犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

奥村 來未

【まとめ】311、震災の日に思う事 ~愛犬を連れての避難、考えてみよう~

震災の日、ペットとの避難 Reviewカテゴリー:エッセイ、コラム作者:奥村 來未 (末話の1記事のみ 高栖匡躬 )2011年3月11日、午後2時46分東日本大震災発生マグニチュード9.0未曽有の大震災の現場にいた作者。発生直後のこと、避難所での出来事を記した手…

【まとめ】私たちは犬に育てられている ~老犬への思い、家族への思い~

私たちは犬に育てられている Reviewカテゴリー:エッセイ、コラム作者:奥村 來未作者が子供の頃に飼い始めた子犬。弟のように思っていたのに、その子はいつの間にか老犬に――老犬Mackとの暮らしは、家族に色々なものを運んできます。楽しい事だけではありま…

【まとめ】Mackの闘病記:一緒に艱難を乗り越えてきたよ ~膿皮症、前庭疾患、急性膵炎、死後の変化~

Mackの闘病記:膿皮症、前提疾患、急性膵炎、死後の変化 Reviewカテゴリー:エッセイ、コラム作者:奥村 來未本作は奥村來未さんによる、愛犬Mackの闘病記です。子犬で迎えた時には、犬が歳をとることなどなかなか想像がつきません。しかし平均年齢15年の犬…

【まとめ】老犬が私たちに運ぶ幸せ ~老犬への思い、家族への思い~

老犬への思い、家族への思い Reviewカテゴリー:エッセイ、コラム作者:奥村 來未老犬の可愛さは、一緒に暮らした者にしかわからないかもしれません。その可愛さを感じるのには、ある種の気付きがいるからです。老犬と楽しく暮らすことは、犬の一生を味わい…

Mackの闘病記(Complete)

突如発症した皮膚病 ~侮れない、恐ろしい病気~ 犬に多い皮膚病のひとつ。 病名を検索してみると、 『それ自体が、犬を死に至らせるものではない』 ――とされているのだが、とても軽視できるものではない。 重度に発展すると、とんでもないことに。 今回はそ…

【ペットの死に備える】死後の変化について ~いつかのときの、心の準備のために~【体験談】

今日の記事は、なかなか語られなかった事―― 亡くなった愛犬の、遺体の変化について 看取りの後は、”送り”の時。 本当は忘れたい―― けれど誰かのために書き残そう。心の準備のために。 そんな気持ちで書かれた記事。 わが家のことを言うと―― 体温を失った愛犬…

【被災したペット】一夜が明けて、そしてその後 ~東日本大震災・あの日私たち家族は(後編)~

一夜が明けた避難所 情報から孤立し、不安に包まれる作者と家族。しかし―― 「冷やっこい手ぇ。風邪ひくぞ」 そんな厳しい状況の中でも、作者は人の暖かみに触れます。 自分はこんな時、大切なものを守れるか? 人に優しくできるか? そんな事を考えさせられ…

【避難所でのペット】未曽有の大震災、発生当日のこと ~東日本大震災・あの日私たち家族は(前編)~ 

未曽有の大震災が東北地方を襲ったのは、7年前の今日でした。 初めは何が起きたか分からず―― やがて中継が始まりました。 津波に映像に衝撃を受けたことを思い出します。 そして原発事故。 江戸川区に住む友人は、個人的に2台のガイガーカウンターを所有し…

【膿皮症】突然発症した酷い症例 ~重症化した愛犬、侮れない病気~【体験談|闘病記|ブログ】

突如発症した皮膚病 ~侮れない、恐ろしい病気~ 犬に多い皮膚病のひとつ。 病名を検索してみると、 『それ自体が、犬を死に至らせるものではない』 ――とされているのだが、とても軽視できるものではない。 重度に発展すると、とんでもないことに。 今回はそ…

【老犬の介護】オススメはポジティブ思考 ~皆さん牛になっていませんか?~【私はこんな風に】

介護で飼い主は、ネガティブになりがちですね。 愛犬に出来ないことが増える度に、落ち込んだりして―― でも、出来る事を喜ぶことだってできるんですよ。 うちは、トイレが今でも思い出。 上手くできると愛犬は「どうだ!」って顔して、こっちも大喜びしてや…

【急性膵炎|症例と闘病記】頑張ったんだよ、Mack。「お帰り」って一言を伝えたかったから

急性膵炎にかかる犬猫は、意外に多いように想います。 人間だと、激痛にのたうちまわるはずなのに、犬はそれをじっと我慢する。 だから、気付きにくいのです。 適切に処理しても、助からないことが多い怖い病気。 だから、早く気が付いてあげたいですね。

【前庭疾患】愛犬を襲った憎らしい病魔 ~間違えちゃだめ。憎いのはこの子じゃない~【症例と闘病記】

前庭疾患は、様々な原因で平衡感覚をつかさどる前庭(三半規管の根っ子の部分)が侵されたことにより、平衡感覚を失ってしまう病気です。 軽度な場合は自然に治る、または体が慣れて不都合を感じなくなりますが、重度な場合は歩行困難にまで発展してしまいま…

【介護だって一緒に楽しめる】寝相アートに込めた私の想い! ~いつだって気持ちは、あの頃のまま~

愛犬の介護を、したことはありますか? 愛犬はいつも飼い主を信じて、じっと見つめています。 見えない絆に気付く時です。 どんな状況になっても、楽しみも喜びもあります。 楽しめるか? 喜べるか? それだけのこと。 病気になった愛犬を愛せるか? たった…

老犬ってね、可愛さの宝石箱みたいだなって思うんです ~歳をとったらからこそ滲み出るもの~

老犬の可愛さを感じるには、ある種の気付きがいるように思います。 それまで出来たことが、ある日急にできなくなる。 階段を下りるように―― しかし、それを心配し、嘆くのは飼い主だけ。 犬は全てを受け入れて、前向きに生きる。 ありのままで良い、一緒に生…

【老犬介護|夜泣き】大切なことだから、つらいなんて思いたくない! ~介護って、きっと自分の気持ちしだい~

老犬の介護って、きっと自分の気持ちしだい 撮影&文|奥村來未 (本記事は2017年9月に執筆されたものです) 今月で1年になった、我が家の愛犬Mackの介護。最近、わたし自身の心境が大きく変わってきているなと感じます。今回は、Mackの介護が始まった経緯…

真っ直ぐな思いって、きっと人の心まで変えてしまうんだよ 〜犬が私たちに教えてくれる〜

犬はから教えられることはとても多いですね。 忍耐とともに、命の大切さにも気付かされます。 特に愛犬が病気になったときには、それを強く感じます。 この子は、飼い主しか頼るものがいないだと実感するのです。 愛犬は命を賭けて、飼い主に”何か”を伝えま…

【飼い主の成長】人は犬に育てられている。私はそんな風に思う。 ~娘の成長と共に歳をとっていく愛犬~

人は犬猫から、色々な事を教えられます。 その中でも、一番大きなものは ”忍耐” ではないでしょうか? 口のきけない犬猫にしつけをする。 病気をすればどこが悪いか、察するしかない。 それを何年も続けて、信頼関係が築かれていく。 そしていつの日か、飼い…

これもペットロスなのかな? ~はやく戻っておいで、Mack !~【一人一人が違う悲しみを抱く】

愛犬、愛猫を亡くすと、誰しも経験するのペットロス。 度合いはそれぞれで、掛けた愛情の大きさに比例するものでもありません。 ただ、少しばかり、人生感は影響しているようにも思います。 無常を受け入れる心――、とでもいうのでしょうか? うちでは幸いに…

【看取り/送り】私の自慢の弟でした ~いつでも戻っておいでよ、Mack~【経験して思うこと】

自慢したくなる別れ 犬猫たちは、常に生きる事に一生懸命ですね。 闘病の際、ゆらゆら揺れ動く飼い主の心とは裏腹に、彼らはいつも前向きです。 だから我々は、彼らとの別れの時、 悲しみと同時に、別の感覚を覚えるのかもしれません。 きっとそれは――、やり…

悲しくて怖いのは、本当は愛犬の方なんじゃないかな? ~老犬の介護を通して感じる事~

犬が元気一杯の時期から老犬で寝たきりになるまでは、平均寿命で考えると、僅か14年程しかありません。 急に衰えた自分に、犬は困惑します。 楽々飛び越えた段差につまづくようになり、大好きなソファーに飛び乗れなくなり。 自信を無くした顔を、今も忘れま…

Mackは、うちに来て良かった? ~飼い主ならば誰もが思うこと~【愛犬は幸せか?】

この子は、うちに来て幸せだったんだろうか? 飼い主ならば、絶対に一度は考える事ですね。 時には、 うちに来てさえいなければ―― うちでなかったら、こんな事にはならなかったかも―― なんて、思いつめたりして。 飼い主はいつも思い続ける。 でも幸せなんだ…

老いに困惑しているあなたへ ~わたしが経験したこと、感じたこと~【老犬に思うこと】

老犬の可愛さを知っていますか? 子犬のように可愛い、老犬の可愛さを―― それに気が付くかどうかで、愛犬との関わりは変わります。 介護は苦しいの? それとも楽しいの? 可愛い老犬の介護は、可愛い子犬のお世話ととても似ています。 みんな気が付いたらい…

© 2017 Peachy All rights reserved.