犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

保護犬・保護猫

飼育放棄、多頭飼い崩壊など、不幸な状況から保護された犬たちが幸せを掴んでいく記事。 出会えた奇跡に感謝して、今穏やかな時間を過ごす。 どんな子にも幸せになるチャンスがある、幸せを掴む権利があるはずです。 どうか不幸な子がいなくなりますように‬。

【殺処分/ごめんね】さよなら、ロール ~私を犬好きにさせた、思い出の子~

文:Rikka ずっと前から、書いておかなくては、と思っていた文章があります。その文章を、これまでに何度も書いては消して、書いては消すということを繰り返してきました。 それは、私が大の犬好きになったきっかけのワンコのこと。祖父母が飼っていたテリア…

【里親】幸せになるんだよ ~うちの子の生まれかわりは、やってくるのかなあ~

つい先日、ブルテリアの里親募集を目にしました。 この1年で4匹目の募集でした。 ブルテリアは希少犬種のはずなのですが、こんなに里親募集があるものなのですねえ。 理由は色々とあるようで、全部が全部、無責任な飼い主の飼育放棄ではないようです。 先日…

いつも川の字の真ん中にいたんだよ ~お盆に起きた奇跡:土佐犬リンちゃんとの再会(2/3)~

文:樫村 慧 前話の続きです。 突然大きな花束を持って訪問して下さった、リンちゃんの飼い主さんご夫妻。お線香を上げていただいた後で、ラフと主人の遺影を眺めながら、訪問の経緯について話をして下さった。

突然のインターフォン ~お盆に起きた奇跡:土佐犬リンちゃんとの再会(1/3)~

文:樫村 慧 今年の夏は暑かった。かなりしんどい夏だった。 そんな酷暑の中、暑さも吹き飛ぶようなことが起きた。「こんなこと、あるんだなぁ…」そう呟いてしまうような奇跡があった。

【保護犬/繁殖犬】名前のない犬 ~7歳の視点:栞音を迎えて考えたこと~

作:栞音のお兄ちゃん 添える言葉:栞音ママ はじめに 7歳の息子が、夏休みの自由研究で、我が家の愛犬、栞音(しおん)の絵本を描きました。栞音は元繁殖犬です。 この絵本は、子供なりの視点から見た保護犬(繁殖犬)の姿です。お読みいただいた後で、ぜひ…

【ペットロスを乗り越えて】あの子とは全然違う ~はながうちにくるまで~【突然始まった犬との暮らし】

先代犬のはなこが死んだあと、私は酷いものだった。 眠れず、ご飯も食べず、泣いてばかりだった。 あれは忘れもしない2015年4月12日。その日は、DDTのプロレスがあった。 私は元気をもらおうと、それを観に行った。 そして―― 終わって家に帰ったら、子犬がい…

白いソックスを履いたリンちゃん ~シワシワ顔の怒りん坊~【保護した土佐犬/大型犬の苦労】

文:樫村 慧 3年前のある日のことだ。5月のまだ日も昇らない薄暗い時間に、私は愛犬のゴールデンレトリバー、ラフを連れてお散歩に出た。その日、私にはちょっとした予感があった。 しばらく歩いて目を凝らすと、まっすぐに伸びた一本道の先にぼんやりと、…

【ハンデなんて関係ない】あんたは旅をしてきた子だからね ~旅人がうちにくるまで・後編~【幸せにしてあげたい】

夫婦はその犬を、旅人(たびと)と名付けた。 もう旅をしなくて良いと、思いを込めて。 犬というのは逞しい生き物だ。体がどこかおかしくても、ちゃんと適応して生きてくれる。 楽しそうな笑顔だ。屈託のない笑顔だ。 飼い主と共に、生を楽しむ、溢れ出すよ…

【保健所での出会い】あたしたちを見て吠えたんだ ~旅人がうちにくるまで・前編~【ハンデのある犬】

片目を失った犬を、保険所から引き取ることにした夫婦。 犬との出会いはいろいろとあって、迎える時の葛藤も様々ですね。 犬にハンデがある場合は、特にその葛藤は大きいはず。 普通ならば―― それをものともしない、優しい心を持った飼い主と、犬とのお話で…

カテゴリーの一覧です

カテゴリーを定義するためのページです。

© 2017 Peachy All rights reserved.