に委ねられることを書きました。自分のことを言うならば、犬を飼う時には、そんな選択が自分の肩にのしかかってくることなど、思いもしませんでした。 まさかオトボケで、食いしん坊の子犬が、14年後…

【看取り】飼い主に委ねられる選択 ~視点を変えて見えるもの(1/4)~

文:高栖匡躬 飼い主にとって愛犬の闘病は、選択の連続です。そしてその選択は、愛犬の最後の瞬間まで、ずっと続いていきます。 最後の延命治療をするのかどうか?目の前で苦しむ愛犬に、安楽死の道を選ぶのかどうか?呼吸が止まってしまってから、蘇生措置…

【安楽死】飼い主それぞれが考えたこと ~難しいからこそ考えてみたい(2/2)~

文:高栖匡躬 前回は記事を読まれた方が、自分なりに安楽死を考える時のガイドになるように、筆者の考えをまとめて見ました。 今回の記事は、以前に安楽死をテーマにした記事を書いた際に、読者の方々からいただいたコメントをまとめてみました。また、昨日…

【安楽死】皆さんはどう思いますか? ~難しいからこそ考えてみたい(1/2)~

文:高栖匡躬 安楽死について、皆さんはどう思いますか?或いは、安楽死について考えたことがありますか? とても繊細な話であり、賛否両論あるテーマですね。敬遠されがちな話なので、なかなか正面から扱う記事も少ないように思います。だから、敢えて……今…

【非再生性免疫介在性貧血】11月2日 チョコラッ、免疫介在性溶血性貧血? ~病名が分かるまで(3/3)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) 今日、チョコラッ、3回目の血液検査に行きました。 免疫介在性溶血性貧血かの検査で抗核抗体に、陽性が出てしまいました。つまりが、免疫介在性溶血性貧血ですってことなんだ…

【犬版】病気別闘病記リスト ~2018年6月10日現在~

闘病記について 皆さんは、愛犬家の闘病記について、どのようなイメージをお持ちでしょうか?きっと愛犬が健康なうちは、あまり気にも留めないものだと思います。我が家でもそうでした。 愛犬が病気になり、しかもそれが深刻なものと分かると、飼い主は必死…

【非再生性免疫介在性貧血】10月28日 チョコラッの採血2度目 ~病名が分かるまで(2/3)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) 昨日、チョコラッの採血に行ってきました。貧血の数値は、2日前とほぼ同じでした。 赤血球が急激に減少していなくて良かった。まだ外注している血液検査の結果が出揃っていな…

【非再生性免疫介在性貧血】 10月26日 チョコラッ鼠径ヘルニア? ~病名が分かるまで(1/3)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2016年に執筆されたものです) ――はじめに―― わが家の愛犬、チョコラッは、現在『非再生性免疫介在性貧血』という病気と闘っています。病気の確定診断は2016年11月2日に行なわれましたが、その予兆は10月26日…