犬を飼うということ

いつまでも君と……

コラム

犬に関するコラムです。

【ニキビダニ】痒くはないけど、知らずに進むのも困る ~ダニはイヤイヤ~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日、取り上げるのはニキビダニ。 ダニといえば、想像するのはカイカイですね。ヒゼンダニの寄生で起きる疥癬は、スーパー・カイカイ!でも今日のニキビダニは、そうではないみたい。カイカイも困るけど、気付かない…

【ステロイド】【減薬】ピーチーの減薬経過と、免疫抑制剤 ~知っていれば怖がらなくて良い(3/3)~

撮影&文:高栖匡躬 前回はステロイド剤の減薬については、唯一の答えは無いということを書きました。 答えが無い以上は、飼い主が試行錯誤して、自分なりの答えを見つけていくしかないわけです。しかしそれを、全くゼロの状態から行う必要はありません。少…

車椅子犬からのお願い ~どうか皆さん、気を使ってあげて~

撮影&文:らぶプー 皆さんは、車椅子を使っている犬を見たことはありますか?この記事は、車椅子犬からのお願いです。 わが家のチョコラッは、車椅子犬です。別々の理由で、2度車椅子犬になりました。 1度めは椎間板ヘルニアで歩けなくなった時。――この時に…

【ステロイド】【減薬】実は獣医師だって、そんなに詳しくない ~知っていれば怖がらなくて良い(2/3)~

撮影&文:高栖匡躬 前回は、筆者の愛犬ピーチーを例にとって、ステロイド剤を処方する事になった経緯と、処方によって発現した副作用について書きました。 今回からは、本題である減薬について触れて行きます。ステロイド剤は効き目は明らかなのですが、処…

【肛門腺の炎症】肛門腺絞りは定期的にやってあげてください ~溜まりにくい子もいます~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日は肛門腺の炎症のお話。肛門腺に溜まる分泌物を、定期的に絞り出してあげないと、炎症になることもあるんですよ。え? ハナちゃんはやってもらってるのかって?失礼ね、そんなこと、女の子に聞くもんじゃないわ!…

【ステロイド】【減薬】ありふれた薬なのに、情報が極端に少ない ~知っていれば怖がらなくて良い(1/3)~

撮影&文:高栖匡躬 今日から3回に渡って、ステロイド剤とその減薬について書こうと思います。筆者の愛犬ピーチーの、経験に基づいたものです。 ステロイドとその減薬は、探しても資料がなかなか見当たりませんね。以前に筆者が書いたブログ記事は、今も読ん…

【エリザベスカラー】【避妊手術】すでに体の一部? エリザベスカラーが外れる日 ~コポーの避妊手術(5/5)~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 最初はすごく嫌だったのに、最近はすっかりなじんだエリザベスカラー。でも、そのカラーが、とうとう外れる日が来ました。 さて、コポーはどんな反応をするのかな? 撮影&文:ハナちゃんママ エリザベスカラー生活に…

【エリザベスカラー】【避妊手術】首の周りが、どんどん大きくなるよ ~コポーの避妊手術(4/5)~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 エリザベスカラーは、付けた時には違和感なんだけれど、そのうちに何とかなっちゃうの。慣れってすごいんだなあ―と、何度もエリザベスカラーを付けたわたしが言うんだから、本当です。 人間もエリザベスカラーを使った…

【エリザベスカラー】【避妊手術】元気なのはいいけど、傷口を舐めちゃダメ ~コポーの避妊手術(3/5)~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 コポーはエリザベスカラーが嫌いみたいだけど、慣れてきたのかな?体を無理やり折り曲げて、傷口を舐めようとします。そんなに曲げたら、グキッっていっちゃうんじゃないかな? 心配。「えっ?」それってハナちゃんが…

【エリザベスカラー】【避妊手術】1日経ったらすっかり元気 ~コポーの避妊手術(2/5)~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 妹のコポーは、昨日とはうってかわって、すっかり元気です。でも、ママは元気すぎるのも困るみたい。傷口が心配なんだって。 撮影&文:ハナちゃんママ (この記事は2017年1月に執筆されたものです) 昨夜は、ぐったり…

【エリザベスカラー】【避妊手術】生後半年を過ぎて、そろそろその時期に ~コポーの避妊手術(1/5)~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 これから5回続けて、わたしの妹コポーの避妊手術について、取り上げます。 うちはママが獣医さんっていう、ちょっと普通と違う環境。だから、わたしもコポーもきっと、他のワンちゃん猫ちゃんとは、違う経験をしている…

もしも痴漢で逮捕されてしまったら ~犬猫の飼い主さん必見、それは知られざる事実~

作:ラファエル・マンテッソ モデル:ジミー・チュウ 最近、痴漢のニュースが多いですね。実際にやった人もいるでしょうが、冤罪(えんざい)も多いのだとか。 もしも外出中に、逮捕されてしまったら――しかも、一人暮らしで、家には犬や猫を飼っていたとした…

【会陰ヘルニア】【前立腺肥大】高齢の雄犬は要注意です ~前立腺肥大から会陰ヘルニアに発展しますよ~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日は会陰ヘルニアのお話。前立腺肥大からこの病気に進行してしまいます。前立腺は男の子だけにあるもの。ハナは女の子だから、この病気にはなりません。 撮影&文:ハナちゃんママ うんちが出にくい・便が細い・オシ…

【安楽死】飼い主それぞれが考えたこと ~難しいからこそ考えてみたい(2/2)~

文:高栖匡躬 前回は記事を読まれた方が、自分なりに安楽死を考える時のガイドになるように、筆者の考えをまとめて見ました。 今回の記事は、以前に安楽死をテーマにした記事を書いた際に、読者の方々からいただいたコメントをまとめてみました。また、昨日…

【安楽死】皆さんはどう思いますか? ~難しいからこそ考えてみたい(1/2)~

文:高栖匡躬 安楽死について、皆さんはどう思いますか?或いは、安楽死について考えたことがありますか? とても繊細な話であり、賛否両論あるテーマですね。敬遠されがちな話なので、なかなか正面から扱う記事も少ないように思います。だから、敢えて……今…

【自己免疫不全】 「お歳です」の言葉ってどうなんだろう? ~その実例と検証(3/3)~

撮影&文:高栖匡躬 今回も自己免疫不全のお話し。3話連続の最終回です。ピーチーの病気に関して、掛かり付けの主治医と、サードオピニオンをもらっていた別の獣医さんとの会話を中心にまとめます。

【自己免疫不全】 自己免疫不全の診断について ~その実例と検証(2/3)~

撮影&文:高栖匡躬 自己免疫不全に関する前回の記事の続きです。今回はピーチーを例にとって、自己免疫不全は実は多くの犬たちが、既に罹患および、発症している可能性があることと、その診断方法について書こうと思います。

【自己免疫不全】 実は既に、身近で起きていることかも ~その実例と検証(1/3) ~

撮影&文:高栖匡躬 犬の病気というものは、愛犬がそれに罹って初めて、本当の姿を知りますね。それまでは、知識として知っていても、どうにも実感が湧かないのです。でもそれも当然の話ですね。自分が医者や研究者でも無い限り、自分に直接関係の無い病気に…

寂しさは上手くつきあえるもの。多分、思ったほど悪くはないもの。~悩みの話、再考察(2/2)~

文:高栖匡躬 人って、何か大きな悲しみに直面すると、その意味を探したくなりますよね。そこには意味などないことが、ほとんどなのかもしれません。 しかし、”意味を探そうとする”ことには、”意義”があるように思います。きっとそれは、悲しみを希望に変え…

悩みの正体って、一体何でしょう? ~悩みの話、再考察(1/2)~

文:高栖匡躬 今回は”悩み”について考えてみたいと思います。我々は何か解決が難しい出来事に直面すると、”悩み”と一口に表現してしまいがちに思います。もちろん、筆者もその一人です。 改めて考えてみると、”悩み”と括った思いの中には、”悲しみ”とか、”戸…

311、震災の日に思う事 まとめ読み(Complete)を公開しました。

本まとめ読みは、1018年3月11日に公開した、奥村來未さんの手記をベースにして構成したものです。 Reviewカテゴリー:エッセイ、コラム作者:奥村 來未 (末話の1記事のみ 高栖匡躬 )2011年3月11日、午後2時46分東日本大震災発生マグニチュード9.0未曽有の…

死後の変化について ~いつかのときの、心の準備のために~

撮影&文:奥村來未 2017年10月20日に、私は愛犬Mackを18歳で亡くしました。 その時に初めて経験した肉体の変化。死後硬直しか知らなかった私は驚くことばかりで、そしてどう変化するのか全く知識のなかった私は心の準備なく目の前で変化していく愛犬を見な…

【ダニ寄生】この時期、マダニには要注意です ~人にも感染する、人獣共通伝染病の恐れも~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日はマダニのお話。マダニはダニと言っても大きいんです。色んな病気を発生させますから注意して下さいね。 撮影&文:ハナちゃんママ 肌寒い日があったり、初夏のような暑い日があったりと気温の差が大きい時期は、…

選択こそが、飼い主の闘病だと思う ~闘病/視点を変えて見えるもの(その5)~

文:高栖匡躬 愛犬の闘病では、飼い主は何度も選択を迫られます。犬が口をきけない以上、飼い主が愛犬に代って選択をし、経過を追い、検査の結果を待つしかありません。 そして――検査の結果が出ると、次の選択が待っています。 こと犬の(最後の)闘病に絞れ…

【ストルバイト結晶】はっきり示そう、我が家の方針 ~うちでは療法食じゃなくて、手作り食で対応中~

撮影&文:てんルナお母さん 今日は、うちの愛犬ルナの疾患について書こうと思います。疾患名はストルバイト結晶。聞きなれない言葉ですよね。 これから病気の話を書きますが、言いたいことは病気のことではなくて、どうやってそれと向き合うかと言うお話で…

【凍結手術】【腫瘤】低温のガスで、腫瘤を壊死させる治療法 ~老齢犬の治療に向いています~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日は凍結手術のお話。低温のガスを使って、体に出来た腫瘤(しゅりゅう)を壊死させて、取ってしまうんです。 撮影&文:ハナちゃんママ 今日は、凍結療法ペンを使った凍結手術の話です。小さなイボや腫瘤を治療する…

やばい、もう吸っちゃったよ。と思われている方へ ~禁煙のススメ(後編:リカバー編)~

文:高栖匡躬 これまで2回連載した、犬の受動喫煙の記事に関しては、予想以上に反響をただいて驚きました。皆さん、気になさっていたんですね。 そんな中で、ちょっと気になる質問を受けました。既に喫煙をしていて、これから禁煙をしたとして、ご自分の愛犬…

数字から見た、犬の受動喫煙のリスクと考察 ~禁煙のススメ(中編:データ編)~

文:高栖匡躬 さて、前回に続いて犬の受動喫煙の話。今回はデータ編です。 前回のおさらいを少しすると、犬の方が人間に較べて、受動喫煙の害が大きいとするのは、煙草の煙は空気に較べて比重が大きいために、低いところ(つまり床に近いところ)を漂うこと…

犬と煙草、どちらがお好き? どうやら両方は選べないらしい ~禁煙のススメ(前編)~

文:高栖匡躬 今日は、犬の受動喫煙のお話をします。まずは、煙草とは無関係な、ちょっとした昔話から始まります。春の選抜高校野球を見て、不意に思い出してしまいました。 少し前のことです。故郷に住む幼馴染が電話を掛けてきました。「よう元気か?」電…

【犬版:増強】闘病時の情報収集、検索方法を考えてみよう ~コツを知る知らないで効率が違います~

文:高栖匡躬 本記事は姉妹サイトのWithcatで反響のあった記事(闘病時の情報収集仕方とそのコツについて書いたもの)をベースにしたものです。ご質問をいただいたことへの回答を中心に加筆をした上で、【犬版】としてWithdogにも公開したいと思います。 ● …