犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【犬版】みんなの闘病記

みんなの闘病記_犬

愛犬が病気と分かり闘病していく過程を、飼い主たちは何故残そうとするのだろうか? 
きっとそれは、大切な愛犬と過ごした時間の証とするためだろう。そして多分、いつかどこかで愛犬と闘うことになる、会ったこともない飼い主達のためだ。何故そんなことをするのか?
それは自分たちも励まされたからだ。自分の少し前を歩いてくれた、やはり会ったこともない飼い主が残してくれた闘病記に。
飼い主たちは時間を越えて、繋がっているのだと思う。
■これまでに扱った主な闘病記は
【劇症肝炎】【肺がん】【腎不全】【心臓腫瘍】【癲癇】【自己免疫不全】【免疫介在性溶血性貧血】【非再生性免疫介在性貧血】など多数です。

【肛門周囲腺癌】りゅうを送る日 ~りゅうと家族のお話(4/4)~

りゅうと家族のお話(4/4)肛門周囲腺癌闘病記 撮影&文|くみ このお話は 17年家にいたりゅうは、家族に見守られながら旅立っていきました。泣きたいのに、不思議と涙は出てきません。りゅうの頭を撫でながら、1つ1つ、りゅうとの思い出を辿りました。 い…

【肛門周囲腺癌】命の期限と別れ ~りゅうと家族のお話(3/4)~

りゅうと家族のお話(3/4)肛門周囲腺癌闘病記 撮影&文|くみ このお話は 激しい痛みに耐えるりゅう。その姿を見て、りゅうの安楽死を決めた家族。病院に電話をした時、りゅうの命の期限が決まりました。――本当にこれでいいのか?悩みながらも、残された時…

【肛門周囲腺癌】介護の日々とある決断 ~りゅうと家族のお話(2/4)~

りゅうと家族のお話(2/4)肛門周囲腺癌闘病記 撮影&文|くみ このお話は りゅうの『肛門周囲腺癌』は次第に悪くなっていきました。体調を考えて、食事は消化の良いものばかりになり、次第にそれが流動食に変わり――やがてその流動食さえも自力では摂らない…

【肛門周囲腺癌】発症から病名確定、進行 ~りゅうと家族のお話(1/4)~

りゅうと家族のお話(1/4)肛門周囲腺癌闘病記 撮影&文|くみ このお話は 17年前に家にやって来た子犬。それは息子が涙ながらに『どうしても飼いたい』と訴えた末、迎えた子でした。りゅうと名付けたその子犬は成長し、やがて病気になった家族に寄り添うよ…

【乳腺腫】エリちゃん、ほんまにありがとう【闘病と看取り】

エリーの闘病記:乳腺腫 撮影&文|あかにゃー!!! この作品は ある日学校から帰宅したら、家にゴールデンレトリバーの子犬がいました。親戚のおっちゃんがアポなしでやってきて、「はい、あげる」と置いていった子犬です。金色の綿毛のような子犬はエリーと…

【癲癇|てんかん】8月2日 最近の治療方針について ~発作は嫌いよ(31/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (爆睡中のピーチー) 当時を振り返り ピーチーの癲癇は、イーケプラによって発作がかなり抑えられていました。しかし正確に8時間置き(2時間の誤差は許容)にイーケプラを与え続けることは難しく…

【癲癇|てんかん】7月26日 今日はイマイチ、こんな日もあるさ ~発作は嫌いよ(30/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (DVMsにて) 当時を振り返り 前日には体調が良かったのですが、この日はまた大発作が起きました。これまでは発作の前には可愛いという法則がありましたが、これも似たようなパターンなのかもしれ…

【癲癇|てんかん】7月24日 今日は調子が良いね ~発作は嫌いよ(29/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (爆睡中のピーチー) 当時を振り返り ピーチーの体調は浮き沈みしながら、全体的にはじりじりと悪くなっていく方向でした。老犬にまっしぐらという感じです。この当時はその状態に慣れていたので…

【癲癇|てんかん】7月23日 体が傾いてるぞ ~発作は嫌いよ(28/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (爆睡中のピーチー) 当時を振り返り ピーチーは散歩が大好きな子でした。癲癇になる前は、毎朝5㎞を走っていた(飼い主は付き合えないので自転車)のですが、それでも全然物足りないという感じ…

【癲癇|てんかん】7月21日(夜) よかった寝てたか ~発作は嫌いよ(27/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (いつもの散歩道にて) 当時を振り返り ピーチーの場合、抗てんかん薬としてイーケプラが有効だったようです。 しかし当時はまだ新薬であったために、高価で入手性も良くはありませんでした。常…

【癲癇|てんかん】7月21日 可愛い仕草は嵐の前触れ ~発作は嫌いよ(26/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (DVMsの前にて) 当時を振り返り ピーチーは発作の前になると、不思議と調子が良くなるように見えました。妙に甘えて、まるで猫のように体を摺り寄せてくるのです。しかし今思えば、あれが本当に…

【癲癇|てんかん】7月20日 大開脚はどうしてなの? ~発作は嫌いよ(25/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (写真は元気な頃のピーチー) 当時を振り返り 闘病をしていると、病気そのもの以外でも困ったことが起きがちです。 ピーチーの場合は、ご飯の時に後ろ足を大開脚してしまうのがそうでした。最初…

【癲癇|てんかん】7月19日 ちょっと変だったけど、まあまあ ~発作は嫌いよ(24/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (写真は元気な頃のピーチー) 当時を振り返り 闘病記を書くようになると、ある時から何も起きない日がとても愛おしく思えてきます。”何も起きない”という当たり前だったことが、当たり前ではなく…

【癲癇|てんかん】7月16日 嵐の予感? それとも? ~発作は嫌いよ(23/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (写真は元気な頃のピーチー) 当時を振り返り ピーチーの癲癇と付き合っているうちに、気づいたことがありました。発作の前には妙にピーチーが調子が良いのです。 「なぜだろうなあ?」理由は定…

【癲癇|てんかん】7月13日 イーケプラ3クール目 ~発作は嫌いよ(22/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (写真は元気なころのピーチー) 当時を振り返り イーケプラの服用が3クール目に入りました。 最初の1クールは試験的には服用と頓服でしたら、薬が切れてしばらくして大発作がでたので、その後は…

【癲癇|てんかん】発明、ソフトキャリーバッグ(後編) ~発作は嫌いよ(21/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (写真は本記事のテーマ、ソフトキャリーバッグ) 当時を振り返り ピーチーを病院に連れて行くために思いついた『ソフト・キャリーバッグ』。 早速次にタクシーを呼んだときに試してみました。結…

【癲癇|てんかん】発明、ソフトキャリーバッグ(前編) ~発作は嫌いよ(20/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (写真は本記事のテーマ、ソフトキャリーバッグ) 当時を振り返り 我が家には車が無くて、二次診療の病院(DVMs)への通院にはタクシーを使っていました。しかしタクシーには少々問題がありまし…

【癲癇|てんかん】7月9日 脳神経科の専門医と面談 ~発作は嫌いよ(19/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (写真は元気な頃のピーチー) 当時を振り返り 『かかりつけ医の治療によって病気の改善が見られない場合は、専門科(二次診療)を受診して、専門医の意見を仰ぐ』人間の医療ならば当たり前のこと…

【癲癇|てんかん】7月9日 お風呂は嫌いだけどお風呂場は好き ~発作は嫌いよ(18/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (写真は若いころのピーチー) 当時を振り返り 癲癇をかかえているものの、ピーチーは時々発作が起きること以外では、ひとまずは元気でした。 予兆のような異常行動はあったのですが、ブルテリア…

【癲癇|てんかん】7月8日 ずっと寝ているね ~発作は嫌いよ(17/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (鏡に映る自分の姿に見入っているピーチー) 当時を振り返り 愛犬が病気になると、当たり前の日々が遠ざかっていきますね。 子犬の頃に覚えて、上手くいくのが当然になっていたトイレが、急に出…

【癲癇|てんかん】7月7日 病院から帰ってきました ~発作は嫌いよ(16/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (扉の写真は発病前のピーチー) 当時を振り返り 発作がしばらくこなくて、なんとなく出口が見えてきたと思った矢先の5度目の発作。当日は1日病院に預かってもらい、翌日に迎えに行きました。 や…

【癲癇|てんかん】7月6日(夜) 油断していたわけではないけれど ~発作は嫌いよ(15/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (扉の写真は発病前のピーチー) 当時を振り返り 抗てんかん薬イーケプラがのおかげで、大発作がしばらくこなかったピーチー。 しかしこの日の夜に、5度目の大発作が起きてしまいました。 癲癇と…

【癲癇|てんかん】7月6日 イーケプラの経過は ~発作は嫌いよ(14/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (扉の写真は発病前のピーチー) 当時を振り返り ピーチーの場合、抗てんかん薬としてイーケプラが有効だったようです。 しかし当時はまだ新薬であったために、高価で入手性も良くはありませんで…

【癲癇|てんかん】7月1日 新薬だったイーケプラ ~発作は嫌いよ(13/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (扉の写真は発病前のピーチー) 当時を振り返り ピーチーの癲癇は、なかなか効果的な薬が見つかりませんでした。 やがてイーケプラという新薬(人間用)にたどり着いて小康状態を得るのですが、…

【癲癇|てんかん】6月28日 MRI検査の結果は(後編) ~発作は嫌いよ(12/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (扉の写真は発病前のピーチー) 当時を振り返り MRI検査の結果をまとめました。 ピーチーの病状はあらゆるものが1つの結果を指していました。脳腫瘍です。しかし、検査の結果はそうではありませ…

【癲癇|てんかん】6月27日 MRI検査の結果は(前編) ~発作は嫌いよ(11/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (扉の写真は発病した頃のピーチー) 当時を振り返り とうとうMRI検査の当日です。 当時はMRIの機材を持っている動物病院は、日本国内で幾つもありませんでした。なので検査を受けるというだけで…

【癲癇|てんかん】6月26日 明日はMRI検査 ~発作は嫌いよ(10/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (扉の写真は発病した頃のピーチー) 当時を振り返り 結局ピーチーはMRIの検査を受けることにしました。これはその検査の前日に書いた記事です。 ピーチーの癲癇はあまりにも急に悪くなっていたの…

【癲癇|てんかん】愛犬が発作を起こした時のTips ~発作は嫌いよ(9/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (扉の写真は若いい頃のピーチー) 当時を振り返り 本話では愛犬が癲癇発作を起こした場合に、飼い主がとった方が良いと思われる行動をTipsとしてまとめました。 癲癇の発作で救急病院に駆け込む…

【癲癇|てんかん】不思議と悲壮感は無い4度目(6月1日) ~発作は嫌いよ(8/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (扉の写真は若い頃のピーチー) 当時を振り返り 本話は4度目の発作の時のお話です。 4度目となると「また来たか」という思いです。しかし、ピーチーの場合はその発作の間隔が段々と短くなってき…

【癲癇|てんかん】だんだん慣れてきた3度目(6月1日) ~発作は嫌いよ(7/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇(てんかん)編 撮影&文|高栖 匡躬 (扉の写真は小さい頃のピーチー) 当時を振り返り 本話では、3度目の発作についてまとめています。 癲癇の大発作は症状が激しいために、何度それを見ても平静ではいられず、飼い主の心はざわつき…

© 2017 Peachy All rights reserved.