犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

私たちは、どうしてここまで犬という存在に心惹かれるのだろう。純粋で健気で前だけを見つめる瞳。飼い主の笑顔が見たくて、飼い主の横に居たくて、ひたむきに生きる。ここまで愛しいと思える存在がいるのは幸せなこと。それだけは間違いない‬

【心臓腫瘍】 闘病が始まりました ~ちぃの闘病記(3/5)~

虹の橋の向こうへちぃの闘病記:心臓腫瘍 3話(腹水の抜水) 文|かっぱ太郎 撮影|F.zin 心臓の腫瘍が発見されて、ちぃの闘病が始まりました。 ちぃの胸とお腹にたまる水の量はとても多く、病院で抜いてもらっても、3日後には呼吸が苦しくなるほどたまりま…

卒業、エリートではなくオトボケな子に一直線 ~警察犬の学校に行くということ(4/4)~【犬の躾とトレーニング 】

チッチ先生がしつけを強くしてくれた理由 撮影&文|高栖匡躬 『警察犬の学校に行くということ』の最後に、家に帰ってきたからのピーチーの様子を書いておこうと思います。 ピーチーが学校からうちに帰る日の事。別れ際にチッチ先生は「しばらくは、優しくし…

【犬の鼻】ひどくなったら大変なことに ~カイカイだけだと侮ったら大間違い~ 【免疫疾患】

皮膚病の中には、免疫が関係するものがあります。 鼻の頭や目のまわり、耳、唇の周囲、肉球のあたりや肛門などの皮膚がガサガサして、痂疲(かひ:かさぶたのこと)ができたり、剝けて赤くなったり、脱毛も起きたりします。

【まとめ】ハナちゃんの動物病院 [犬版]④ ~腫瘤、リンパ腫など~

【犬版】ハナちゃんの動物病院 (25話~32話) Reviewカテゴリー:診察記、闘病記作者:ハナちゃんママ ハナちゃんの動物病院は、日光に実在する日光動物病院の、診察記を連載したシリーズ記事です。 院長先生のハナちゃんママと、看板犬のハナちゃん、ハナ…

【まとめ】ハナちゃんの動物病院 [犬版]③ ~ニキビダニ寄生、腫瘍/腫瘤など~

【犬版】ハナちゃんの動物病院 (17話~24話) Reviewカテゴリー:診察記、闘病記作者:ハナちゃんママ ハナちゃんの動物病院は、日光に実在する日光動物病院の、診察記を連載したシリーズ記事です。 院長先生のハナちゃんママと、看板犬のハナちゃん、ハナ…

【まとめ】ハナちゃんの動物病院 [犬版]② ~マダニ寄生、避妊手術など~

【犬版】ハナちゃんの動物病院 (9話~16話) Reviewカテゴリー:診察記、闘病記作者:ハナちゃんママ ハナちゃんの動物病院は、日光に実在する日光動物病院の、診察記を連載したシリーズ記事です。 院長先生のハナちゃんママと、看板犬のハナちゃん、ハナち…

【まとめ】ハナちゃんの動物病院 [犬版]① ~尿石症、口腔内腫瘍など~

【犬版】ハナちゃんの動物病院 (1話~8話) Reviewカテゴリー:診察記、闘病記作者:ハナちゃんママ ――ハナちゃんからのご挨拶―― 『ハナちゃんの動物病院』犬版のはじまりです。ハナのママは、動物病院の先生なんだよ。すごいでしょ。だから私は、ママの病…

【心臓腫瘍】 その日、知らされた検査結果は…… ~ちぃの闘病記(2/5)~

虹の橋の向こうへちぃの闘病記:心臓腫瘍 2話 文|かっぱ太郎 撮影|F.zin 脾臓にも他の臓器にも病変がないにも関わらず、体液の漏出が止まらないちぃ。そのちぃは、大学病院の動物医療センターに行き、腫瘍科の精密検査を受けました。 予約の時間は午前11時…

カエル足は突然に ~警察犬の学校に行くということ(3/4)~【犬の躾とトレーニング 】

プロの訓練士にピーチーを預けた理由は 撮影&文|高栖匡躬 ピーチーの2度目の面会に行ったのは、1度目の面会の更に一か月後のことでした。そこでは印象深かった出来事があります。 この面会では、ピーチーが学校を卒業して帰宅する準備として、散歩の練習…

【心臓腫瘍】 もうすぐ10歳の誕生日を迎える頃でした ~ちぃの闘病記(1/5)~

虹の橋の向こうへちぃの闘病記:心臓腫瘍 1話 文|かっぱ太郎 撮影|F.zin 扉イラスト|はまのゆり もうすぐ10歳の誕生日、という初夏のある日のことでした。我が家の愛犬、ちぃは、ごはんを食べなくなりました。 お腹の具合でも悪いのかと思い、かかりつけ…

【まとめ】うちの子がうちにくるまで ① ~覚えていますか? あの日のことを~

【犬版】うちの子がうちにくるまで (No1~7) Reviewカテゴリー:エッセイ作者:オムニバス 犬や猫を飼うとき、必ず思う事がありますね。「うちで飼えるかな?」 「きちんと世話が出来るかな?」 「最期まで面倒をみてあげられるかな?」 「別れは寂しいだ…

自信をなくしたピーチーは…… ~警察犬の学校に行くということ(2/4)~【犬の躾とトレーニング 】

訓練士には訓練士なりの流儀がある 撮影&文|高栖匡躬 ピーチーを学校にやってから、1か月が経ちました。学校では1か月に1回だけ、愛犬への面会が許されています。つまり――、遂に待ちに待った、面会の日がやって来たのです。 筆者と奥さんはソワソワと、指…

いつも悩みながら、絞り出す言葉 ~闘病中の飼い主さんにかける言葉~ 

看護/介護を経験して、初めてわかる気持ち 撮影&文|樫村 慧 今私は、Withdog『犬を飼うということ』に携わっており、老犬さんの魅力を伝える【老犬アルバム】を担当している。その為、ツイッターでは老犬さんと暮らす飼い主さんのツイートを見る機会が多…

私、凶暴な犬ですか? ~警察犬の学校に行くということ(1/4)~【犬の躾とトレーニング 】

プロの訓練士にピーチーを預けた理由とは? 撮影&文|高栖匡躬 今を去ること18年前、筆者の愛犬ピーチーは警察犬の学校に入りました。入るというのは、まさしく読んで字のごとく、通いではなくて、その学校に寄宿舎のように一定期間入ってトレーニングを受…

老犬アルバムVol.2:樫村慧コメンタリー Complete ~これからもっと、愛おしくなるんだよ!~

老犬アルバム Vol.2 樫村慧コメンタリー 老犬アルバムは 頑張る老犬を応援する、アルバムページです。大好きな愛犬の写真に、飼い主からの一言を添えたメッセージカード形式。 Vol.1は全49匹、49枚のカードで構成しています。[表紙]扉絵は、みらいさん(飼い…

老犬アルバムVol.1:樫村慧コメンタリー Complete ~これからが可愛さの本番なんだよ!~

老犬アルバム Vol.1 樫村慧コメンタリー 老犬アルバムは 頑張る老犬を応援する、アルバムページです。大好きな愛犬の写真に、飼い主からの一言を添えたメッセージカード形式。 Vol.1は全51匹、50枚のカードで構成しています。[表紙]扉絵は、まろんさん(飼い…

【まとめ】みんな幸せだったかい? ① ~飼い主だったら誰でも思うこと~

うちの子は、うちに来て幸せだったのかな?もしも、うちでなかったら? Reviewカテゴリー:エッセイ作者:オムニバス 犬や猫を飼い始めたとき、その子との別れは想像などできませんね。しかし犬も猫も人間よりもずっと早く年を取ります。 昨日まで上がれたソ…

龍馬はうちにきて幸せ? ~辛い時代を一緒に乗り越えてきた同志~

最愛の親友であり、息子、家族 撮影&文|Rikka 今回は私の最愛の親友であり、息子、家族でもある龍馬(14歳)を迎えたときからのお話しをしようと思います。 私は今、少々悔やんでいることがあります。もしかすると私は、龍馬にとって良い飼い主ではなかっ…

【まとめ】チョコラッの闘病記 ⑬ ~医学書には無い手段を使って~

非再生性免疫介在性貧血:1年は過ぎたけれど(4/4)60話~65話 Reviewカテゴリー:闘病記作者:らぶプー 『非再生性免疫介在性貧血』を発症した、チョコラッの闘病記です。本シリーズは、病気発症の1年後から始まり、それからの半年を記した全25話。本記事は…

【まとめ】チョコラッの闘病記 ⑫ ~骨髄癆(こつずいろう)の心配~

非再生性免疫介在性貧血:1年は過ぎたけれど(3/4)60話~65話 Reviewカテゴリー:闘病記作者:らぶプー 『非再生性免疫介在性貧血』を発症した、チョコラッの闘病記です。本シリーズは、病気発症の1年後から始まり、それからの半年を記した全25話。本記事は…

【まとめ】チョコラッの闘病記 ⑪ ~貧血に体が慣れることってあるの?~

非再生性免疫介在性貧血:1年は過ぎたけれど(2/4)54話~59話 Reviewカテゴリー:闘病記作者:らぶプー 『非再生性免疫介在性貧血』を発症した、チョコラッの闘病記です。本シリーズは、病気発症の1年後から始まり、それからの半年を記した全25話。本記事は…

【まとめ】チョコラッの闘病記 ⑩ ~貧血の状態は一進一退~

非再生性免疫介在性貧血:1年は過ぎたけれど(1/4)48話~53話 Reviewカテゴリー:闘病記作者:らぶプー 『非再生性免疫介在性貧血』を発症した、チョコラッの闘病記です。本シリーズは、病気発症の1年後から始まり、それからの半年を記した全25話。本記事は…

【犬版|病気別闘病記リスト】飼い主の体験談/ケーススタディ ~2019年3月27日現在~

Withdogの闘病記について 皆さんは闘病記についてついて、どのようなイメージをお持ちでしょうか?きっと愛犬が健康なうちは、あまり気にも留めないものだと思います。我が家でもそうでした。 愛犬が病気になり、しかもそれが深刻なものと分かると、飼い主は…

【非再生性免疫介在性貧血】4月20日 アトピカ断薬、そんなの医学書に書いてないけど ~1年は過ぎたけれど(25/25)~

チョコラッの闘病記 非再生性免疫介在性貧血撮影&文:らぶプー(本記事は2018年に執筆されたものです) 1カ月ぶりのチョコラッ血液検査。チョコラッは見た感じ体調良さそうだったから、心配はしていなかったけど、血液取ってから、検査結果が出るまで随分と…

【非再生性免疫介在性貧血】3月27日 多頭飼いだからバランスがね ~1年は過ぎたけれど(24/25)~

チョコラッの闘病記 非再生性免疫介在性貧血撮影&文:らぶプー(本記事は2018年に執筆されたものです) 最近は、チョコラッはとにかく寝てたいらしい。だから、リハビリもあまり出来ずです。病気だから、そっとしてますが―― 一方、ティアラにとってはお姉ち…

【非再生性免疫介在性貧血】3月25日 免疫抑制はしっかり効いてる ~1年は過ぎたけれど(23/25)~

チョコラッの闘病記 非再生性免疫介在性貧血撮影&文:らぶプー(本記事は2018年に執筆されたものです) 書くの遅くなりましたが、3日前にチョコラッの血液検査に行きました。 ジリジリ下がり続けてた貧血が若干ながらも改善!(*゚▽゚*)医師は「若干だから上が…

犬の概念を覆す、犬 ~ジェッツのお話~ 【ジャック・ラッセル・テリア】

ジャックラッセルテリアは、飼いにくい犬の代表選手。 飼いたいと誰かに言えば、ほぼ反対されるのではないでしょうか?。 しかしこの犬、チャーミングで、好きな人にはたまらない魅力がある。 飼いにくい、飼いにくい…… 大変だ、大変だ…… でも、乗り越えた時…

失敗のケーススタディでもある闘病記 ~闘病記の意義(2/2)~【闘病記を使いこなす】

それは生の医療情報でもある~シリーズ:闘病記の意義(2/2)~ 撮影&文|高栖匡躬 本記事では、闘病記のスタイルについて触れましょう。 前記事にも書きましたが、我々にとって闘病記は貴重な情報源です。恐らく、大多数の飼い主にとって闘病記は、医学書…

なぜ飼い主たちは闘病記を読むのか ~闘病記の意義(1/2)~【それは闘病の道しるべ】

医学資料や論文よりも現実的な選択肢~シリーズ:闘病記の意義(1/2)~ 撮影&文|高栖匡躬 皆さんは愛犬家たちが書いた闘病記に、どのようなイメージをお持ちでしょうか?きっと愛犬が健康なうちは縁遠くて、あまり気に留めないものだと思います。我が家で…

【非再生性免疫介在性貧血】3月18日 心配な、ステロイドの副作用 ~1年は過ぎたけれど(22/25)~

チョコラッの闘病記 非再生性免疫介在性貧血撮影&文:らぶプー(本記事は2018年に執筆されたものです) 最近のチョコラッは・・ちょっと怠いのかな?相変わらず必要最低限しか動かないけど、メチャ吠えるし、食欲ある。 でも夜中とか呻いてる?ことあり、私…