犬を飼うということ

いつまでも君と……

本サイトの記事は全て犬に関するもの。あえて犬に分類したい記事が、ここにあります。

【獣医師選び】【セカンドオピニオン】病院選びの大切さ 〜安心して愛犬の命を預けるために〜

文:Rikka 皆さんには、かかりつけの動物病院はありますか?そこには信頼できる先生や、スタッフがいますか? かかりつけの病院はあっても、そこの先生やスタッフが信頼できると答えられる方は、意外に少ないのではないでしょうか? ほとんどの飼い主さんは、…

【非再生性免疫介在性貧血】12月29日 今年もお世話になりました ~1年は過ぎたけれど(12/25)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2017年に執筆されたものです) 少し前のクリスマスのお話です。我が家は最近、クリスマスを23日にお祝いするので、朝から車で1時間かけてケーキ取りに行きました。それから家族皆んなで仮装して、ペットコン…

【癲癇】7月25日 午前3時半 3度目、覚悟せねば ~突然の発作に驚いた(3/6)~

ろくすけの闘病記:癲癇(てんかん)撮影&文:きづ あすか ――2015年7月25日 午前3時半―― 3回目の発作。 2か月周期なのか?そうならそうと決めてほしい・・心の準備ができるから。 痙攣時間は4分ほど、と少し長く感じた。今回失禁はなかったが、痙攣後ひとし…

【名医とヤブ医者】獣医師/動物病院を選ぶ前に読む話 ~理由が分かれば対策もできる~

皆さんは愛犬、愛猫が病気に罹ったときには、どうしていますか? きっと、動物病院に行きますよね? そして動物病院に行ったら、当然のように獣医師に頼ることになります。 ――しかし! その獣医師の診立ては、いつも正しいとは限りません。何故だか分かりま…

【非再生性免疫介在性貧血】12月22日 チョコラッ、カビ判明 ~1年は過ぎたけれど(11/25)~

昨日、チョコラッの診察に行きました。 皮膚の培養結果と血液検査。 ショックなことに培養の結果、フケ&ハゲはカビでした。( i _ i ) 前回、「これはまずカビじゃないですね」って先生言ったじゃーん!! ● カビの素?は通常、空間に浮遊していて、元気…

【癲癇】5月18日 午前2時すぎ 再発してしまった(投薬開始:ゾニサミド) ~突然の発作に驚いた(2/6)~

ろくすけ、とうとう二回目の発作(涙) 症状と経過は初回とほぼ同じ。 一度発症するとその後の発作も同じ症状になることが多いらしい。 発作時間もほぼ同じ。 ● 痙攣は3分ほどだった。今回はちゃんと時計を見る余裕がもてた。 その後は前回と同じように、「ワ…

【歯周疾患】歯磨きはとても大事なんです ~犬にもあるんですよ。歯周病は~

最近、ワンちゃんや猫ちゃんの歯が気になっています。 診察の時には必ず、みんなの口の中をみます 歯肉や舌の血色の状態、歯石の付着程度、歯肉炎、口内炎の有無を確認します。 歯は健康を維持する上で、やっぱり重要だとつくづく感じます。 1才の小型犬の…

【非再生性免疫介在性貧血】12月17日 チョコラッ急遽病院 ~1年は過ぎたけれど(10/25)~

昨日急遽、チョコラッ、病院に行きました。 2日前にカビかも?と言われたハゲ&フケが一気に広がり・・・やっぱりカビなの??と焦りまくり。(・_・; 肌の乾燥&ターンオーバーがうまくいってないとの診察結果でした。 先日のカビ培養結果が出ていないので確定…

【癲癇】3月15日 午前3時 衝撃の初発作 ~突然の発作に驚いた(1/6)~

この日、ろくすけは初発作を起こし、深夜に痙攣が始まった。 すぐにてんかんだと判断し、時間をカウントする。 3、4分して痙攣が止まったと思ったら 吠えたことがないろくすけが 吠えた。 「ワオーン ワオーン ワオーン」 1分以上は連続して吠え続けた。 ろ…

【非再生性免疫介在性貧血】12月15日 チョコラッ血液検査、横這い ~1年は過ぎたけれど(9/25)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2017年に執筆されたものです) 昨日、チョコラッの採血に行って来ました。 結果は横這い。 RBC2.90→3.26PCV21→23.4Hb7.4→7.9 なので、私は「上がってる!(良くなってる)」と言ってしまったのですが、医師に…

【癲癇】【腎不全】わたしがこの闘病記を書き始めた理由 ~ろくすけの闘病記(はじめに)~

その日は、愛犬ろくすけの最初のてんかん発作の日でした。 夫の実家へ数日帰省し、戻ってきた日の夜中のこと。 私はいつも2階で寝ているのですが、その日はろくすけに会えた嬉しさで、1階でろくすけと一緒の布団で寝ることにしました。 ● 熟睡していた午前3…

【非再生性免疫介在性貧血】12月10日 貧血の症状に慣れた?チョコラッ ~1年は過ぎたけれど(8/25)~

医師に、チョコラッみたいにゆっくりゆっくり貧血が進む子は慣れちゃって呼吸困難にも陥り難いと言われました。 チョコラッを見てると、呼吸以外にも色々貧血状態に体が慣れてしまっていると思います。 昨年の今頃が今と同じPCV20くらいでした。 昨年は明ら…

【別れの印象は変えられる】今は良い思い出の中にいるんだよ ~別れの後先/飼い主だから出来ること(4/4)~

前3話で書いたことは、愛犬の終末期と看取りまでにできる心の準備です。 ここからは、別れの後でもできる意識の変化を書こうと思います。 皆さんは、死に対して、どのようなイメージを持たれているでしょうか? ほとんどの方は、”怖い”ものと思われているの…

【非再生性免疫介在性貧血】【骨髄抑制】12月8日 チョコラッ貧血、状態悪化( i _ i ) ~1年は過ぎたけれど(7/25)~

昨日チョコラッの血液検査行って来ました。 結果から言って、貧血が一気に進んでいて非常に好ましくない状況です。( i _ i ) PCV30.5→21.5% 3週間で10も落ちることは今までに無かったのであまりにもショックで、動揺隠せずです。 医師が言うには21だと、…

ゆうすけ、ウチに来て幸せだったか? ~あの時、確かに通じたんだ。心と心が~

『ウチに来て幸せだった?』 そんなテーマで執筆を打診されたのは、昨年末のことでした。 我が家の愛犬は、我が家に来て幸せだったのか? 愛犬家なら誰もが一度は考える疑問について、エッセイを書いてみませんかとのこと。 二つ返事で快諾した――、のは良い…

【終末期を前向きに】安心して行っていいからね ~別れの後先/飼い主だから出来ること(3/4)~

筆者は愛犬ピーチーを看取った時、8つの小さな覚悟を、1つ1つ段階を上るように決めて行きました。意識してそうしたわけではありません。 今振り返ると、それはとても良かったように思います。 1つ1つの思いはそれなりに重大なものですが、受け止められ…

【非再生性免疫介在性貧血】11月26日 チョコラッ復活 ~1年は過ぎたけれど(6/25)~

ご心配をおかけしました。 お陰様でチョコラッの体調良くなってきました。 下痢止めやらのクスリが効いているからなのか、 セルセプト(免疫抑制剤)を減量したからなのか分かりませんが、 顔色も良くなって、下痢嘔吐もなくなり、元気に番犬気取りに吠えて…

【脱毛】【カラーダイリューション・アロペシア】レアカラーの先天的疾患 ~原因不明の脱毛と闘う(番外編)~

あれは今から7〜8年程前の話です。 先代犬が去勢したのは、去勢の適齢を外れた4歳くらいのことでした。 私は初めその子がうちに来た時から、一般的なチワワより毛が少ないなぁと思っていました。耳の後ろなどは、殆ど毛が生えていないほどです。 仔犬時代は…

【動物の先端医療】リニアックをご紹介しましょう ~目の前にある、次の医療技術~

現時点の人医療では、以下のようなものが先端といわれるようです。 ・アデノウイルスやレトロウイルスを使ったDNAワクチン ・最近有名になったPD−1抗体などを用いた腫瘍免疫療法 ・放射性同位体を用いたアイソトープ療法 ・原因分子だけをターゲットにした分…

【非再生性免疫介在性貧血】11月24日 チョコラッ副作用で体調崩した? ~1年は過ぎたけれど(5/25)~

チョコラッの病院行ってきました。 症状は下痢・嘔吐・食にガッツキなく遅い・薬残す・元気ない。 病院行ったら、心拍数と呼吸数が速い。 いつもと違う!って先生ビックリした感じで、そのまま裏に連れて行かれ待つこと30分。 ● 血液検査・尿検査・エコー検…

【脱毛】脱毛が改善するまでの道のり ~原因不明の脱毛と闘う(まとめ編)~

文:Rikka 犬によくある、原因不明の脱毛。命に関わるものではないとはいえ、飼い主にとっては深刻ですよね。これまで5回に渡ってその闘病を連載してきましたが、今回はそのまとめをしておきたいと思います。 この脱毛ですが――ネット上では治療法や対処方法に…

【看取りの心は準備次第】覚悟はゆっくり1つずつ ~別れの後先/飼い主だから出来ること(2/4)~

前回は飼い主が、愛犬の老いを意識するようになるまでの過程を書きました。 ここから先は、飼い主さんごとに考え方が違ってきます。 愛犬の老いの先に、避けられない死を明確にイメージした飼い主さんは、別れの準備をはじめることでしょう。その方法は、飼…

【非再生性免疫介在性貧血】11月19日 チョコラッ若干貧血進んでいる、かも? ~1年は過ぎたけれど(4/25)~

一昨日、チョコラッがウロアクト(泌尿器系のサプリメント)を珍しく食べ残し、あれ?と思った。オーグメンチン(抗生剤)は嫌いらしく、度々食べ残すんだけど、ウロアクトはいつもは食べるんだよね。 チョコラッの場合、お薬の食べ残しは貧血の程度を知る重…

【脱毛】【寛解】サプリメントのみでほぼ完治 ~原因不明の脱毛と闘う(5/5)~

ある日突然、愛犬六花に脱毛が起きた話の連載5回目、今回が最終回です。 結論から言うと、現在六花の脱毛は、ほぼ完治という状態まできています。 しかも、獣医さんに頼ることなくです。 実際には、頼れる獣医さんが見つからない中で、飼い主側で創意工夫を…

【ペットロス】念願叶って訪れたのは、オオカミの守る場所 ~ラフの思い出を連れて、三峯神社へ~

新しい年を迎えた。一年のうちでもっとも寒いこの時期、きっとあの場所は、厳しい冬を迎えているだろう。 そこは、私が愛犬ラフを連れて行きたかったところ―― ラフが腎不全とわかって闘病生活になってしまったので、行けず仕舞いになってしまったが、ずっと…

【非再生性免疫介在性貧血】11月9日 チョコラッ病院 ~1年は過ぎたけれど(3/25)~

チョコラッの闘病記撮影&文:らぶプー(本記事は2017年に執筆されたものです) チョコラッの病院に行って来ました。採血と尿検査のためです。 結果のご報告。先日ワンズを連れて行ったバラ園の写真と共にお送りします。

【脱毛】病気に詳しい医師を探す ~原因不明の脱毛と闘う(4/5)~

脱毛を診てもらう病院をどこにすればいい? 随分と迷って選択した病院は、皮膚科の症例をHPに載せていたところでした。 具体的な症例を載せるからには、皮膚について詳しい先生かもしれないと期待したのです。そこで早速、その病院に行ってみることにしまし…

【非再生性免疫介在性貧血】10月24日 気になるチョコラッの尿検査 ~1年は過ぎたけれど(2/25)~

最近気になっていることが・・・。 チョコラッの尿検査、前回ビリルビンが引っかかって再検査になっているのですが。 (桿菌はお陰様でいなくなってました) そのときの尿の色が随分濃かったんです。 いつもプレドニン(免疫抑制剤)の副作用で多飲多尿だか…

【脱毛】皮膚と毛の病気に詳しい医師は、意外に少ない ~原因不明の脱毛と闘う(3/5)~

前回、六花の血統書を調べると、先祖に多くレアカラーの仔がいるとわかりました。 そこで、免疫強化などのサプリを始めたのですが、他にも何か試してみることはないか獣医さんにも相談しようと思いました。 今回はサプリの経過と、利用した電話相談の結果を…

【満足できる別れ】ペットロスは誰にもやってくる ~別れの後先/飼い主だから出来ること(1/4)~

犬を飼うと、いつかやってくるのが愛犬との別れ(死別)。 そして別れとセットになってやってくるのがペットロスです。 ペットロスは誰もが例外なく経験するものですが、それが軽くすむ場合もあれば、社会生活に支障をきたすほど深刻な場合もあります。 ペッ…